食べ物

サンマの内蔵を残す理由と有害の噂をチェック!食べると美味しい?

投稿日:

サンマ 内臓

サンマが美味しい時期になっていますが、食べている人はどれくらいいるでしょうか?

焼き魚や刺身などで食べる人が多いと思いますが、中には、

『内臓を食べている』

という人も、良く聞きます。

 

苦みが多い部位ですが、

『おつまみ』

として食べる分には、かなり人気がある部位でもあります。

 

ですが、中には、

『有害だから食べない』

という人も、一定数存在している現状もあります。

 

そこで、今回は、

『サンマの内臓は有害なのか』

について、紹介していきます。

サンマが好きな人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

サンマの内臓を残す人がいる理由は、害があるから?

サンマは、脂がのって美味しい魚として、

  • 焼き魚
  • 刺身

などにして、よく食べられています。

 

秋の味覚としても有名で、

『秋にサンマが食べられることを楽しみにしている』

人も多いでしょう。

 

ですが、サンマを食べる上で意見が分かれることに、

内臓を食べるかどうか

ということがあります。

魚の内臓は、種類によっては、

『食べることが禁止されている』

ものがあることは、よく聞く話です。

 

また、内臓は体に害を及ぼす原因となることもあるため、

『調理には慎重になる必要がある』

と言えるでしょう。

サンマの内臓には、寄生虫が潜んでいることもある

魚の内臓には、人の体に寄生する、

『寄生虫』

というものが存在しています。

 

寄生虫が体に入ると、体内で活動し、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐

などの原因になってしまいます。

もちろん、サンマも例外ではありません。

 

無害な寄生虫もいますが、中には、

アニサキス

といった、有害な寄生虫も住んでいることがあり、安全性があるわけではありません。

また、寄生虫が、

身にも含まれていることがある

ため、内臓だけを注意すれば良いわけでもないのです。

 

ちなみに、お店で販売されているサンマは、

  • 加熱処理
  • 冷凍処理

などがされているため、比較的安全に食べることができます。

この処理を、自宅でも出来れば、比較的安全にサンマを食べることが出来るでしょう。

 

処理の目安は、

  • 加熱なら、60度以上
  • 冷凍なら、24時間以上

となっているので、参考にしてみてください。

サンマの内臓は傷みやすい

魚の内臓は、比較的、

『傷みやすい臓器』

とされているため、正しい知識がなければ食べない方が良いです。

 

特に、

脂が多く乗っているサンマ

は、注意が必要になります。

脂が多い魚というのは、

『傷みやすい』

ものが多いです。

 

魚が傷むと、それだけ体に悪影響を与えやすくなるため、

『新鮮な状態で食べるほうが良い』

と言われており、これは他の食材にも言えることでしょう。

とくに、内臓は、

かなり痛みやすい部位

なので、内臓を残すこともやむを得ないと言えますね。

サンマの内臓は美味しいが、慣れないと苦い

サンマの内臓が残されている理由として、寄生虫や傷みやすい以外にも、

『単純に苦いから食べない』

という人もいます。

 

確かに、サンマに限らず、

『魚の内臓は苦い』

ことが多いです。

その為、味に慣れることができず、食べられない人がいるということですね。

 

中には、

「サンマは内臓まで食べてこそ、美味しい」

と言っている人もいるので、一概に内臓の味について言及は出来ないでしょう。

 

内臓に関しては、本当に好みが分かれることが多いので、苦手な人は、

『無理をして食べる必要がない』

と言えます。

それだけ、リスクを軽減することにも繋がりますからね。

 

サンマの調理をするときは、知識を蓄えておく

サンマ 内臓 知識 経験

サンマは、先程紹介したように、

『脂が多くのっている魚』

となります。

 

今回は、内臓に関して紹介していますが、脂がのっている魚は、

『新鮮な時間が短い』

という特徴が多く見られるのです。

 

とくに、サンマの内臓に寄生していることがある、アニサキスは、

鮮度が落ちると、身に移動する

という習性があると言われています。

そうなれば、いくら内臓を食べなくても意味がありません。

 

そして、サンマの鮮度を正しく判断するためには、

  • 経験
  • 知識

の両方が必要になってくるでしょう。

 

その為、あまり魚をさばいた経験がない人が、

『適当にサンマを選んでしまう』

と、それだけ寄生虫や有害物質の被害に遭いやすくなってしまうのです。

最初は、慣れている人に聞くことが大事

昔から、

『餅は餅屋に』

と言われていることからも、専門家に話を聞くことは、かなり重要になってきます。

 

魚屋さんは、様々な魚を知り尽くしており、

魚に触れる機会がとても多い

人たちです。

 

近所に魚屋さんがある人は、最初に、

  • サンマの見分け方
  • 鮮度の確認方法
  • 食べ方

など、サンマに関する知識を、買い物がてらに教えてもらうと良いでしょう。

 

自分で勉強することもできますが、普段から魚に接している人は、

『専門書にない知識』

を持っていることも多いです。

安全に、美味しく、魚を食べたい人は、

『専門家に聞く』

ことをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『サンマの内臓は、正しく食べれば有害ではない』

ということが言えるでしょう。

 

寄生虫に関しては、

  • 加熱処理
  • 冷凍処理

など、少し気を付けるだけで、かなりの予防ができます。

 

有害物質に関しても、

『鮮度を見極める』

ことで、新鮮なサンマを選ぶことが出来るでしょう。

 

これは、どんなことにも言えますが、物事を正しく理解するためには、

『知識と経験』

の2つを得る必要があります。

知識はあっても、実践できなければ何の意味もありません。

 

自分の行動次第で、サンマの内臓であっても、

『美味しく、安全に食べることができる』

ので、自己研鑽を続けていってくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.