お金 時事

中国の独身の日とは?その意味や由来とアリババがセールする理由をチェック

投稿日:

中国 独身の日

今、ニュースでは、

『中国の爆買い』

が話題になっています。

 

その要因となっているのは、中国ではお馴染みの、

『独身の日』

が関係しているのです。

毎年、この日から催される、

『アリババの大セール』

で、凄まじいほどの売り上げをたたき出しているのです。

 

そこで、今回は、

  • 独身の日とはどんなものか
  • 独身の日に、アリババがセールをする理由

について、紹介していきます。

話題のセールに興味がある人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

中国の『独身の日』の意味や由来

まず、中国で毎年言われれている、

『独身の日』

というものが何なのか、紹介していきます。

 

独身の日というのは、本来、

『光棍節(こうこんせつ)』

と呼ばれるもので、中国の学生が始めたものです。

 

その為、国の正式な記念日などではなく、

あくまでも個人的に行われる行事

として、定着していました。

 

光棍とは、

『独身者』

という意味があり、独身の日は、独身者が集まりパーティーなどをしていることが多い日でした。

婚活のようなものでもあり、独身者にはチャンスの日と言えるものだったのです。

 

『独身の日』に目を付けたのが、大手通販サイト

そんな、独身の日に目を付けたのが、

『アリババ』

を始めとする、大手通販サイトというわけです。

 

独身者向けに、セールを行い、中国の爆買いを利用した結果、

『予想以上の売り上げ』

が出たため、2009年から現在まで、毎年行われるようになりました。

 

その売り上げは、凄まじいもので、2018年の売り上げは、

3兆4900億円

となり、過去最高を記録しています。

 

この売上額は、日本の楽天が1年間に出す売上額とより多く、

『独身の日が、どれだけ魅力的なのか』

を、世界中に知らしめているのです。

 

日本企業も、『独身の日セール』に参加している

独身の日では、中国の企業が主に売り上げを伸ばしていますが、

『日本の企業』

も、この波に乗ろうとしています。

 

2017年には、日本の大手ブランドメーカーである、

『ユニクロ』

が、第6位の売り上げを記録しています。

他にも多数の企業が参加しており、少しでも独身の日にあやかろうとする動きが見られます。

 

また、直接的に参加はしていなくても、日本国内で、

『独身の日に合わせたセール』

を行う企業もいます。

 

有名な企業として、

『イオングループ』

があります。

 

通販サイトにおいて、独身の日に合わせたセールを行っており、独身の日に合わせて、

『1にちなんだ価格での販売』

を行っているようです。

日本の企業にとっても、中国の独身の日セールは、

商売チャンス

として映っているようですね。

 

売り上げが上がる一方で、懸念材料もある

独身の日に、セールを行うことによる売り上げは、

『とてつもない魅力を秘めている』

ものとなります。

ですが、良いことばかりでもないのが現実のようです。

 

独身の日が、

11月11日

となっていて、この前後の月には、売り上げが確かに伸びています。

 

ですが、それ以外の月、特に、

『独身の日より前の月では、売り上げが大幅に下がる傾向』

となっているのです。

 

その理由としては、

『独身の日に備えた買い抑え』

が考えられていて、誰もが独身の日まで、買い物をほとんどしなくなるのです。

独身の日における割引率は、5割を超えること

もあるので、当然と言えば当然の結果ですね。

 

売り上げが伸びるのは良いことですが、

年間売上に影響が出る

ことになれば、他の商売が滞ってしまうことになるため、手放しで喜んでもいられないでしょう。

特に、中国国内では、

『売り上げ格差を埋める対策』

を考えていかなければならないかもしれませんね。

 

元々の意味とはかけ離れてしまった『独身の日』

独身の日 意味が違っている

今でこそ、独身の日と聞けば、

『世界最大規模のビッグセール』

と認識している人が多くなってきました。

 

ですが、最初に紹介したように、独身の日とは、

『独身者が集まってパーティーをしたり、婚活をしたりする日』

だったのです。

 

独身者が増えつつある、中国の現状から見れば、

『アリババのビッグセール』

も、ある意味、独身貴族の集いになるのかもしれません。

それだけ魅力的な行事だというのも、各企業の動きを見れば、よく分かります。

 

実際に、中国人に独身の日がどんな日か聞いてみても、ほとんどが、

  • セールの日
  • バーゲンの日

と答えています。

 

以前は、婚活パーティーなどが行われていたことも、今ではすでに、

『遥か昔の出来事』

になってしまいました。

 

それだけ、中国での、

『消費と経済の活発化』

が凄まじいということなのでしょう。

ある意味、これからも見逃せない行事となっていきそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『現在では、独身の日が意味するところが根本的に変わっている』

ということが言えるでしょう。

 

中国での爆買いは、昔から注目されていることでしたが、

『婚活行事を、セールの日にすり替える』

ことは、誰も予想していなかったでしょう。

それだけ、中国の勢いが強いとも言えますね。

 

独身の日では、日本の商品は、

『なかなか需要が高い』

ものとなっているため、今後、日本の企業も参入が増えていくでしょう。

 

日本が不景気な現状では、国内での売り上げが期待できない以上、

『独身の日のようなビッグイベント』

が、今後の日本経済を支える、基盤になるのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.