イベント スポット

沖縄の旧正月に欠かせない伝統行事やイベントと料理をチェック!

投稿日:

日本では一般的に、新暦のカレンダー通り、1月1日を元旦として新年を祝います。

しかし、中国やアジア諸国では新暦の正月ではなく、今でも旧暦の正月を祝う習慣があります。

 

特に中国では、

『春節』

と呼ばれ、旧正月を盛大に祝っていますね。

 

旧正月では、新暦の2月中旬から下旬頃に新年を迎えます。

日本国内では、沖縄が旧正月を祝う習慣が残っている地域です。

しかし、新暦の正月を祝う本土では、沖縄での旧正月迎え方など、よく知られていないようです。

 

今回の記事では、あまり馴染みのない

『沖縄の旧正月の伝統行事やイベント、旧正月を迎える為の料理』

について紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

沖縄の旧正月について

沖縄の旧正月・糸満市

沖縄の旧正月・糸満市

沖縄では、アメリカの統治から日本本土に返還される際に、新暦を採用する通達が出されました。

 

現在の沖縄では新暦の正月を祝う事が一般的になっていますが、地域によっては

  • 旧正月を祝う場合
  • 新暦と旧暦で2回正月を祝う場合

もあります。

 

旧正月を盛大に祝う地域としては

  • 糸満市などの漁港
  • 農村地域

などがあります。

 

『大漁祈願』

『五穀豊穣』

の祈願がされて、今も大切にその風習が守られています。

 

また、新暦の正月と違い、旧正月は休暇の時期にはならないので、通常通りの生活をしながら新年を迎えます。

旧正月を祝う各家庭では、

家族の健康と繁栄を祈り、ささやかに新年を迎えるのです。

 

沖縄の旧正月・伝統行事とは

旧暦ではひと月を30日と数え、一年が12ヶ月と13ヶ月ある年に分かれています。

 

その為に、旧正月は新暦にあてはめると

2019年では2月5日

2020年では1月25日

という風に、毎年違う日になっています。

 

旧正月を祝う風習のある沖縄では、この日を旧正月の元旦に新年を祝うのです。

旧正月

旧正月には

『若水汲み』

という伝統行事が行われています。

『若水汲み』は、旧暦の元旦の早朝に、家の男子が近くの井戸や川で

『若水』

と呼ばれる水を汲んできます。

 

『若水』は旧正月を迎えて最初の水で、神聖な水とされているのです。

この『若水』は

ヒヌカン(火の神様)

床の間

仏壇

にお供えされます。

メモ

お供えの際には

  • ヒヌカン、床の間…水のまま
  • 仏壇…お茶にする

という決まりがあります。

 

その後、この『若水』を家族の額につける、

『ウビナディー(お水撫で)』

をして、一年間の健康を祈ります。

 

旧暦1月16日・十六日祭(ジュールクニチ―)

沖縄では、旧暦の1月14日~15日までは

『生きている人の正月』

とされ、それまでは、お墓詣りはしてはいけないとされています。

そして、旧暦の1月16日になると、ようやく先祖の墓参りが許されます。

 

この日には

『あの世の正月』

と呼ばれている

『十六日祭』

を行い、盛大に先祖供養をするのです。

 

先祖の墓に一族で参拝し

酒や肴を供える

ウチカビ(あの世のお金)を燃やす

歌や三線で祖先の霊を慰める

などで先祖の霊を供養します。

 

お墓の前に親族が集まって、歌や楽器を演奏する墓参りは、沖縄独特の供養の形ですね。

沖縄の旧正月・イベントについて

沖縄の旧正月・闘牛大会

沖縄の旧正月・闘牛大会

沖縄では、旧正月に伝統的な催しやこの時期ならではのイベントが開催されます。

闘牛大会

沖縄の伝統文化に『沖縄闘牛』という沖縄独特の伝統的な娯楽があります。

沖縄県うるま市は、闘牛の町として知られ、うるま市石川にある

『石川多目的ドーム』

では、年間20回ほど『闘牛大会』が開催されています。

 

旧正月には

『旧正月大闘牛大会』

が開催され、大変人気のあるイベントなのです。

 

ただ、スペインの闘牛の様に、牡牛と人間が闘うのではなく、牡牛と牡牛が1対1で闘います。

闘牛のルールは、逃げたら負けで勝敗が付く、初心者でも分かり易いものです。

体重1トン以上の牛同士のぶつかり合いは、迫力満点ですよ。

お花見

旧正月の頃、沖縄では、ちょうど桜が満開の時期と重なります。

沖縄の桜は、

『緋寒桜』

という『ソメイヨシノ』とは違う品種です。

 

1月中旬から2月にかけて沖縄各地で開花が始まり、

旧正月の頃には花見が楽しめます。

桜並木を散策したり、ライトアップされた夜桜も幻想的ですね。

濃いピンクの花をつけるのが特徴の『緋寒桜』は本土の花見とはまた違った風情があります。

今帰仁グスク桜まつり:2019年1月26日(土)~2月11日(月)

那覇美らさくらまつり:例年2月上旬に開催・2018年2月10日~2月11日

やえせ桜まつり:2018年2月4日・ライトアップ期間:2018年1月26日~2月12日

※2019年の桜まつりの日程が出ていない所は、2018年に開催された日程を掲載しています。

沖縄の旧正月・料理について

沖縄では、旧正月には、黒豆や数の子の入っている『おせち料理』を食べる習慣はないようです。

その代り、

『重箱料理』

というお餅や9種類の料理が詰合せている御馳走を食べる習慣があります。

 

  1. カステラかまぼこ
  2. 天ぷら
  3. 白かまぼこ
  4. 豚の三枚肉の煮物
  5. 揚げ豆腐
  6. 田芋
  7. こんにゃく
  8. ごぼう
  9. 昆布

の9種類の料理が、綺麗に並べられます。

 

その他の特徴として、沖縄では、中国との繋がりがあった琉球王国時代の影響で、新年には豚肉料理が並びます。

『重箱料理』でも、豚の三枚肉の煮物が入っていますが、また違う豚肉を使った正月料理を紹介しましょう。

中身汁

沖縄でお祝いの席では

『中身汁』

と呼ばれるお吸い物が出されます。

 

旧正月には『中身汁』がお雑煮の代わりに食べられますが、お雑煮とは違い、お餅は入っていません。

『中身汁』の中身とは、豚の内臓つまりモツの事。

しっかりと下茹でしたモツを鰹と椎茸の戻し汁で煮込みます。

モツの臭みや油っぽさは無く、あっさりとした味わいのお吸い物です。

クーブイリチー

『クーブ』は昆布、『イリチー』は炒め物指しています。

昆布は『喜ぶ』という縁起の良い意味があり、旧正月には欠かせない料理です。

  • 豚肉
  • 昆布
  • 油揚げ
  • こんにゃく
  • 椎茸

を、醤油・みりん・酒・砂糖で、炒め煮にした料理です。

昆布を使っているので、ミネラルたっぷりのヘルシーな一品

 

沖縄では豚肉がご馳走とされ、旧正月でも、豚肉を使う料理が多いです。

しかし、豚肉が使われている旧正月の料理ですが、あっさりと体にやさしい料理に仕上がっています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

沖縄の旧正月は、現在でも

『大漁祈願』

『五穀豊穣』

の祈願がされて、今も大切にその風習が守られています。

 

伝統行事では、旧正月と十六日祭など、沖縄の旧正月は2回あると言えます。

また、闘牛大会が行われたり、時期的に桜の花見が出来たり、料理も本土の正月料理には無い、沖縄ならではの料理でしたね。

 

沖縄の旧正月には、独特の伝統文化や風習など古くからの習わしを大切にし、伝えて行こうという沖縄の人々の気持ちがあるようです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-イベント, スポット

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.