お金 生活

津波警報の偽メール詐欺をチェック!その手口と対策を解説!

投稿日:

津波警報 偽メール

最近、よく耳にすることして、

『エリアメール』

というものがあります。

 

地震・津波・台風などの災害があった際、

『災害情報や避難場所』

などを教えてくれるものです。

自然災害が相次ぐ日本では、かなり重要なものとなっています。

 

ですが、このエリアメールを悪用した、

『偽メール』

が横行しているとの情報が、最近では増えてきました。

 

そこで、今回は、

『津波警報に関する偽メールについて』

ということで、津波警報に焦点を当てて紹介していきます。

偽メールが気になる人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

津波警報を装った偽メール詐欺の手口と対策は?

そもそも、

『津波警報の偽メール』

とは、どういったものかを知っているでしょうか?

 

エリアメールは、本来、

アラームが鳴ってから、メールが来る

という流れになっています。

 

送信するのは、

  • 気象庁
  • 市区町村

などであり、決められた画面に簡潔な文章が書かれています。

 

また、周囲に人がいる場合、

『ほとんどの人が、同じメールを貰っている』

ので、とても分かりやすいものになっています。

 

ですが、偽メールの場合、

  • 音がならない
  • 関係ないURLが貼られている

など、正しいエリアメールとは違う形で送信されてくるのです。

URLが貼られているものは、ほぼ確実に偽メール

津波警報で送信されるメールには、

簡潔な内容だけで、URL貼られていることはない

ということを、まずは覚えておかなければなりません。

 

偽メールの悪質な点として、

緊急性を装う

ものがあります。

すぐに対応しなければならないと見せかけて、別のサイトに飛ばそうとしてくるのです。

偽メールのURLでたどり着く先は、全く関係のないサイト

偽メールのURLで飛ぶ先のサイトは、

『津波とは全く関係のない内容』

であることが多いです。

 

もし、津波関係の内容が書かれたサイトだとしても、

メールアドレスなどの、個人情報を入力させるもの

となっていることがほとんどです。

ここで、安易に個人情報を入力してしまうと、

『悪徳業者のリストに記載される』

ことになってしまうでしょう。

 

また、アクセスするだけでも、

『個人情報を抜き取られる』

ものや、ウイルス感染のおそれがあることも、十分に考えられます。

自分で開かなければならないメールは、偽メールの可能性大

エリアメールが届くと、

メールの内容が勝手に出てくる

ようになっています。

 

その為、メールが届いたとき、

津波情報といった件名がついたメールで、自動的に開かないメール

に関しては、偽メールの可能性が高いです。

 

この場合は、メールを開くことなく、

『すぐに消去する』

ようにしてください。

開くことで、ウイルスに感染するおそれもあります。

普段使っているメールアプリから、津波警報が届くことはない

携帯でメールを送り合うときは、

『メールアプリ』

を使っていることがほとんどだと思います。

 

この場合、

『メールアプリに直接津波警報が来た場合は、偽メール』

と思って大丈夫です。

もし、そのようなメールが届いた場合は、慌てずに、

『速やかに消去する』

ことを心掛けてください。

 

津波警報の偽メールは、『音が鳴らない』『すぐに見れない』

津波警報 偽メール 特徴

津波警報を知らせるエリアメールと偽メールの、

『手口・特徴・対策』

を紹介しました。

 

ですが、偽メールの手口と特徴に関しては、

これらかも、様々な種類が出てくる

と考えてよいです。

詐欺グループは、使えなくなった手口の代わりを、いつも考えているものです。

1つ失敗したら、別の方法を使い、どんどん偽メールを送信してくるでしょう。

 

偽メールを見分ける方法としては、先程も少し紹介しましたが、

  • 音が鳴ったかどうか
  • メールが開かれた状態だったか

を確認しておくことです。

行政が送ってくるメールで、これらがないことはありません。

1度、津波で深刻な被害が出ているのだから、なおさらです。

 

これさえ覚えておけば、例え、

『機械になれていない人』

でも、正しい判断が出来るでしょう。

どうしても偽メールと判断できないときは、詳しい人に聞く

注意する点が分かっていても、

「いまいち、よくわからない」

となる人がいるかもしれません。

 

そんなときは、すぐに、

詳しい人に聞いていみる

ことをおすすめします。

普段から、携帯を使い慣れている人であれば、偽メールかどうかは分かるはずです。

聞く人がいなければ、警察に問い合わせても大丈夫です。

 

偽メールが送られてきたときは、

『被害に遭わないようにすること』

が重要なので、わからないことは積極的に聞いていきましょう。

それが、自分の身を守る手段となるのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『偽メールは、特徴をよく見れば、見分けることができる』

ということが言えるでしょう。

 

災害情報など、人の生死に関わる重要なものを、

『一部の悪徳業者が悪用する』

ことは、決して許されることではありません。

 

少しでも悪質な犯罪を無くすためにも、今回紹介したような、

『偽メールの見分け方』

を身に付けておかなければならないでしょう。

それが、自分や周囲の人々を助けることにも繋がります。

 

偽メールなどの詐欺手口は、

年々巧妙になっている

ので、まずは疑ってかかることを意識しておくようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金, 生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.