芸能人

KiRiKo(二胡奏者)の年齢や本名など経歴プロフィールをチェック!

更新日:

人間には十人十色の趣味嗜好がありますが、極端な思考を突き進めてしまうと、一般人では考えられない奇抜な傾向が見られることがあります。

実は、

二胡奏者のKiRiKoさん

が、その1人。

 

KiRiKoさんは、激辛料理に挑みすぎた結果、

『呼吸が止まって倒れた』

ことがあったそうです。

 

なぜ、彼女は、そこまでして激辛料理に挑戦したのでしょうか。

本記事では、KiRiKoさんの

本名・年齢・経歴・プロフィールを探りながら、呼吸停止してまで激辛料理に挑む理由

を考察していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

KiRiKo(二胡奏者)の年齢・本名

KiRiKo

KiRiKo

世界には、それぞれの国の民族性を象徴する民族楽器があります。

  • 日本:琴・和太鼓・尺八
  • 中国:二胡・中国琵琶
  • モンゴル:馬頭琴・イギル
  • スコットランド:バグパイプ
  • ロシア:パラライカ
  • ペルー・ボリビア:ケーナ
  • キューバ:ボンゴ・コンガ
  • ハワイ:ウクレレ

など、世界を見渡せば数多くの民族楽器が存在していますよね。

 

その中でも、バイオリンとはまた違う、独特の柔らかい音を奏でる中国の民族楽器が

『二胡』

です。

二胡

二胡

その二胡の演奏者として、KiRiKoさんは活躍しています。

 

実際にユーチューブに投稿されている映像を観てもらえば分かりますが、

  • バラード
  • ポップス
  • アニソン

など、幅広く演奏しています。

さて、二胡奏者として活躍しているKiRiKoさんですが、意外と彼女のことを知らない人が多いようです。

本名や年齢を知りたくてネット検索しているなんて話も耳にしますので、早速、彼女の本名・年齢を紹介します。

 

KiRiKoの本名

まず、本名は

『中西桐子(なかにしきりこ)』

といいます。

芸名であるKiRiKoは、名前をローマ字読みで綴ったものだったんですね。

 

KiRiKoの年齢

続いて年齢ですが、残念ながら公表していませんでした。

 

ただ、後ほどプロフィール・経歴もご紹介していきますが、彼女は、

『日中青少年友好交流年日本高校生代表』

として、2008年に中国の国家元首の前で、二胡を演奏しています。

 

そのことを踏まえて計算すると、

現在25歳~27歳

ということが分かりますね。

 

KiRiKo(二胡奏者)のプロフィール・経歴

KiRiKo

KiRiKo

二胡奏者として活躍しているKiRiKoさんですが、実はもう一つの顔を持っているらしく、冒頭でもお話した

『激辛料理を愛する女性』

として、命がけで激辛料理と向き合っているようです。

 

その理由については、のちほどお話しますが、激辛料理とKiRiKoさんの接点を探る上で重要となる、彼女のプロフィール・経歴を見ていきましょう。

 

KiRiKoのプロフィール・経歴

KiRiKoさんは、東京都出身。

3月21日生まれのB型。

 

生年月日については、先程お話したとおり、公表していませんが、恐らく1991年~1993年の間ということで間違いないでしょう。

 

彼女が二胡と出会ったのは6歳の頃…。

当時、両親の影響で二胡を演奏するようになり、中国人の二胡奏者

  • 賈鵬芳(ジャー・パンファン)
  • 周耀锟

に師事して学びました。

 

中国留学経験も有り

先程も少し触れましたが、KiRiKoさんが高校生時代(2008年)には、

『日中青少年友好交流年日本高校生代表』

として、中国の国家元首の前で演奏する大役も担っています。

 

さらに、2011年には早稲田大学を休学して、中国最難関の

『北京・中央音楽学院』

に留学し、中国人二胡奏者の馬向華(マ・シァンホア)さんの下で学びました。

馬向華

馬向華

それも、

中国政府奨学金留学生(全額免除)

として留学を果たすのですから驚きです。

それだけ幼い頃から二胡をたしなみ、ずば抜けた演奏技術・才能を持っていたということなのでしょうね。

 

ニコ動・ユーチューブでの活動

KiRiKoさんが二胡奏者としてデビュー後、ニコニコ動画やユーチューブに自身の演奏を投稿するなどの活動もしています。

 

ニコニコ動画の

『演奏してみた』

に載せた動画は、たった5日間で10万アクセスを達成したらしく、彼女の人気の高さが伺えます。

 

アニメ・激辛料理好き?

さて、KiRiKoさんは、二胡奏者であると同時に、

  • 激辛料理好き、
  • アニメ・ゲーム・コスプレ好き

とくにアニメ・ゲームに関しては、父親がゲーム開発者だったこともあり、その影響を色濃く受けてハマっていったそうです。

 

二胡にハマった理由も含めて考えると、KiRiKoさんはいろんな意味で

『影響を受けやすいタイプ』

の女性と思われます。

 

それだけに、感受性も高く、素晴らしい演奏が出来るのでしょう。

今後、二胡奏者として大注目されると期待されるアーティストなので、ぜひユーチューブなどで、彼女の演奏をチェックしてみてください。

※中島みゆきさんの代表曲『糸』を、ピアノとコラボして演奏している映像がコチラ

KiRiKoが激辛料理に挑む理由

KiRiKo

KiRiKo

誰しも激辛料理にハマることはあるでしょうし、筆者自身、比較的汗をかきながら、激辛料理を食べることは好きなので、その気持は理解できます。

ただし、必ずものには限度というものが存在し、呼吸停止するほど激辛料理に挑むというのは、明らかにやりすぎです。

ある意味、命と引き換えに激辛料理に挑戦するなんて、あまりにも無謀なことであると、筆者は考えてしまいます。

 

しかし、人それぞれ、考え方は十人十色。

では、KiRiKoさんは、何故そこまで激辛料理に挑戦し続けているのでしょうか。

 

KiRiKoが激辛料理にハマった背景

いろいろ調べてみると、その背景には、中国への留学と、影響を受けやすい性格が大きく関わっているように思われます。

 

先程もお話しましたが、KiRiKoさんは、ちょっとしたきっかけで、なんでもハマる事のできるタイプです。

  • アニメ
  • ゲーム
  • 二胡

も両親の影響を受けて一気にハマって仕事にもつながっています。

 

そして、そのハマりっぷりは、激辛料理にも通じたことなのです。

 

というのも、中国へ留学した頃、彼女は

激辛料理を毎日食べていた

らしく、日本に帰国後も、その辛さが忘れられなかったそうです。

結果として、気がついたら激辛料理を追い求める日々を過ごすこととなり、ときに呼吸が停止することもあったそうです。

 

一つのことにハマってしまうと、とことんその世界にハマり込んでしまうのでしょう。

ハマれる事のできるものがあるというのは実に素敵な話です。

 

しかし、それが限界を超えて暴走するというのなら話は別。

KiRiKoさんのように、辛さ20倍の麻辣火鍋を食べすぎて健康を脅かすというのは、非常に危険です。

麻辣火鍋

麻辣火鍋

ぜひ身体は気をつけて、限度を超えるような過激なハマりっぷりを見せるのは止めてほしいものです。

そして、二胡奏者として、ますます成功を手にしてほしいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

本名は『中西桐子』といい、二胡奏者としても活躍しているKiRiKoさん。

彼女の経歴・プロフィールを見てみると、二胡奏者としてだけでなく、

  • 激辛料理好き
  • アニメ・ゲーム・コスプレマニア

という一面を持ち、なおかつ一つのことにハマりやすく、周りの影響を受けやすい性格であることも見えてきました。

 

感受性が強いタイプだからこそ、二胡奏者としても成功しているのでしょう。

ただ、アーティストは身体が資本ですから、いくら激辛料理が好きだからといって、身体が壊れてしまうほどの無茶は禁物。

 

ぜひ、物事の限度をわきまえた上で、激辛料理愛を貫いてほしいと思う次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-芸能人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.