イベント

コミケ2019の入場料はいくら?有料化の理由と評判をチェック!

投稿日:

2018年の冬コミの当落が発表され、いよいよ冬コミムードも高まってきた中、2019年のコミケについて衝撃的な発表がありました。

なんと、

2019年のコミケは、夏冬どちらも有料化することを検討中

だというのです!

今までコミケほどの規模のイベントが無料だったのもすごいことなんですが、ここにきてなぜ有料化を検討したのでしょうか?

当記事で、まだ有料化は確定ではないものの、有料化される見込みの2019年のコミケについて、有料化の理由について探っていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

2019年のコミケは夏・冬ともに有料化の見込み?

2019年に開催予定のコミケは、夏コミのC96、冬コミのC97ともに、東京五輪のせいで会場が移転し、2つの会場での開催になっています。

それだけでも色々と不便なのですが、準備会の共同代表が、サークルに向けた冊子である『コミケットアピール』にて、

C96・C97の有料化を予定している

という内容を発表しました。

『共同代表からのごあいさつ』内にて、2019年のコミケ有料化について、

有明と青海の2つの会場を参加者が行き来するこの期間においてはリストバンドによる参加者の識別を予定しています。

具体的には、サークル通行証をリストバンド化し、また、カタログを購入しない一般参加者にはリストバンドを購入していただくことで新しくご負担をお願いすることを考えています。

と表記されています。

どうやら、

サークルチケットをリストバンド化し、一般参加者も入場チケットとしてリストバンドを購入

という形式をとることを検討しているみたいですね。

会場へ入る際はリストバンドを見せて入る、という判別方式にするのでしょうか。

スタッフの負担が一層増えそうで心配になります。

 

しかし、

「こうした『有料化』はこれまでのポリシーやスタイルとは異なる」

「運用の詳細については、現在まさに検討中ですので、詳細は正式な発表をお待ちください」

とも表記されているので、まだ検討段階みたいですね。

詳細は続報待ちということになります。

 

また、早速TwitterなどのSNSで勘違いする人が出てきているので注意喚起をしておきますが、

コミケ有料化は現状、2019年のみの話です。

2019年からずっと有料化ではない

ということをお忘れなく。

まぁ、有料化の理由が国家主導商業イベントなので、2020年も有料のままだとは思います。

しかし、東京五輪が終わったら東京ビッグサイトに搬入した五輪関係機材は全撤去になる予定です。

少なくとも、五輪が終わって機材の撤去も終わるであろう2021年以降は、

再び無料に戻る可能性は高い

ということを頭に入れておいてください。

 

2019年のコミケの入場料はいくらになる?

もし2019年のコミケに入場料が実施されるとしたら、いくらになるのでしょうか?

コミケは、その経費を

サークルや企業からの参加費

で賄っているので、正直なところ2019年のコミケの参加サークル枠がわからないと何とも言いようがありません。

ただ、入場料のヒントとなるような記述が『共同代表からのごあいさつ』にありました。

 

実は、先ほど紹介した『共同代表からのごあいさつ』の内容に書かれていて、それが、

また、カタログを購入しない一般参加者には、リストバンドを購入していただくことで新しくご負担をお願いすることを考えています。

この部分です。

 

ということはつまり、見方によっては

カタログを購入した人には、パンフレットがついてくる可能性がある?

とも捉えることができますね。

入場料がとられるタイプの即売会は、パンフレットが通行証のような扱いになっていて、そのパンフレットを購入することになっています。

それと似たようなものだと思えば、カタログにリストバンドが付属するのも考え方としては妥当です。

そして、カタログを購入しない人には、別でリストバンドの購入をお願いするのではないでしょうか。

コミケのカタログの価格ですが、形式によって違うものの、

だいたい2,000円くらい

の価格になってます。

なので、2019年のコミケの入場料が、

『カタログの2,000円を超えることはまずない』

と考えていいでしょう。

 

もう1つ参考資料として、パンフレットが通行証になっているケースのイベントは、どのイベントもだいたいパンフレットは1,000~1,500円程度です。

これらのことから、2019年のコミケの入場料は、

1,000円~1,500円あたりでは?

と予想することができます。

ただコミケは即売会としては最大規模のイベントです。

参加者の人数も桁違いなので、500円くらいに収めることがあるかもしれません。

いずれにしても、カタログの価格を超えることはないので、2,500円(DVDつきのカタログの価格)を用意しておけば、コミケに参加できないということはありえないでしょう。

 

2019年のコミケが有料化になる理由は?

2019年のコミケがなぜ有料化してしまうのか?

その理由は細かく説明すると、複数の理由になるんですが…

まぁ要するに、2019年のコミケ有料化最大の理由は、

全て東京五輪のせい

と言うに尽きます。

 

2019年のコミケはC96、C97どちらも有料化しますが、その背景にあるのが、

  • 会場が2会場に分かれること
  • 開催が4日間になること

この2つです。

C96、C97の会場は、

東京ビッグサイトの西展示棟と南展示棟、そこから1.5キロ離れた青海展示棟

と縮小されるうえに会場と会場の間に距離ができてしまい、参加者の把握が困難になってしまいます。

さらに、開催期間は、

C96:8月9日~12日

C97:12月28日~31日

となり、史上初の4日間開催に…。

スペースの縮小によるブースや広告の減少、4日開催による経費増加という理由があって、2019年のコミケは有料化する予定になったのです。

そして、そもそもコミケ会場が縮小、4日間開催になる理由が東京五輪の影響。

結果として、

2019年のコミケを有料化させた犯人は、東京五輪

ということになるわけです。

 

2019年のコミケ有料化に対する評判は?

2019年のコミケ有料化について、ネット上ではどう受け止められているのでしょうか?

やはり批判が多いのだろうか…

と思い、ネット上の評判を調べてみると、有料化には、比較的好意的に受け止められていたので意外でした。

「4日開催で会場が2つになるんだし、有料化するのは仕方ない」

「トラブルを避けるためならリストバンドはいい方法じゃない?」

「有料化で変な人が減るならいいんじゃないか」

と理解を示していました。

 

が、しかし、その一方で批判も多くありました。

その批判内容というのが…

「変な人を減らすとかの理由ならわかるけど、五輪のせいで有料化するのが納得いかない」

「国のお偉いさんの勝手なわがままのせいで有料化されるのは腹立つ」

「五輪のせいでこうなってるんだから、五輪を推進してる国が金を払え」

「五輪とかいう関係ないイベントのせいで配慮させられるのは本当にムカつく」

「なぜ五輪のためにここまで迷惑をかけられないといけないのか」

「ほんと、五輪って迷惑しかかけてないな。もう開催やめろよ」

こうした意見です。

批判は批判でも、

コミケの有料化は仕方ないが、その原因が五輪であることに怒りを覚えるユーザーが非常に多かった

というわけですね。

 

先ほども触れた通り、2019年のコミケが有料になるのは、元を辿れば問題や迷惑ばかりかけている、国家主導の商業イベント・東京五輪のせいです。

コミケのみならず、東京五輪は外出は控えろだの、ネット通販は控えろだの言ってきます。

さらには税金は無駄に使う、様々なイベントが中止・会場変更を余儀なくされるなど…

今のところ、東京五輪は国民の負担や迷惑にしかなっていないクソイベント扱いをされています。

海外に比べてオリンピックにかなり熱狂的だという日本人でさえ、東京五輪への関心度が6割程度にとどまっているので、もう五輪で騒ぐ時代は終わったのでしょう。

一連の問題で、東京五輪はスポーツのイベントではなく、所詮は国をあげた商業イベントにしかすぎないということが改めて認知されているのです。

ネット上では、そんなもののためにあらゆる面で負担を強いられ不便をしていることへの不満の方が高まっています。

同じ騒ぐにしても、熱狂的な騒ぎになるのではなく、ネガティブに騒がれているのが東京五輪の現状…。

 

コミケの有料化に対する批判は挙がっていますが、その批判はあくまでも、

「コミケの有料化自体は賛成だけど、東京五輪のせいで有料化というのは納得がいかない!」

という声が多いです。

「コミケをよくするためなら仕方ない」

という意見がある一方、

「東京五輪のためなら仕方ない」

という意見が全くないあたりに、ネットユーザーから東京五輪がどれほど望まれていないイベントなのかがよくわかりますね…

かく言う筆者も東京五輪を開催する意義を感じないので、こういった意見には大いに賛同なのですが。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2019年のコミケは、夏コミのC96、冬コミのC97ともに有料化が検討されています。

形式としては、サークル参加者のサークルチケットがリストバンドになり、一般参加者にも一般参加券としてリストバンドが導入される…

ということだと思ってもらえばわかりやすいと思います。

そして、その理由というのが、もはやトラブル元としておなじみになった東京五輪。

本当に、この東京五輪というイベントは多方面に迷惑しかかけてませんが…わざわざ日本で開催する必要はあるんでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-イベント

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.