著名人

安田純平が拘束された原因と監禁生活まとめ!あだ名がニダールの意味とは?

投稿日:

日本政府の制止を振り切って、内戦が起こっていて危険なシリアに入り、武装組織に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さん。

3年4ヶ月ぶりに解放された彼は、2018年11月2日に記者会見を開きました。

そこでは、彼がなぜ武装組織に拘束されてしまったのかや、拘束されていたときの監禁生活の内容について語られてます。

監禁生活は想像を絶するような恐怖だったでしょう...。

また監禁されている中で、安田純平さんは武装組織から

『ニダール』という、あだ名

をつけられていたようですが、その意味も気になりますね。

 

今回は、安田純平さんが拘束された原因や監禁生活の内容、ニダールというあだ名の意味についても調べていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

安田純平が拘束された原因は?

安田純平

安田純平

安田純平さんは、日本政府がシリアへ入ることを止めていたのにも関わらず、強行突破しているんですよね。

まず、なぜそこまでしてシリアへ行ったのかというと、

反政府勢力の支配地域であるイドリブ県を取材するためだった

と説明しています。

危険をおかしてでも、取材に行くのがジャーナリストの仕事なんですね。

 

安田純平さんは拘束されたことについて、

自分の凡ミス

と言っているんです。

凡ミスで拘束されるとは、どういうことなんでしょう。

 

安田純平さんはシリアへ行くために、

日本人の知人から紹介されたシリア難民の小学校を運営している人々

と知り合い、

そこの難民の紹介でガイドと知り合った

ということ。

このガイドは、2015年に亡くなった後藤健二さんのガイドも務めていたシリア人ガイドで、安田純平さんは現地案内を依頼しました。

そして安田純平さんは、2015年6月22日の深夜に、トルコとシリアの国境の山岳地帯に入ります。

シリア人ガイドとの話では、

「武装組織の司令官の兄が身元を保証してくれる」

といい、国境の町からシリアへ入ると、ガイドの従兄弟の人物が車で迎えに来ているということだったそうです。

 

そこでガイドが先にシリア側に入って、様子を見に行っている間に、

別の方向からシリア人の2人組

がやってきて

「シリアに行こうか」

と声をかけられた安田純平さん。

彼は、

「計画と話が違うな」

と思いながらも、

ついて行ってしまった

というのです。

そして、

「おかしいな。」

と思いながらも、約1時間歩き続けると、

「ここが国境だ」

と言われて、

2人組の仲間に両腕をつかまれて車に乗せられて拘束された

というのです。

 

『なぜ「おかしい」と思いながらも、相手についていってしまったのか』

という疑問については、

「自分でもどうしてそうしたのか分からない」

と説明しています。

 

危険な地で全く知らない人についていってしまうなど、考えられませんね...。

本当に生きて帰れてよかったですよね。

 

安田純平の監禁生活の内容は?

安田純平

安田純平

安田純平さんは、会見で監禁生活についても語っています。

拘束されてからは、

  • ホブス工場
  • 住宅地の集合住宅の地下
  • 一戸建ての民家
  • また別の一戸建ての民家
  • またまた別の一戸建ての民家

など、場所を転々としながら監禁されていました。

監禁生活は劣悪な環境で、さぞ過酷だっただろうと考えられますね。

しかし実際は、

テレビが見れたり、食事がきちんと与えられたり

きちんと人間らしい扱いを受けていた

ということなんです。

さらには

  • フルーツ
  • スイーツ
  • ピザ

まで食べていたというので驚きです。

監禁当初は、ゲスト扱いだったのだそう!

 

しかし、監禁生活はずっと安全だったわけではありませんでした。

武力組織は、安田純平さんを監禁している場所が特定されないように彼に

安田純平さんだと特定できるようなことを言ってはいけない

としていました。

安田純平さんが

日本人だ

ということを言うと、

拷問

を受けたということなんです。

拘束生活は次第に過酷になっていきます。

武力組織は

安田純平さんが身動きをした音

だけでも拷問してくるようになったというのです。

さらに

  • 電気を消す・電気をチカチカさせる
  • 扇風機を消す
  • 鶏の骨だけを大量に食事に出す

という嫌がらせも始まったと言います。

そして途中からは

水浴びが禁止

になり、

「指の関節がパキッとなる音さえも許されなくなった」

といいます。

体の向きを変える、寝息をたてるなど、

『とにかくありとあるゆる音をたてることが許されない』

という状況になり、

幅1メートルの中でひざをずっと曲げている状態

で、24時間を過ごしていたのだそう。

これは武力組織からの

一切動かなければ日本に帰す

という無言のメッセージに対抗するためだったんです。

しかし、そんなことは不可能だと思った彼は

ハンガーストライキ

を始めます。

20日間絶食状態

となった彼は、骨と皮だけになり、それを見た武力組織の代表者から

「食事をとるように」

と言われたということです。

その後、

「日本に帰す」

と言われましたが、何度も延期。

その間また『動いてはいけない』というルールの”ゲーム”が始まり、武力組織と命をかけた駆け引きがされていたとわかりました。

生きていれば、自然に出る音さえも許されないという異常な環境の中で、精神面がおかしくなることもなく乗り越えたのはすごいことですね。

 

安田純平のニダールのあだ名の意味は?

安田純平

安田純平

安田純平さんは、アラブの名前で

ニダール

と呼ばれていました。

このニダールの意味は、

一部ではイスラムの戦士という意味もある?

というような話もありましたが、はっきりとはわかっていません。

安田純平さんは、

「ウマルです。韓国人です。」

と言っていたことから、

ニダール

というネーミングが

韓国語の○○ニダ

を連想させるようでネットでは

”ネタじゃないか”

と話題になっています。

韓国の繋がりを感じさせるあだ名だったことから、面白がっている人がとてもたくさんいますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

安田純平さんは、とても大変な監禁生活を送っていましたね。

監禁当初は、テレビが見られたり食事もしっかりとしていたようですが、だんだん拷問や嫌がらせが始まったということで、精神的にも肉体的にもとてもきつかったでしょう。

内容を聞いて、改めて無事に帰ってきて本当によかったなと思いました。

今はしっかりと体を休めてほしいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.