フィギュアスケート選手

羽生結弦の2018-2019シーズンのショートとフリーの使用曲をチェック

更新日:

平昌五輪で、前人未到の五輪2連覇を成し遂げた、

フィギュアスケーター羽生結弦選手

彼のあの活躍は、まだ記憶に新しいですよね。

 

そんな羽生結弦選手が2018-2019シーズンの初戦として、グランプリシリーズ・フィンランド大会に出場します。

そして、今シーズンから、

ショート・フリーの使用曲が変更になる

と公表されました。

 

では、羽生結弦選手の2018-2019シーズンで用いる、ショート・フリーの使用曲とはどんな楽曲なのでしょうか。

さっそく、本記事で調査し、まとめていきたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

羽生結弦のショートプログラム使用曲

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦選手といえば、やはり陰陽師のイメージが強いのではないでしょうか。

 

ここ数年で、度々『陰陽師』のBGMをフリーで使っていたので、そのイメージがどうしても残ってしまうんですよね。

しかし、ショートに関しては、意外と様々な楽曲を使っています。

では、2018-2019シーズンにおいて、羽生結弦選手はどんな楽曲を使用するのでしょうか?

 

調べてみると、

ラウル・ディ・ブラシオさんの楽曲『秋によせて』

に決まったと判明しました。

ラウル・ディ・ブラシオとは?

ラウル・ディ・ブラシオさんは、南米・アルゼンチン生まれの音楽家(ピアニスト)。

6歳の頃からピアノやラテン音楽(ボサノヴァ・タンゴなど)に関心を持つほか、ビートルズの影響を受けロックバンドを結成したことも…

ビートルズ

ビートルズ

幅広く様々な音楽に嗜んできた音楽家で、チリ・マイアミ(アメリカ)などに拠点をおいてこれまで音楽活動しています。

 

そのため、日本では馴染みが薄いかもしれませんが、海外では有名な音楽家として知られています。

 

そんなラウル・ディ・ブラシオさんが手がけた

『秋によせて』

という楽曲は、悲壮感漂う、大人だからこそ心に響くバラード楽

 

とくにフィギュアスケートでは、使用曲として用いられるケースが多く、これまでも、

  • 村主章枝
  • 浅田真央

などが使用してきました。

浅田真央

浅田真央

正直、羽生結弦選手の使用曲というと、どうしても陰陽師の印象が強すぎて、悲恋なタイプのバラード曲という印象はありません。

 

ただ、過去を振り返ってみると、

  • 2014-15シーズン:ショパン 『バラード第1番ト短調』
  • 2015-16シーズン:ショパン 『バラード第1番ト短調』
  • 2011-12シーズン:マキシム 練習曲第12番 嬰ニ短調『悲愴』

といったように、悲壮感漂うピアノ楽曲を使用しています。

 

その為、印象に薄い悲壮感漂うバラード曲を使ったとしても、羽生結弦選手の演技にうまく取り込んでくれることでしょう。

表現力の高い、羽生結弦選手だからこそ魅せられる、レベルの高い演技に期待したいものです。

羽生結弦のフリー使用曲

羽生結弦

羽生結弦

冒頭でもお話したとおり、羽生結弦選手のフリー使用曲といえば、やはり『陰陽師』のBGMですよね。

どうしても、フィギュアスケートの使用曲というと、クラシックという印象を受けがち。

その中で、『陰陽師』を使用するという斬新さが、羽生結弦選手らしさですよね。

フリー使用曲は原点回帰を誓った楽曲

さて、羽生結弦選手は、フリーでの使用曲に、これまでの『陰陽師』ではなく、

エドウィン・マートン 『Origin(オリジン)』

を選びました。

 

ちなみに、この『Origin(オリジン)』という楽曲は、羽生結弦選手のために、原曲

『ニジンスキーに捧ぐ』

をアレンジしたものなんだそうです。

 

そしてこの楽曲は、フィギュアスケート界の皇帝・プルシェンコさんが、現役時代使用していた楽曲…

プルシェンコ

プルシェンコ

羽生結弦選手にとって、プルシェンコさんは、憧れの存在で、フィギュアを始める原点ともいうべき選手だったそうです。

 

そして、2018-2019年シーズンは原点回帰を誓い、あえてこの楽曲を使おうと決めたそうです。

それだけ今シーズンは気合の入れ方が、まるで違うと言えそうですね。

 

果たして、どんな演技を見せてくれるのか…

羽生結弦選手の原点回帰となるフリーの演技に大注目です。

2018-2019シーズンは羽生結弦の集大成?

羽生結弦

羽生結弦

オリンピック2連覇を成し遂げ、まだまだ現役として続けていく、体力も技術も持ち合わせている羽生結弦選手が、

まいちゃん
今シーズンで現役を引退するはずがない!

と、筆者も考えています。

 

しかし今回、わざわざ、『Origin(オリジン)』をフリーに使うというのは、ただならぬものを感じざるを得ません。

それも、『ニジンスキーに捧ぐ』という原曲を、わざわざアレンジしてまで、今回のプログラムに組み込むとは、よほどのことです。

 

では、なぜ羽生結弦選手は、あえて『Origin(オリジン)』を使用することにしたのか?

それは、

  • 幼少の頃から強い憧れを持っていた、プルシェンコさんが使用した楽曲だから
  • 自身にとっての原点回帰という意味を込めて

といった、

羽生結弦選手なりの強いこだわりの表れ

で、その分、今シーズンにかける想いが伺えます。

これには、ある意味今シーズンが、彼にとってのターニングポイントとなるのでは無いかとさえ、思えてならないのです。

 

羽生結弦選手は、オリンピックで前人未到の2連覇を成し遂げています。

そして、彼の中で、残すは4回転アクセルへのこだわりのみ…。

今シーズン、4回転アクセルへの思いをぶつけ、それを集大成として現役引退するかもしれない…。

あえて、羽生結弦選手が、エドウィン・マートン氏の『Origin(オリジン)』をフリーの使用曲に持ってきたのもその気持ちが表れているのではないか。

そのように思えてしまうのです。

 

もちろん、老婆心といえばそれまでかもしれません。

しかし、いずれにしても今後を占う上での、大きなターニングポイントとなるでしょう。

それだけ、気合の入ったシーズンとなることは間違いありませんし、

まいちゃん
ぜひ進化した羽生結弦選手の演技を多くの、ファンに見せてほしい

そう強く思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

羽生結弦選手の2018-2019シーズンの使用曲は、

  • ショート:ラウル・ディ・ブラシオさんの楽曲『秋によせて』
  • フリー:エドウィン・マートン 『Origin(オリジン)』

の2曲に決まりました。

 

ひよちゃん
ショートはともかく、フリーは陰陽師で決まり

と勝手に思い込んでいただけに、まさか、プルシェンコさんが使っていた楽曲を使うとは驚きです。

 

もちろん、羽生結弦選手用にアレンジされていますが、

原点回帰

を誓う気持ちの表れが強く伺えます。

もしかしたら、

今後の羽生結弦選手の行く末を占うターニングポイント

となるかもしれないだけに、今後の大会で素晴らしい演技を期待したいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-フィギュアスケート選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.