サッカー選手 女子サッカー

女子サッカー猶本光と猶本成美の現在とは?出身高校や大学をチェック

更新日:

類まれなるパスセンスで、これまで、幾度も局面を打開する活躍をしてきたなでしこジャパンの猶本光選手。

守備でボールを奪ってからの展開力や、味方へのパスの供給力、フリーキックプレースキックの精度…

いずれも一級品の技術力を持つボランチとして優秀な選手です。

一方、姉同様ミッドフィルダーとしてサッカーを続けていた妹・成美さんがいます。

話によると、姉にも負けず、サッカーが上手くて容姿端麗なんだとか…

そこで、本記事では、女子サッカー・期待のおける、猶本光・猶本成美姉妹の現在と、出身校・プロフィールを探りまとめていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

猶本光&成美のプロフィール・プレースタイル

女子サッカー界を見渡すと、美人姉妹ながらも、類まれなる才能を発揮し、サッカー選手として活躍している姉妹が何組かいます。

その一組が、なでしこジャパンでも中核を担う猶本光選手と、妹の猶本成美選手。

では、さっそく二人のプロフィールやプレースタイルを見ていきましょう。

猶本光のプロフィール・プレースタイル

猶本

元ヤングなでしこ(ユース年代)の一人で、なでしこジャパン(女子日本代表)でも

  • EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017
  • アルガルヴェ・カップ2018

にも出場し、中心選手としてコンスタントに結果を出し続けている猶本光選手。

1994年3月3日生れの24歳とあって、まだまだ若く、これからの日本代表を背負っていく期待の選手です。

そんな猶本光選手は、福岡県小郡市出身。

かつて、地元・福岡のサッカークラブ『福岡J・アンクラス』に所属していたこともありました。

主戦場となるポジションはボランチ(DMF:ディフェンスミッドフィールダー)で、まさに舵取り役を担っています。

猶本光の得意なプレー

とにかく、ボールを奪ってから、すばやく局面を大きく展開させるパスを供給するのが得意の選手。

まさに、天性の才能をもった名ボランチ。

冒頭でもお話したとおり、

  • 守備でボールを奪ってからの展開力
  • 味方へのパスの供給力
  • フリーキックプレースキックの精度

と、ボランチに必要なものを兼ね備えた選手。

Jリーガーに例えるなら、少し大げさかもしれませんが、

  • イニエスタ(ヴィッセル神戸)
  • 小野伸二(コンサドーレ札幌)

のようなタイプの選手です。

彼らのように、とにかく周りを活かすことが上手いタイプの選手でありながら、運動量も高いので、自ら前線に切り込みシュートを決めることも…

猶本光のウィーク・ポイント

ただ、

身長158cm

体重53kg

と、小柄でフィジカルが弱いため、1対1になった時に、致命的なボールロスをすることも…

さらに2018年は、右足首の怪我で出遅れ、一時期なでしこジャパンからも外されたことがありました。

今後、さらなる活躍を見せていくためには、フィジカルの強化は必須条件となっていくのではないでしょうか。

猶本成美のプロフィール

猶本光選手には、猶本成美さんという妹がいます。

彼女も姉同様、将来なでしこジャパン入りが期待された逸材。

姉とともに、兄の影響を受けてサッカーを始め、姉のあとを追いかけ、『福岡J・アンクラス』に所属していました。

1996年7月31日生まれで、猶本光選手より3歳年下。

身長153センチ

体重47キロ

と小柄で、ポジションも姉と同じくDMF(ボランチ)。

2013年の国体女子福岡県代表にも名を連ね、U-17代表候補にもなったことのある実績の持ち主だけに、将来が非常に楽しみです。

猶本姉妹は容姿端麗

ちなみに、ふたりとも容姿端麗で、姉・光さんは、

「長澤まさみに似ている」

なんて話も耳にします。

イケメン・かわいい・美女という要素は、男子も女子も関係なく、アスリートの世界で人気を得ていくのに必要な要素です。

その要素を持っている二人だけに、今後なでしこジャパンを大きく盛り上げてくれることを期待したいですね。

 

猶本光・猶本成美姉妹の出身高校・大学は?

猶本光

さて、なでしこジャパンでの活躍が期待されている猶本光・猶本成美姉妹ですが、彼女たちの出身高校・大学はどこでしょうか。

二人の出身高校・大学を探ってみたいと思います。

猶本光の出身高校・大学

猶本光選手の出身高校は、福岡女学院中高。

地元・福岡市にある私立の女子高校で、

中高一貫・キリスト教系のミッションスクール

としても知られる有名校です。

国際交流にも力を入れ、海外との交換留学生も多く輩出しているみたい…

ちなみに、この学校の出身者には、

  • 大神いずみ(フリーアナ・タレント)
  • 牧瀬里穂(女優)
  • 広瀬香美(歌手)

などがいます。

偏差値も56~62と割と高く、猶本光選手はサッカーだけでなく、勉強も出来たことがよく伺えますね。

猶本光の出身大学

さて、猶本光選手の出身大学ですが、

筑波大学体育専門学部

を卒業。

体育専門学部の偏差値は63と、簡単に入れる大学ではありません。

また、彼女は、大学卒業後、

筑波大学大学院に進学

し、人間総合科学研究科体育学専攻を、2018年に修士課程修了したとのこと…

ちなみに人間総合学科の偏差値は

64~67

まさに、文武両道をそのまま表したような選手だと言えますね。

大学・大学院では、スポーツコーチング学を学ばれたそうです。

将来、現役を終えたあとに、若い世代を育てる名監督になるかもしれません。

もちろん、その前に、2019女子ワールドカップ(フランス)や、2020東京オリンピックで活躍してほしいのは言うまでもないこと…

果たして、選手としての栄光を手に掴み、さらなる高みを極めていくのか、猶本光選手の今後が楽しみですね。

猶本成美の出身高校・大学

一方、妹・成美選手の出身高校は、姉・光選手と同じ福岡女学院高校。

サッカー選手としてだけでなく、一人の女性としても、姉・光選手を追いかけ続けていたのでしょう。

残念ながら、大学に通っているかどうかまではわかりませんでしたが、姉あっての妹といった印象が色濃く伺えます。

 

猶本光・猶本成美の現在は?

なでしこジャパンにおいて、欠かすことの出来ないボランチ職を担う猶本光選手。

しかし現在、彼女は海外に渡りプレーしています。

先程も触れたとおり、元々福岡J・アンクラスに所属していた彼女は、2012年に浦和レッズレディースに移籍。

当時は、技術や判断の速さだけでも十分勝負できると考えていたそうです。

サッカーに対する考えを一変させたきっかけ

しかし、2012年女子サッカーワールドカップの準決勝でドイツと対戦し、その考えが根底から覆されてしまいます。

猶本光選手は、当時、

パスも出せなければ、自力で打開しようとしても、すぐに相手に追いつかれてしまい、何も出来なかったそうです。

そのあまりもの差を見せつけられ、パスセンスや判断力だけでは、強豪国と対戦して勝ち抜くことが出来ないと悟りました。

自らを成長させるための海外挑戦

そして、昔から海外へ挑戦したいと抱いていた気持ちが、夢ではなく、目標となったのです。

以降、浦和でトレーニング法から変更して、準備を重ね続け、ようやく、海外サッカーから少し認められるようになり、海外移籍を決断。

猶本光の移籍先は、ドイツ・SCフライブルク

移籍先は、女子ブンデスリーガ(ドイツ)1部のSCフライブルク。

比較的リーグも安定したレベルをキープし、レベルも非常に高く、パワーやスピードも兼ね備えています。

そんなサッカー大国の名門クラブに移籍するからこそ、猶本光選手は、ますます成長が見込めるわけです。

2018年7月に移籍した当初、右足首に怪我を負い、しばらく離脱していましたが、怪我から復帰するとすぐさまレギュラー定着へ…

フライブルクの選手たちからも信頼を勝ち取り、今や中心選手として活躍しています。

猶本成美の現在

さて、妹の成美選手はというと、現在サッカーを続けているのか、それとも別の人生を歩んでいるのか、はっきりしたことはわかりませんでした。

これまでは、姉・光選手同様、女子サッカーの強豪校・福岡女学院高校で活躍し、福岡J・アンクラスにも所属しました。

しかし、既に福岡J・アンクラスの公式サイトには、彼女の名前は掲載されていません。

どこかのタイミングで退団していることは間違いありません。

U-17代表候補に選出され、2013年には国体女子福岡県代表にも名を連ねていた彼女です。

完全にサッカーを辞めているとは思いたくないですね。

サッカーを辞めた可能性も…

ただ、彼女は、猶本光選手の3歳年下で、大学に通っているのだとしたら、まだ大学3年生。

一般企業へ就職するか、あるいは、なでしこリーグへプロとして所属していくのか。

自身の将来のことを考え始める大事な時期です。

もしかしたら結婚ということもあるのかもしれません。

それだけに、サッカー漬けということは出来ず、一般人として普通に過ごしている可能性は高いもあるでしょう。

将来なでしこ加入の可能性も…

もちろん、簡単にサッカーを辞めたとは考えたくはありませんし、将来なでしこリーグに加入する可能性は十分あります。

そして、姉・光さんのように、東京オリンピック以降の大会で、なでしこジャパンに招集される可能性もあります。

もちろん、彼女がサッカーを続けていることが大前提。

少なくとも高倉監督に彼女の活躍がアピールできなければ、なでしこジャパン招集もありえません。

一人のサッカーファンとして、猶本成美選手が女子サッカー界で再び光り輝いていく姿をみたいです。

そのことを期待しながら、今後の動向に注目したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

大儀見優季・永里亜紗乃姉妹のように、女子サッカー界で活躍する姉妹は多数存在しています。

その中の一組が、猶本光・成美姉妹。

猶本光選手は、福岡女学院高校卒業後、筑波大学大学院で修士課程修了(卒業)し、浦和レッズレディースから、ドイツ・フライブルグへ渡り活躍中。

なでしこジャパンの中核として、フィジカル面も強化され、さらなる活躍が期待されます。

一方、妹の猶本成美選手も、姉同様、福岡女学院高校や福岡J・アンクラスでサッカーをしていましたが、現在も続けているかわかりません。

ただ、姉同様、DMFとしての高い実力を持つ選手なので、姉妹揃って、なでしこジャパンで活躍する日が来ることを期待しています。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-サッカー選手, 女子サッカー

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.