イベント スポット 雑学

沖縄の正月の過ごし方を紹介!食べ物や正月料理はオードブル?

投稿日:

日本全国、伝統的な正月の過ごし方には、

  • 除夜の鐘を突く
  • 初日の出を見る
  • 初詣に行く
  • お雑煮やおせち料理を食べる

などの過ごし方があります。

 

最近では

  • お正月映画を見る
  • 福袋を買う
  • ひたすらゲームをする

という正月の過ごし方をしている人も。

 

一方で、地方によっては独特の風習があり、それに伴い、日本国内でも様々な形の正月の過ごし方があるようです。

中でも、明治維新前まで琉球王国だった沖縄では、本土とは違う歴史文化や風習が残っています。

 

では、沖縄はどういう正月の過ごし方をしているのでしょうか。

本記事では、いわゆる『本土の正月』とは少し違う

『沖縄の、正月の過ごし方』はどの様なものなのか

を紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

沖縄の正月・過ごし方について

沖縄の正月・しめ縄

沖縄の正月・しめ縄

沖縄は、旧暦文化がまだ残っている地域です。

沖縄の正月は

  • 旧暦の正月を盛大に祝う
  • 新暦・旧暦の両方を祝う
  • 新暦の正月のみを祝う

という過ごし方があり、地域によって違いがあります。

 

しかし最近では、家族や親戚が集まりやすい事から、新暦の正月を祝う事が一般的になってきています。

 

縁起物

大晦日に、『年越しそば』を食べるのは本土では一般的ですよね。

しかし、沖縄で『年越しそば』を食べる文化はありませんでした。

 

最近では、移住してきた人や観光客の影響もありますが、『年越しそば』ではなく

『年越しソーキそば』

を食べて新年を迎える事が、定着しています。

 

また、正月を迎えるに当たり、沖縄では門戸にしめ縄を飾ります。

メモ

沖縄のしめ縄は、わら縄に

  • みかん(かんきつ類)
  • 炭を昆布で巻いたもの

が飾られている質素なものです。

炭を昆布で巻いた飾りは、沖縄独特のものですね。

  • みかんは『金運』
  • 炭は朽ちる事がない事から『健康長寿』
  • 昆布は『喜ぶ』

という意味をかけています。

 

さらに沖縄では、旧暦の正月までしめ縄を外さずに、そのまま飾っておく家庭が多いです。

 

正月を迎えて

神社やお寺のイメージがない沖縄ですが、初詣は大晦日から正月三が日にかけて、観光客や地元の人の参拝で賑わいます。

境内の出店も沖縄らしく、オリオンビールや泡盛、ヤギ汁や、かき氷などのメニューが並びます。

正月からかき氷の出店があるのは、沖縄ならではと言えるでしょう。

 

人気の初詣スポットは

波の上神宮

住所:那覇市若狭1-25-11

tel:098-868-3697

沖縄県護国神社

住所:那覇市奥武山町44

tel:098-857-2798

首里観音堂

住所:那覇市首里山川町3-1

tel:098-884-0565

などの神社やお寺です。

 

初詣も正月の過ごし方ですが、一番大切な沖縄の正月の過ごし方は、

  • 本家に親戚一同が集まり、仏壇にお参りしてご先祖様に挨拶をする
  • 集まった親戚一同でご馳走を囲んで新年を祝う

という事にあります。

 

沖縄は、ご先祖様を大事に思う気持ちが強い地域です。

沖縄の正月は、

親戚一同で、先祖と新年に感謝する

ことが何より大切な正月の過ごし方なのです。

沖縄の正月・料理について

沖縄の正月『重箱料理』

沖縄の正月『重箱料理』

沖縄は、琉球王国時代からの影響で、いわゆる『おせち料理』という物がありません。

 

お盆やお彼岸などの年中行事や、法事の時に食べられている

『重箱料理』

を作って新年を迎えます。

『重箱料理』とは、お餅やご馳走を重箱に詰めた料理なのですが、正月の祝い事だけではなく、法事などの時にも振る舞われるのが特徴です。

 

一つ目のお重にはお餅だけを入れます。

二つ目のお重には、奇数の数、一般的には9種類の料理を詰めます。

  1. 豚ばら肉の煮つけ
  2. かまぼこ
  3. カステラかまぼこ
  4. 魚のてんぷら
  5. 揚げ豆腐
  6. だいこん
  7. ごぼう
  8. 昆布
  9. こんにゃく

仏事の『重箱料理』では、かまぼこを白い色の物に、また慶事の正月では赤いかまぼこを詰める、などの細かな違いはあります。

沖縄の限られた食材で、手間暇かけて作られている『重箱料理』は、家族や親戚をもてなす気持ちのこもった料理なのです。

沖縄の正月・料理はオードブル?

沖縄の正月に食べる『重箱料理』は、『おせち料理』のように、年に一度だけ食べる料理ではありません。

年中行事で何度も出される料理なので、毎回手作りするとなると、作る手間も大変です。

 

また、正月には、親戚や帰省してくる家族などで、かなりの人数が集まる事から

  • 大人数でも気軽にご馳走を楽しめる
  • 作る手間が省ける

などの理由から、スーパーやお弁当屋さんでオードブルを買う場合が多くなっています。

 

もともと『おせち料理』を食べる習慣がない沖縄ですから、正月にオードブルを買って食べる事には、抵抗がなく受け入れられています。

オードブルの内容は

ミートボール

ローストビーフ

海老フライ

鶏のからあげ

野菜のてんぷら

野菜の煮物

などの、肉料理・揚げ物がメインで、しっかりとした食べごたえのある料理が入っています。

オードブルは、お年寄りから子供まで幅広い年齢層が集まり、賑やかに正月を迎える沖縄によく合っている料理と言えますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

沖縄の正月の過ごし方は、本土からの移住者の人や観光客が増えたという事もあり

  • 年越しソーキそばを食べる
  • 神社やお寺に初詣に行く

など、『本土の正月』の影響を受けた過ごし方になっていますが、沖縄の文化も反映されています。

 

また、沖縄の正月の過ごし方は、

親戚みんなでご先祖様と共に新しい年に感謝する事

が何より大切な過ごし方なのです。

その為に、正月にみんなで囲む料理は大切です。

 

沖縄では、『重箱料理』というご馳走がありました。

ですが、おせち料理を食べる習慣のない沖縄では、みんなでご馳走を囲める事が出来て、手軽に食べられるオードブルを買う場合が多くなってきています。

オードブルは、大人数で賑やかに正月を迎える沖縄によく合っている料理なのです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-イベント, スポット, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.