時事

日本と韓国の今後の関係をチェック!戦略的放置の影響は?【外交戦争】

投稿日:

日本 韓国 今後の関係

先日、韓国の最高裁判所の判決で、

『徴用工問題に対する、日本企業への賠償命令』

が下されました。

 

徴用工問題は、太平洋戦争時に、日本が朝鮮半島から連れてきた朝鮮人(韓国人)に対し、

『強制的に労働をさせていた』

として、被害を受けた韓国人が訴訟を起こしているものです。

 

ですが、この問題や、その他賠償問題などに関しては、

『1965年 日韓基本条約』

において、解決しているはずでした。

 

その条約を、韓国側が、

『個人の訴訟にまで、影響するものではない』

と解釈しているため、今回の徴用工問題でも、日本企業への賠償命令が下ったのです。

 

この判決を受けて、今後、

『日本と韓国の関係性』

はどうなっていくのか。

今回は、これについて紹介していきます。

日韓国交の行く末が気になる人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

徴用工裁判の判決による影響

日本と韓国の問題は、

  • 竹島問題
  • 慰安婦問題
  • 徴用工問題

など、様々なものがあります。

 

それでも、今までは、

あくまで国同士の話し合い

としての印象が強いものでした。

 

ですが、徴用工裁判に関しては、初めて、

『日本企業に対する賠償命令』

ということになってしまいました。

 

これが意味するところは、

日本の経済界への宣戦布告

となります。

 

韓国産業は、概ね、

『日本から材料を輸入している』

ものとなっています。

 

つまり、

『日本からの輸入が途絶えると、産業に支障が出る』

ということになります。

 

日本の経済界は、その事情を良く知っているため、

『韓国への輸出産業自体を取りやめる』

ことになるかもしれないのです。

 

また、韓国で企業展開している会社に関しても、

『韓国からの撤退』

を考えるかもしれません。

 

これらの背景には、韓国が、

『徴用工裁判で勝訴した』

ことも、大いに関係してきます。

徴用工裁判で、韓国側が勝訴した意味は大きい

戦後の賠償請求が、半世紀以上経った今でも請求できると分かれば、

他にも、同様の裁判が行われる可能性がある

と考えられるからです。

 

今後も、何かにつけて訴訟を起こされる可能性は高く、

『賠償額が、莫大なものになる』

ことも考えられます。

 

それを危惧した日本企業は、韓国での事業を取りやめて、

『韓国以外の国と、事業を展開する可能性』

が出てきました。

 

戦争終結直後ならともかく、現在では、

『当時の状況を知っている人がほとんどいない』

というのが現状です。

 

そんな状態で、賠償を命じられるのは、

『会社側としても遺憾』

だと感じるのは、当然のことだと言えます。

 

結果が見えている訴訟を起こされる前に、新天地を目指すのは、

『賢い選択』

と言えるでしょう。

 

現在は、徴用工裁判の判決が出たばかりですが、

日本の経済界が、一丸となって抵抗する

未来が来る可能性も、今後あるかもしれませんね。

 

日本政府は、『戦略的放置』を示唆

韓国 戦略的放置

今回の、徴用工裁判を巡る一連の出来事に対して、日本政府の見解は、

『戦略的放置』

という見解が強まっています。

 

つまり、

今後の外交に関して、韓国を相手にしない方針

を立てつつあるということです。

 

また、今回の徴用工裁判について、

『国際司法裁判所(ICJ)』

にも提訴する姿勢を見せています。

 

ですが、国際司法裁判所に訴訟を起こしたとしても、

『韓国側が、訴訟に応じるとは限らない』

ことも、考えておかなければなりません。

 

過去にも、竹島問題がを巡って、

日本が、韓国にICJへの提訴を申し出たことがある

のですが、韓国側はこれを拒否しています。

 

実は、国際司法裁判所で判決をしてもらうための条件として、

『両国の同意のもと提訴する』

といった決まりがあります。

 

このとき、相手国が、

『選択条項受諾宣言』

というものを行っているのであれば、訴えがあった場合は、自動的に裁決されます。

 

ですが、韓国は、選択条項受諾宣言を行っていないため、

国際司法裁判所での裁決が出来ない

状況になっているのです。

 

その為、韓国に対して、日本が取る対応としては、

『外交を極力行わない、戦略的放置』

が妥当であるというのが、日本政府の考えになっているようです。

 

戦略的放置によって、日本と韓国の関係性は希薄になっていく

これまで日本は、度々、

『賠償や謝罪』

を繰り返し行い、さらには、外交でもかなりの譲歩をしてきたという自負があります。

 

ですが、韓国側の、

  • 昔のことを、いつまでも蒸し返す
  • 日本の譲歩に対して、誠実な対応をしない
  • 日本の批判を、国を挙げて行っている

など、いつまで経っても、

まともに外交を行わない姿勢

に、日本は疲れてきていると言われています。

 

今回の戦略的放置に関しても、世論では、

  • 対応が甘い
  • 国交断絶するべきだ
  • アメリカと中国のように、制裁関税を加えるべきだ

などの意見集まっています。

 

日本は、北朝鮮問題に関して、

『日米韓での協調』

を見せなければならないので、韓国と完全に国交断絶するわけにはいかないでしょう。

 

ですが、それ以外の面で見れば、

『韓国と、積極的に外交するメリットはない』

という考えも出てきていることから、とりあえずは、戦略的放置という結論が出たと考えられます。

 

戦略的放置がされるということは、

『外交関係が、ほぼ行われなくなる』

ことを示唆しています。

 

このまま、韓国の姿勢が変わらなければ、日本として、

『韓国から、事実上撤退する』

という結末を迎えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『日本と韓国の今後の関係をチェック!戦略的放置の影響は?【外交戦争】』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『韓国との外交は、この先、ほぼ無くなる可能性が高い』

ということが言えるでしょう。

 

日本としても、完全に国交断絶することは、

『北朝鮮対策』

を行っている関係上、あまり得策ではないでしょう。

 

ですが、それ以外の外交に関しては、韓国の態度が変わらない以上、

『徐々に無くなっていく』

可能性もあります。

 

それほど、日本としても、

『韓国との付き合いに疲れている』

と考えられているのです。

 

韓国は、徴用工裁判によって、

日本の経済界までも、敵に回しつつある

状況です。

 

今後、日本と韓国の関係性は、

『回復する見込みは、当分無い』

といって良いのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.