時事

徴用工裁判の判決を紹介!新日鉄住金への賠償請求金額はいくら?

投稿日:

徴用工裁判 判決

徴用工裁判というものを、知っているでしょうか?

太平洋戦争の最中、朝鮮半島から日本へ、

『労働者を連れてきて、働かせた』

として、韓国が日本の企業に対して補償を求めているものです。

 

2005年から、現在まで訴訟が行われていましたが、

『2018年10月30日』

に、判決が下されました。

 

ですが、

どんな判決だったのか

というのは、あまり知られていないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『徴用工裁判の判決結果と、その影響』

について、紹介していきます。

日本と韓国の関係性が、変わってくる可能性もあるので、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

徴用工問題は解決しているはずの問題だった

そもそも、徴用工問題は、本来、

『慰安婦問題と共に解決している問題』

だったと、日本では認識されています。

 

その理由として、

『1965年 日韓基本条約』

の締結が関係しているのです。

 

当時、日本は朝鮮半島に、

『満州国』

として国を作り、その地に住んでいた人々に労働をさせていました。

 

このときの人々が、現在の、

『韓国国民』

に当たります。

 

ですが、戦争に敗れた日本は、韓国に対して行ったことに対する、

『謝罪と賠償』

を、日韓基本条約において行っているのです。

 

この条約には、日本が多額の賠償金を払う代わりに、

韓国側からの、一切の要求を拒否できる

という内容も、盛り込まれていました。

これにより、日本と韓国の戦時中の因縁はなくなったと、

『日本側では思われていた』

のです。

 

その背景には、日本が日韓基本条約後も、度々、

韓国に対して、謝罪と賠償を行ってきた

ことも関係しています。

 

今回、ニュースになっている徴用工問題に関しても、

『本来なら、賠償が済んでいるはずの問題』

なのですが、韓国側からは賠償を求められているのです。

 

韓国側の徴用工問題に関する言い分

日韓基本条約から、半世紀以上経った今頃になって、

『徴用工問題が続いている理由』

として、韓国側の言い分が関係しています。

 

今回の徴用工問題に関する、日本企業に対する訴訟は、

当時、日本で労働をさせられた人々

から行われています。

 

これに対して、韓国の最高裁判所が、日韓基本条約は、

あくまで国同士の決まりであり、個人には適用されない

とされる判決を出したため、裁判が10年以上続いているのです。

 

徴用工裁判の判決は、新日鉄住金の敗訴で終わった

徴用工裁判 敗訴

2018年10月30日に出された、最終的な裁判所の判決は、

『日本企業に対する賠償命令』

となりました。

 

1度、最高裁で判決が覆っているため、

『誰もが、ある程度予想していた判決』

ではあります。

 

ですが、この判決は、

日本の徴用工問題に対する認識とは真逆のもの

となってしまいました。

今後、日本と韓国との関係性がさらに悪化するのは明白になった

この判決により、賠償命令を受けた、韓国に会社を置く新日鉄住金は、

支払いを断った場合、財産の差し押さえ

が行われることになります。

 

ですが、戦時中に起こった問題を、

『昔の状況を知らない、今の会社が保証をする』

というのは、訴えられた側だけでなく、誰もがおかしいと思うことでしょう。

 

しかも、国同士で話がついているにも関わらず、請求されていれば、

企業側としては、支払いに応じない

と考えても、おかしくはありません。

 

それでも、韓国で会社経営をしている以上、

韓国でのビジネスを潰すわけにはいかない

と考えるのも、会社経営をする人なら考えることなのです。

 

結局は、

『企業が原告側に従う形になる』

と考えられますが、その後の動きは違ってくるかもしれません。

 

ここまで、理不尽な要求を迫る韓国での事業を、

『企業側が容認しなくなる』

可能性もあり、韓国からの撤退ということも考えられます。

 

また、日本政府としても、

韓国のやり方に徹底抗戦の構えを取る

ことも考えられるため、日本と韓国の国交自体が危うくなってきます。

 

今後、どう動くかにしても、韓国は、

『日本の大半を敵に回してしまった状態』

となっているのは、間違いないでしょう。

 

徴用工裁判の賠償請求金額は、いくらになったのか?

徴用工裁判 賠償請求金額

徴用工裁判における、新日鉄住金側に対する賠償請求金額は、

『1人当たり、1憶ウォン(約1,000万円)』

となっています。

 

訴訟を起こしていたのは、

『イ・チェンシクさん 他4名』

となっています。

 

その為、賠償請求金額は、

4憶ウォン(約4,000万円)

となっており、賠償が行われなければ、差し押さえがなされる予定です。

 

今後、日本政府と新日鉄住金側が、

どのような動きを見せるのか

については、まだわかっていません。

 

どう動くにしても、先程紹介したように、

『日韓の国交に、大きな影響が出る可能性が高い』

ということが言えるでしょう。

 

また、韓国側としては、

『日本企業に対する訴訟が、始めて成功した』

ことにもなります。

 

今後、さらに同じような訴訟を起こされれば、

『日本側の敗訴が、韓国ではほぼ確定する』

ことになるのは、目に見えています。

 

その動きに対して、

日本がどう対処するか

についても、見逃せない点となっていくでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『徴用工裁判の判決を紹介!新日鉄住金への賠償請求金額はいくら?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『徴用工裁判の判決により、日本と韓国の関係性に大きな亀裂が入る可能性が高くなった』

ということが言えるでしょう。

 

日本と韓国は、徴用工問題以外にも、

  • 竹島問題
  • 慰安婦問題

など、様々な問題を抱えています。

 

それに加えて、徴用工裁判での敗訴が重なってくると、

日韓の国交は、これまで以上に冷え込む

ことになるでしょう。

 

最悪、日本企業の韓国からの撤退も起きる可能性もあり、何かしらの対策がなければ、

『国交断絶』

も、視野に入ってくるかもしれません。

日本の各団体からも、抗議が出る可能性も大いにあります。

 

どうにかして、和解の道を模索してもらいたいですが、

『こじれ過ぎた関係性を直す』

ことは、なかなか難しいのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.