時事

入管難民法改正案の内容をわかりやすく解説!移民政策との違いとは?

投稿日:

入管難民法改正案

移民問題について、ニュースでも度々報道されているのを見ると思います。

ドイツなどでは、移民政策を巡って、

『国民の不満』

などが、多くなっている風潮もあります。

 

それと比べて、日本では、現在、

入管難民法

と言われる法律により、外国人の在留については決まりが設けられています。

 

ですが、最近のニュースで、

『入管難民法改正案』

が審議されているとの情報が流れています。

 

一部からは、

移民政策になるのではないのか

という声も上がっており、なかなか議論が紛糾してくると予想されています。

 

そこで、今回は、

『入管難民法改正案の内容』

について、紹介していきます。

移民問題などに興味のある人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

入管難民法とは、どういったものか?

そもそも、

『入管難民法』

とは、どういったものなのかを知っているでしょうか?

 

名前からして、

『海外から来る難民に関する法律』

と考える人も多いと思います。

 

ですが、この法律は、

入国だけでなく、出国に関しても規定している

ものとなります。

 

正式名称は、

『出入国管理及び難民認定法』

というもので、これを見れば、法律の内容が想像しやすいと思います。

今まで、幾度となく改正されてきた法律

入管難民法は、

『今までにも改正が行われてきた法律』

となります。

 

これまでに、合計で、

『8回』

改正されています。

 

この間に、

『外国人の在留資格の緩和』

などが、主な改正案の骨子として行われてきました。

 

入管難民法改正案のポイントを、分かりやすく解説

入管難民法改正案 解説

現在、行われている入管難民法改正案の審議の骨子は、

『労働者不足対策』

が目的とされているようです。

 

各業界での、

人手不足の深刻化

については、誰もが知るところでしょう。

 

この対策として、

『外国人労働者のさらなる増加』

を狙っていると考えられています。

在留資格に関しての議論が白熱している

改正案の中でも、特に注目されているのが、

『在留資格』

になります。

 

今回、新たに新設される在留資格は、

  • 特定技能1号
  • 特定技能2号

というものがあります。

 

それぞれの資格内容を見てみると、

特定技能1号

条件:一定の日本語力や技能

在留期限:通算5年

家族の帯同:できない

受け入れ分野:人手不足の14業種を想定している

特定技能2号

条件:熟練した技能

在留期限:条件を満たせば、更新可能

家族の帯同:できる

受け入れ分野:人手不足の14業種を想定している

となっています。

 

特定技能1号は、特に気にすること内容ではありませんが、問題は、

特定技能2号

となります。

 

まずは、

『熟練した技能』

という点が論点になります。

 

特定の技能に精通した人を登用する形になっていますが、

どれだけの技能が必要なのか

については、現時点では分かりません。

 

今後、何らかの技能検定や講習制度が出来ると予想されますが、

『あまりにも緩い審査』

になってしまうと、それだけ甘い制度になってしまう可能性もあります。

 

そして、1番の争点になると思われるのが、

更新期限が、条件を満たせば更新可能

となっている点は、しっかりと制度を決めていかなければならないでしょう。

 

更新期限が、条件付きとはいえ、

『更新可能』

になっているという点は、移民政策に通じることになる可能性があります。

 

現時点では、

更新可能な期間がどれくらいになるのか

分かりません。

 

ですが、これがもし、

『永続的に更新が出来るようになる』

とされれば、いつまでも日本に滞在できるということになります。

 

この点を懸念して、周囲からは、

実質、移民を認めたのと同じ

ということを、言われている状況になっています。

 

これに対して、安倍総理は、

  • 移民政策ではない
  • 人手不足が深刻な業種に限って、即戦力の人材を期限付きで受け入れるもの

との回答を行っています。

 

細かい制度が決まらなければ、どうなるかはわかりませんが、

『今回の改正案では問題がなくても、それ以降でさらに緩和される』

との懸念もあるので、なかなか手放しに認められることはないでしょう。

 

在留資格と移民政策の違いは、はっきりさせないといけない

在留資格 移民政策 はっきりさせる

入管難民法改正案を話し合う上で、重要になってくることは、やはり、

『在留資格と移民政策を同じ意味にしてはいけない』

ということでしょう。

 

移民政策とは、

労働者・一般人に限らず、自国で受け入れる

という側面が強いものです。

 

それに比べて、入管難民法で定める在留資格は、

『期限付きで、日本における活動の権利を与える』

ものです。

中には、永住権を得られるものがありますが、法務大臣の許可を貰わなければなりません。

 

移民政策に関しては、ドイツなどで、

『国内情勢の悪化』

を招いている例もあるため、日本が二の舞になるわけにはいきません。

 

かといって、外国人を全く受け入れないとはいかないので、

『入管難民法』

というものが、重要になってくるのです。

 

今後も、移民政策にならないように、

上手く法律を進めていくための議論

が続いていくことでしょう。

 

移民政策は、一歩間違えると、

日本国内の情勢を一気に悪化させる可能性がある

ものです。

文化の違いや、言語の違いは、簡単に乗り越えられるものではありません。

 

しっかりと、さじ加減を考えながら、

『在留外国人と、上手く付き合う』

ようにしていかなければならないでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『入管難民法改正案の内容をわかりやすく解説!移民政策との違いとは?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『入管難民法における在留資格と、移民政策は分けて考える必要がある』

ということが言えるでしょう。

 

困っている人を、自国に移民させるというのは、

『心情的に、同意できる』

ものではあります。

 

ですが、不用意に受け入れを許可すれば、

受け入れを認めた国の負担が大きくなりすぎる

というデメリットもあるのです。

 

また、移民者が、言語や文化の違いに適応するには、

『かなりの時間がかかる』

ことになります。

その間に、国内情勢は、

『少なからず悪化する可能性』

もあります。

 

在留と移民の意味合いをしっかりと分けて、

上手く、外国との交流を行っていく

ために、入管難民法改正案の話し合いをしていかなければならないでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.