お金 時事

韓国の株価が暴落した原因をチェック!下落による日本への影響は?

投稿日:

韓国 株価

韓国の株価が、現在、

『暴落し続けている』

ことを、知っているでしょうか?

 

以前から、韓国の株価は下がっていると言われてきましたが、ここにきて、

『KOSPI(韓国総合株価指数)』

が、基準点の2,000を下回ってきています。

 

韓国国内でも、株価暴落に対する不満が出ていますが、

『韓国政府が動くような気配はない』

というのが現状です。

 

そこで、今回は、

『株価が暴落した原因とは何か』

について、紹介していきます。

韓国で、現在何が起こっているか気になる人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

韓国の株価暴落の原因は、米中貿易戦争が原因?

韓国の株価暴落の背景には、

『米中貿易戦争』

が関係していると言われています。

 

現在、トランプ大統領が率いるアメリカは、中国の輸入品に対する、

『追加関税』

をかけている状態です。

 

また、中国側も、アメリカからの輸入品に対して、

『追加関税』

をかけているのです。

 

これにより、アメリカと中国は、

『お互いに関税を掛け合っている』

状態であり、その余波で、韓国の経済状況が悪化しているのです。

 

韓国に、どんな影響が及んでいるかというと、主に、

『輸出産業』

になります。

 

韓国の輸出産業は、ほとんどが、

『中国に依存している状態』

となっているのは、ニュースなどでも良く言われていることです。

 

中国がアメリカの追加関税を受け続けると、それだけ、

『中国経済の成長が、停滞する』

ことになります。

 

中国経済が停滞すると、中国に輸出している韓国の輸出産業も、

芋づる式に停滞する

ことになり、韓国経済にまで影響を与えることになるということです。

 

韓国の株価が下落し続けるのは、信用問題が関係している?

韓国の株価が下落し続けているのは、米中貿易戦争が原因の1つだと紹介しました。

ですが、

『本当の原因は、韓国経済そのものにもある』

ということが言えるでしょう。

 

現在の韓国は、

自国の産業をほとんど持っていない国

となっています。

 

一見、技術があるように見えるのも、

『他国の技術を流用したものに過ぎない』

というのが、世界から見た韓国の印象です。

 

電子事業では、

『サムスン』

が、韓国の国内総生産の約2割を占めていますが、他の事業はほとんど出てきません。

 

中には、

サムスンが危うくなれば、韓国が危うくなる

とも言われています。

 

それだけ、韓国がサムスン一社に頼っている背景があるのですが、これは、

『大変危険な状態でもある』

ということが言えます。

 

一般的に、国の総生産の約2割を、

『たった一社が占めている』

状況は、異常だと言わざるを得ないのです。

 

国の産業は、

『国ごとの独自産業があって、それぞれが生産量を支える』

ことが普通です。

 

国ごとの産業の違いが出て、それぞれに特徴があるのは、

独自の産業を生み出している

からに、他なりません。

 

その点、韓国の主要な産業と言えば、

『半導体・鉄鋼・車・造船』

などと言えますが、これも韓国経済を押し上げる決定打にはなっていません。

 

他にも様々な要因がありますが、韓国経済の先行きが不透明なこともあり、

海外からの信用が下がっている

というのが現状であり、それが株価下落に繋がっていると言われています。

 

韓国の株価下落における、日本への影響はあるのか?

韓国 株価暴落 日本への影響

韓国の株価下落の理由は、海外からの信用が低下しているところまで紹介しました。

それでは、韓国の株価下落における、

『日本への影響』

は、どれくらいあるのかについて紹介していきます。

 

輸出産業に、影響が出てくる

韓国の株価が下がるということは、

韓国経済が停滞する

ことを指します。

 

それに伴い、

『日本から韓国への輸出産業』

も、同時に滞ることになるでしょう。

 

日本は、韓国に対して、

『資源の輸出』

を主に行っています。

 

韓国は、自国の資源調達量が少ないので、少なからず、

『日本や各国からの輸入で賄っている状態』

なのです。

 

特に、韓国の主要産業を担っている、

『半導体の半加工品』

などは、日本からの輸入に頼っているものになります。

 

ですが、韓国の株価が下落すると、取引の際、

日本の輸出に対する利益も下がる

ことになります。

 

日本は、韓国に対して、

『それなり多くのものを輸出している』

国でもあります。

石油なども、日本から韓国へ輸出していることが多いです。

 

それらの輸出による利益が、確保できなくなると考えれば、

『日本にとって、不利な貿易になる』

ということも言えます。

 

ですが、日本の貿易相手国には、

『アメリカ合衆国』

があります。

 

韓国との貿易規模に比べると、かなり違うので、

韓国の株価が下落しても、そこまで深刻な問題にはならない

と言えるでしょう。

 

むしろ、日本からの輸入がなくなれば、

『半導体や電子機器を主とするサムスン』

などは、経営が苦しくなるため、韓国側としても得にはならないでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『韓国の株価が暴落した原因をチェック!下落による日本への影響は?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『韓国の株価暴落の原因は、韓国経済への不信が根本原因である』

ということが言えるでしょう。

 

韓国経済は、現在かなりの苦境に立たされており、

『世界の国々が、疑念を抱いている』

という状況になっています。

 

これにより、韓国の株が売却され、

株価指数が、これからも暴落していく

と考えられています。

 

ニュースでは、韓国は、

『北朝鮮との国交回復』

が、主な話題になっています。

 

ですが、その前に、

韓国経済を立て直す算段

をつけなければならないという見方が強いです。

 

手遅れになる前に、韓国は今一度、

『経済の立て直し』

について、考えなければならないのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.