時事

ライオン・エア新型飛行機の墜落原因をチェック!日本製部品を使用?

投稿日:

ライオン・エア 墜落

仕事の移動などで、

『格安飛行機に乗る』

という人は、それなりにいるのではないでしょうか?

 

普通の飛行機よりも、かなり安くて済むので、

『節約目的で乗る』

人も多いと思います。

 

ですが、安いものというのは、どんなものにしても、

信頼性に欠ける

ときがありませんか?

 

格安飛行機も、例に漏れず、

  • 座席が狭い
  • トラブルが起きやすい

など、様々な問題があると思います。

 

そして、最近のニュースで話題になっているのが、

『格安航空ライオン・エアの、新型飛行機墜落事故』

です。

 

最新の飛行機であったにも関わらず、

『インドネシア沖に墜落』

することになってしまった飛行機に、一体何があったのか?

今回は、その理由について紹介していきます。

よく格安飛行機に乗る人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

ライオン・エアの飛行機は、新型機として運行され始めたばかり

今回、話題になっている飛行機の正式名称は、

『Boeing 737-8-MAX・PK-LQP』

というものです。

 

Boeing、つまり、

ボーイング

ですが、この名称は、1度は聞いたことのある人もいるのではないでしょうか?

 

アメリカにある、世界最大の、

『航空宇宙機器開発製造会社』

になります。

 

飛行機だけでなく、

  • 軍用機
  • ミサイル
  • 宇宙船
  • 宇宙機器

など、空と宇宙に関するものであれば、なんでも作っている会社です。

 

ヨーロッパにある、

『エアバス』

という会社と、世界市場を二分している、言わずと知れた大企業でもあります。

 

そんな企業が、2018年8月に新しく開発した機体が、今回の墜落事故を起こした、

『Boeing 737-8-MAX・PK-LQP』

となるのです。

 

そもそも、飛行機が墜落する原因とは何か?

ライオン・エア 墜落 原因

新型機であるにも関わらず墜落してしまった、今回の事故ですが、

そもそも、飛行機が墜落する原因とは何か

ということを考えれば、少しは原因を予想することが出来るようになります。

 

飛行機の墜落原因としては、

  • 操縦ミス
  • 整備不良
  • 天候不良
  • 技術不足
  • 原因不明

などがあります。

操縦ミスは、最も多い墜落原因

飛行機が墜落する過程で、最も多いのが、

『操縦ミス』

となります。

 

飛行機の操縦に関しては、今では、

自動操縦

が主な操作方法になっています。

 

離着陸のときだけ、操縦士がタイミングを見て行うのですが、このときに、

操縦ミスが出てしまう

ことがあります。

 

また、自動操縦に切り替えたつもりが、

いつの間にか手動に切り替わっていた

という事例もあり、結局気付いたときには手遅れだったこともあるのです。

 

いくら技術が進歩しても、実際に使うのは、

『操縦士である人間』

なので、油断をすれば大事故に繋がってしまうということですね。

整備不良も、墜落の原因になり得る

飛行機が正常に飛ぶためには、

『事前の整備』

が重要になってきます。

 

実際、整備不良で、

  • エンジンが止まる
  • 機材が反応しない
  • 着陸する際に使う車輪が出ない

などの不具合が発生し、大事故に繋がった場合は多くあるのです。

 

操縦士の機転により、事なきを得ることもありますが、基本的に、

飛行中にトラブルが起きれば、大事故になる可能性が高い

ということです。

天候不良も原因の1つ

天候不良による、墜落事故も少なからず起きています。

普通、天候不良が予想される場合は、

『飛行自体が中止になる』

ことが多いのですが、たまに、そのまま飛んでいることもあります。

 

これにより、飛行機に不測の事態が発生することもあるため、

天候を確認することは、飛行する上でかなり重要なこと

になってくるのです。

急な天候変化にも対応できるように、

常に備えておく

ようにしなければ、飛行機は飛ばせないということです。

機体を製造する過程の技術不足

新しい飛行機が、年々開発されていますが、実のところ、

飛行機がなぜ飛ぶのかは、完全に解明されていない

のが、現状なのです。

 

それでも飛行機を飛ばせるのは、

『理屈は完全には分からないが、飛ばすことが出来る』

からなのです。

 

その為、常に新しい技術を導入しつつ、

『より安全に、飛行機を飛ばせる技術』

を模索している最中とも言えます。

 

ですが、技術の発展には、

必ずと言ってよいほど、犠牲が付きまとう

ことは、飛行機以外の技術を見ていてもわかることでしょう。

 

特に、飛行機は空を飛ぶので、

『人が乗っているときに、トラブルが起こると助からない』

ということも、往々にして起こります。

 

最近では、かなり死亡事故も減っていますが、それでも、

本番での飛行による事故

も少なからず発生しています。

 

今回の、

『Boeing 737-8-MAX・PK-LQP』

に関しても、その1つと言えるでしょう。

原因不明の場合もある

先程、

『飛行機の飛ぶ原理は、完全には解明されていない』

というふうに紹介しました。

 

その為、飛行機が墜落する原因が、

全く分からない

ということも、よくあるのです。

 

後々になって、

  • 人為的な事故
  • 機材トラブル
  • 天候による事故

などの原因が判明することもありますが、

『全く原因が分からない』

場合は、対策のしようがないこともあります。

 

人類が空を飛び始めてから、

約100年程度

しか経っていません。

 

まだまだ分かっていないことが多いのが現状なので、これからも、

何かしらの事故が起こる可能性

は、多いに有り得ることとなるでしょう。

 

ライオン・エアの飛行機には、日本製の部品が使われていた?

ライオン・エア 飛行機 日本製の部品

今回、インドネシア沖で墜落事故を起こした、

『Boeing 737-8-MAX・PK-LQP』

という飛行機は、先程紹介したボーイングが開発しています。

 

そして、この新型機には、

日本製の部品が使われていた

と言われているのです。

 

詳細は、まだ判明していませんが、日本の航空技術がボーイングに使われているのは、

『かなり前からの事実』

となっています。

 

特に多いとされているのは、

『B787』

と呼ばれる機体であり、主に胴体や翼に使われているそうです。

 

今回の墜落事故が、どうやって起こってしまったのかは、はっきりとは分かりませんが、

日本の責任

を問われる可能性も否定できないでしょう。

 

飛行機の墜落原因は、機体や、その日の天候を調べれば分かる

今回の、飛行機墜落事故は、

『墜落が確認されている』

と、ニュースで流れています。

 

その為、墜落原因は、

  • 機体を調べる
  • 飛行していた時の天候を調べる

などで、概ね判明すると思われます。

 

当時、飛行機には、

『189人』

の搭乗者が確認されていたそうです。

 

生存者がどれくらいいるのかはわかりませんが、

『原因究明に全力を挙げて欲しい』

と願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『ライオン・エア新型飛行機の墜落原因をチェック!日本製部品を使用?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『新型飛行機であっても、墜落するということを肝に銘じておかなければならない』

ということが言えるでしょう。

 

冒頭で紹介したように、今回墜落した飛行機は、

運航開始から、2か月しか経っていない新型飛行機

だったのです。

 

そんな飛行機が墜落する原因としては、

  • 操縦ミス
  • 整備不良
  • 天候不良

のうち、どれかが原因と考えるのが一般的です。

 

部品自体は、

『まだまだ新品』

なので、他でミスがあったというのが濃厚でしょう。

何にしても、早めの原因究明を期待したいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.