著名人

安田純平は身代金ビジネス目的で拘束の可能性!全ては自作自演の嘘?

投稿日:

シリアの過激派集団『ヌスラ戦線』に拘束されていたフリージャーナリスト・安田純平さんが2018年10月23日に解放されたという驚きのニュースが入ってきました!

安田純平さんは、2015年にシリアに渡航。

ただ、この時期のシリアはとても危険で、もともと日本政府は渡航を許可していませんでした。

しかし、彼は日本政府の制止を振り切って渡航したんですよね。

そして安田純平さんは、3年4ヶ月もの間、シリアの『ヌスラ戦線』という過激派組織に拘束されることになってしまいました。

長い間拘束されていた彼ですが、突然解放されたのは、身代金が支払われたからということ。

しかし噂では、安田純平さんは、その身代金ビジネスを目的として、

『拘束を自作自演していたのではないか』

と言われているのです!

なぜそのようなことを言われているのでしょうか?

これが本当のことなら、国を巻き込んだ大変なことです。

今回は、安田純平さんが身代金ビジネス目的の自作自演で拘束されていた件をチェックしてみましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

安田純平は身代金ビジネス目的で拘束は自作自演?

安田純平

安田純平

安田純平さんは、フリージャーナリストで過去にも危険な地域に入り、拘束をされたこともありました。

常に危険と隣合わせの仕事というわけです。

2015年には、日本政府の制止を振り切って、シリアに渡航した安田純平さん。

ここで、過激派集団『ヌスラ戦線』に拘束されたということでした。

日本政府は、安田純平さんの解放を目指し

  • カタール政府
  • トルコ政府

に協力要請。

『ヌスラ戦線』は、日本に対して身代金を要求していましたが、日本政府の考えは

『お金を払わない』

ということを徹底。

なぜなら、身代金としてお金を払ってしまうと、そのお金が彼らの活動資金となってしまうからです。

しかし、日本政府が身代金を払わなかったにも関わらず、安田純平さんは解放されることとなったんですね。

 

それはなぜか?

 

日本政府に変わって、カタール政府がヌスラ戦線に身代金を支払っていたのです。

その金額は、

3億4000万円

だったと言われています。

この身代金によって安田純平さんは、2018年10月23日に無事に解放されたわけです。

 

このように拘束された日本人が無事に日本に帰ってきたことで、お祝いムードになるかと思いきや、あまり喜ばしいムードにはなっていません。

安田純平さんが日本に帰ってきたことを

「無事でよかった!」

と言っている人たちも、もちろんたくさんいるのですが…。

中には

「日本政府の制止を振り切って行っているんだから自己責任だろう!」

という意見もあるのです。

とても厳しい意見ですね...。

そこには、もともと安田純平さんが日本政府を批判し続けていたことが関係しています。

それでも結果的に、彼は批判してきた日本政府に助けられたことになった今回の件で、多くの人々が怒りを感じているんですね。

 

そんな中、新たに

『シリアでの拘束自体が安田純平さんの自作自演だったのでは?』

という驚きの噂が流れているんです。

 

安田純平さんを拘束していたヌスラ戦線は現在、『タハリールアルシャーム機構(HTS)』と名称を変えて活動中。

その彼らが安田純平さんの解放に関してのコメントをしています。

そのコメントが

安田純平の拘束に関わってないし、解放されたニュースはテレビを見て初めて知った

という驚きの内容のコメントだったのです!

今になって拘束したと報じられているヌスラ戦線(HTS)が

安田純平氏の拘束に関与していない

ということを発表するとはどういうことなのでしょうか?

 

まず、報道が本当ならば、ヌスラ戦線(HTS)は、カタール政府からの身代金を受け取っているはずなんですよね。

しかし、安田純平さんを拘束していないとなれば、身代金を受け取るときにおかしいことに気が付くはずです。

ヌスラ戦線(HTS)としては、理由はどうであれ身代金をもらえるならそれでいいと考えたのでしょうか。

ただ、もしそうなら、わざわざ『安田純平さんを拘束していなかった』という話をする必要もないかと思います。

彼らは、何もせずにお金を受け取れることになるので、拘束していないと発表すること自体、意味のないことです。

こうしたことから、わざわざコメントを発表するということは、

『ヌスラ戦線(HTS)は、実際は身代金を受け取っていないのか?』

とも考えられます。

ヌスラ戦線(HTS)は安田純平さんを拘束していない、身代金を受け取っていないとなると、

『勝手に自分たちの名前を使われて不快』

に思って、今回のコメントを発表した可能性があります。

そうなると、はたして身代金はどこへ消えたのでしょうか?

また、別の組織にお金が流れていったのでしょうか…?

謎は深まるばかりです...。

しかし、現在は疑惑の段階なので、これから捜査によって真相が明らかになるかもしれません。

安田純平さんは、今後、

話せる範囲の話をする

ということです。

『話せる範囲』という表現が、また意味深です。

今後どのような話が出てくるのか注目していきたいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、安田純平さんの『ヌスラ戦線(HTS)』の拘束は、身代金ビジネス目的の自作自演だった件をチェックしてみました。

 

安田純平さんは、

2015年から3年4ヶ月ヌスラ戦線(HTS)に拘束されていた』

ということでしたが、拘束していたとされる『ヌスラ戦線(HTS)』が

安田純平さんの拘束に関与していない

という驚きの発表をしたことで

安田純平さんの自作自演だったのではないか

と言われているのです。

 

今後、安田純平さんが拘束中の様子を話す機会が多くあるでしょう。

現在は疑惑だらけですが、今後真実・真相が語られることを願うばかりです。

このままでは、日本で生きていくのも大変そうに見えますね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.