生活

クレーマーを訴える方法をチェック!暴言を録音しておくと裁判で有利?

更新日:

クレーマー 訴える

クレーマーに悩まされている人は、世の中にかなりいるのではないでしょうか?

接客業などは、特にその傾向が強い印象があります。

ですが、

『クレーマーに悩まされているだけ』

では、いつまでも状況は変わりません。

不当なクレームには、断固として戦うべきなのです。

 

そうでないと、最悪、

自分の生活を壊されてしまう

ことにも、なりかねません。

 

そこで、今回は、

『クレーマーを訴える方法』

について、紹介していきます。

 

断固として戦う姿勢を見せなければ、現状は変わらないので、

『クレーマーを撃退して、現状を変えたい』

と考えている人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

クレーマーを訴える方法や状況はよくある

クレームをつけてくる人は、

『どうしてクレームをつけるのか』

ということを、考えたことがあるでしょうか?

 

他人に暴言を吐く人などには、概ね当てはまるのですが、

相手を、自分よりも下の存在と認識しているから

なのです。

 

人を含む動物は、基本的に、

『自分より強いものには反抗しない』

生き物です。

 

そこに付け入り、相手は自分の方が上だと判断し、

『強気な態度で迫ってくる』

のです。

 

ですが、人と他の動物の違う点は、

法律によって、やって良いことと悪いことが決まっている

ことなので、一見して強そうに見える人とも、十分に戦うことができます。

クレーマーが、店で暴言を吐いてきた場合

クレーマーから暴言を吐かれるという経験を、1度はしたことのある人も多いでしょう。

お店の店員さんは、

『言い返したら、さらに大きな問題になる』

と考え、最初は穏便に済まそうとします。

 

ですが、あまりにも酷い暴言を吐かれた場合、

法的措置を取ることも出来る

ということを覚えておいてください。

 

主な罪としては、

  • 業務執行妨害罪
  • 不退去罪
  • 恐喝罪

などがあります。

 

威圧的に説教をして、暴言を吐き、業務の妨げになる場合は、

『業務執行妨害罪』

が適用されることがあります。

 

また、繰り返し何度も暴言を吐いて、店から出て行かない場合は、

『不退去罪』

が適用されることがあります。

 

さらに酷くなると、暴言を吐いたあげく、店の商品を勝手に持ち出すこともあり、これは、

『恐喝罪』

に問われることになるでしょう。

何かの行為を強要された場合

クレーマーが、対応していた相手に対し、

『何かを強要すること』

に関しても、法律で戦うことができます。

 

例えば、注文した商品に、何も問題がない場合でも、

『思っていたものと違う』

など、明らかに理不尽なクレームをつけてきた人がいるとします。

 

商品を製造した業者は、その人の家にまで出向き、

『誠心誠意の謝罪』

をしました。

 

それを見たクレーマーが、

「ただ頭を下げるだけでは納得がいかない」

と言って、担当者に土下座をするように指示します。

 

このとき、商品の不備を謝罪させるだけならまだしも、土下座までさせるのは、

明らかな違法行為

となってしまいます。

 

ここで断っても、一向に構わないのですが、クレーマーが、

「土下座しなければ、悪評をネットで流す」

など、業務妨害をすると脅してきた場合、なかなか断れなくなりますよね?

 

会社を守りたいと思うのは、従業員なら当然のことなので、

『やむなく土下座をしてしまう』

ケースが多いのです。

 

この場合、クレーマーは味を占めて、

さらに無茶な要求をしてくる

場合が多いですが、ここまできたら、

『裁判で、十分に勝負することができる』

状態になります。

 

ここで1つ、注意しておくこととして、

相手との会話を録音しておく

ことがあります。

 

裁判の基本は、

『物的証拠があるかないか』

です。

 

いくら相手が違法行為をしていても、それを証明する証拠がなければ、

『違法行為が本当にあったかどうか』

を判断できなくなってしまいます。

 

逆に、証拠さえしっかり揃えておけば、

相手は言い逃れができない

ということなのです。

 

日頃から、クレーム対応をよくしている人は、

『自分と会社を守るため』

にも、ボイスレコーダーを常備しておきましょう。

 

相手の言動を録音しておけば裁判で使える

クレーマー 録音

クレーマーと、法律で戦う方法を紹介しました。

ここで、疑問に思うこととして、

『相手の言動を、勝手に録音していいのか』

ということがあると思います。

 

確かに、相手の言動を了承なくして録音することは、

『違法行為』

と思っても、仕方ないかもしれません。

 

ですが、ここで重要になってくるのは、

当時者かどうか

なのです。

 

クレーム対応の際、相手と自分だけの会話なら、

『両方が当時者』

となります。

 

このとき、相手が、

『不当なクレームをつけてくる可能性がある』

と判断した場合、相手の了承を得ずに録音しても大丈夫です。

これは、

実際の裁判でも認められている事例

となっています。

 

注意点として、録音した音声を、

『目的以外のことで使う』

場合などは、録音した本人が罪に問われることもあります。

 

また、

第三者が勝手に録音した音声

に関しても、当事者同士ではないため、証拠能力が認められない場合があるので注意してください。

 

クレームが多い職場で働く人は、もしもの時のために、

『ボイスレコーダーを常備しておく』

ことをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『クレーマーを訴える方法をチェック!暴言を録音しておくと裁判で有利?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『当事者同士の話では、クレーマーに秘密で録音しても大丈夫』

ということが言えるでしょう。

 

クレーマーの数は、近年かなり増加していると言われており、

『悪質なクレームから、自分の身を守る』

ことは、すでに必須となっています。

 

日本は法治国家なので、

『法律と証拠』

があれば、どんな状況でも戦うことができるのです。

 

自分の身を守れるのは、自分だけであり、

『不当な行為には、徹底的に抗議する』

ことが重要になってきます。

それが、あなた自身と周囲の生活を守ることにも繋がってくるのです。

平穏な生活を守るためにも、悪質なクレームには、断固として立ち向かっていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.