みんなが気になるニュース

My News23

野球

阪神のドラフト2018結果!指名選手を一覧チェック【今年も失敗か】

投稿日:

阪神の2018年のドラフト会議は、相変わらずというべきか、ファンからも酷評でしたね。

くじ運がなく、2度もくじ引きで負けてしまったのが大きいですが、問題はその後です。

阪神の意図は、よくわかるドラフト指名だったんですが、近年の阪神はなぜかドラフトの指名順位が、一巡ズレているような指名をするんです。

「もう1位低くても取れるだろ…」

というような選手を指名してしまうので、こうも批判されてしまうわけですね。

そんな阪神の2018年のドラフト会議で指名した選手たちを紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

阪神のドラフト2018!相変わらずくじ運に恵まれず…

阪神の2018年のドラフト会議は、またもや残念な結果に終わりました。

どんな選手を指名したのか、一覧にしてみます。

阪神のドラフト会議2018結果

1位 近本光司(大阪ガス)

2位 小幡竜平(延岡学園高)

3位 木浪聖也(Honda)

4位 齋藤友貴哉(Honda)

5位 川原陸(創成館高)

6位 湯浅京己(富山GRNサンダーバーズ)

阪神の育成ドラフト会議2018結果

1位 片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)

余りにも酷いといわれるのも、納得してしまうメンツですよね。

阪神はウィークポイントの外野手が1人だけ、そして若い捕手を獲りたいといっていたのに指名したのは育成での1名のみ…。

なぜか育ってきていたりレギュラー候補だったりする若手がたくさんいる内野手を、2位3位と指名しているんですよね。

2位で高卒の小幡選手を指名したのはいいと思うんですが、その後に即戦力系を指名する必要があったかと言われると謎が残ります。

また、どうも2位以降は順位を1つずつ落としても指名できたのではないかというようなメンツになっています。

ウェーバー制度の強みを全く活かさなかったドラフトになったのかなと感じます。

一方、投手は齋藤友貴哉投手を4位で指名できたのは儲けもの。

5位の川原陸投手の指名もなかなか良かったのではないかと思います。

 

決して阪神は本当に必要なところがわかっていなかったわけではないでしょう。

擁護ポイントを挙げるとすれば、ドラフト1位指名の順番からもわかるとおり、今の阪神が一番補強すべきポイントとして、

高齢化し、若手も育っていない外野手

ここが何よりも真っ先に補強しなければいけないポイントでした。

そういう意味で、将来有望な藤原恭大選手や辰巳涼介選手を指名したのですが、相変わらずのくじ運の悪さを発揮してしまい、

  1. 藤原恭大選手→くじで外れ
  2. 辰巳涼介選手→くじで外れ

と負けに負けまくってしまったのです。

阪神のドラフトはくじ運に恵まれず、本命だけでなく外れ1位やその先まで、とことん外しまくる印象があります。

くじを外してしまった時点で当初の計画は崩れてしまったため、仕方ないとも言えるでしょう。

とはいえ、1位で指名するほどの選手ではない人を指名したのは、阪神のドラフトの下手さが如実に表れた気がしますが。

それが矢野政権になっても変わらなかったので、もう阪神は監督がくじを引くのはやめた方がいいかもしれませんね。

 

また、2位以降も擁護するのなら、憶測でしかないですが、本当は2位で捕手の太田光選手を狙っていたのかもしれません。

それを楽天に先手を取られてしまったことで、指名できず、ならばと次世代の内野手候補の小幡選手を選んだ可能性は十分考えられます。

最後に1つ言うならば、阪神は2018年のドラフトが、

「下手、最悪、失敗」

と言われていますが、逆に言えば、「最悪」と言われた2016年の阪神のドラフトを思い出してみると…。

この年は大社出身ばかりを集めたドラフトでしたが、1位大山、2位小野、4位糸原という指名が2018年の阪神の戦力に大きく影響しましたよね。

そして大社ではなく高卒ですが、3位の才木投手も頭角を現してきています。

なので、そこまで悲観的になることでもないと思いますよ。

まぁ、それにしてもドラフト下手なのはやはり変わらないというか、どうも指名順位を毎年見誤っている感は否めませんが…。

筆者が阪神の2018年のドラフト会議を評価するなら…

最悪とまではいかないが、イマイチ

かなぁと思った次第です。

 

阪神のドラフト指名選手を紹介

阪神が、2018年のドラフトで指名したのはどんな選手なのか?

簡単な選手の特徴を紹介します。

阪神のドラフト指名選手1 近本光司(大阪ガス)

阪神が、外しに外した結果指名したのは、東京ガスの近本光司選手でした。

近本光司選手は、身長170センチと小柄な外野手で、2018年の都市対抗野球では、首位打者、そして橋戸賞(いわゆるMVP)を獲得する活躍を見せました。

最大の特徴はその走力で、50メートル5.8秒、一塁到達3.9秒という俊足の持ち主。

選手タイプは俊足巧打で、阪神ファンに一番わかりやすい例えを出すなら、赤星憲広さんのような選手ということですね。

ただまぁ、何度も言っていることですが、わざわざ1位にする必要はなかったような気がしますね。

確かにウェーバー順では先に楽天が指名をおこないますが、楽天が辰巳涼介選手を指名できたことで、おそらく似たような、しかも大卒に比べて寿命の短い社会人選手を2位指名するとは思えませんし…。

2位でも指名できたと思いますが、まぁ、藤原→辰巳→近本と来ていたので、どうしても外野手がほしかったという軸がぶれなかったことは、いいことだと思います。

順位だけでイマイチに思われている感がありますが、社会人ナンバーワンの実力があることは間違いないですし。

期待していい選手だと思います!

阪神のドラフト指名選手2 小幡竜平(延岡学園高)

阪神がドラフト2位で指名した小幡竜平選手は、走攻守三拍子そろったショートです。

高卒ショートとしては、根尾・小園といったドラフト1位クラスと比べるとワンランク落ちるものの、次点筆頭というくらいにはとてもよい素材型選手なんですよ。

広角に打てるバッティング、そして守備は遠投115メートルの強肩を活かしたスローイングが持ち味です。

ただ、3位の木浪選手にしてもそうですが、わざわざショートを乱獲する必要があったのかというと疑問が残ります。

現在のショート争いは、鳥谷、糸原、植田、北條、森越と実に多い中で、さらにショートを乱獲というのは意味がわかりませんよね。

まぁ、鳥谷選手は寿命がよくてあと1、2年、糸原選手はセカンドでOKなので、確かに現在ショートが不在になるんですが…

とはいえ高校生野手なので、育てるつもりで獲得したのだと思います。

次世代のショート候補として頑張ってほしいところです。

阪神のドラフト指名選手3 木浪聖也(Honda)

ドラフト2位でショートの小幡選手を獲得しておきながら、さらに阪神は3位でもショートを獲得しました。

それが、木浪聖也選手です。

選手としてはユーティリティプレーヤーで、とくに守備は捕球からスローイングが早く、セカンド、ショート、サードと守れるのが評価点。

実践向きな選手で、タイプとしては現在まさに飛躍中の糸原選手にかなり近いタイプと言えます。

ショートのほかにサードやセカンドを守れるあたりも糸原選手と被りますね。

即戦力ショートとして、2019年の阪神では、糸原・木浪の二遊間を見ることができるかもしれません!

阪神のドラフト指名選手4 齋藤友貴哉(Honda)

阪神はかなりいい選手を4位で指名できましたね。

阪神のドラフト指名のメンツだと、1位でも見劣りしないような選手ですし、ドラフト全体でも2位までに消えておかしくなかったくらいの選手ですから。

それが、齋藤友貴哉投手です。

Hondaの齋藤友貴哉投手は、184センチ91キロというがっしりした体格が特徴なパワーピッチャー。

社会人入団後にコントロールが改善され、一気にドラフト上位候補となった選手です。

最速153キロのストレートを軸に、スライダーやスプリットで打者に的を絞らせないピッチングができます。

しかし、上がったとはいえまだ制球難なところ、そして一度崩れると立て直せないところなどがマイナス点となり、上位での指名がなかったものと思われます。

齋藤友貴哉投手の活躍は、阪神の2軍コーチの実力が試されるところです。

阪神のドラフト指名選手5 川原陸(創成館高)

阪神のドラフト5位指名は、創成館の川原陸投手。

川原陸投手は、身長181センチの左腕で、ストレートは最速141キロ。

踏み込んで重心低めに投じられるキレのあるストレートは素質十分で、球速以上の威力を感じさせます。

大学に行けば確実に成長するといわれる素材型なので、高卒で獲得した阪神が上手く育てられるかどうかで未来が大きく変わる投手と言えそうです。

高卒左腕としては、2018年の中だとかなりいい投手だと思いますよ。

阪神のドラフト指名選手6 湯浅京己(富山GRNサンダーバーズ)

阪神のドラフト6位指名は、独立リーグの湯浅京己投手でした。

高卒ルーキーながら独立リーグでは先発ローテに入り、富山の監督である元ヤクルト・伊藤智仁監督も、

最初にブルペンで見た時に、NPBに入れさせるために何とかしなければいけないと思った。

これは私の使命だと思っていた。

と太鼓判を押す投手です。

高校時代は成長痛によって出場できないという悔しさもあり、それをバネに飛躍を続け、ついには球速が150キロを突破。

しかしまだまだ粗が多く、ストレートの威力は十分ですが変化球はイマイチ、コントロールも散々で、独立リーグ1年目の成績は防御率5.12、四死球率は5.72と不安しか感じない数字でした。

投球回を1だけとはいえ被安打が上回っているのも、それだけピンチを背負いやすい証拠です。

まずはコントロールの改善、そして持ち球のスライダー、スプリットなどをさらに磨き、1つ大きな武器になる変化球にするのが課題かと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、阪神の2018年のドラフト会議の結果を紹介しました。

いい選手は揃っているのですが、多くの選手がもう1つ順位を落としても指名できていたような内容…。

阪神はくじ引きに失敗すると、指名順位を1つずつ繰り上げる法則でもあるのかと疑う内容でもあります。

それに、過去に最悪と言われた2016年のドラフトも、即戦力としてのスカウトの見る目はあったようで、2018年の主力メンバーは、2016年のドラフト指名した選手が多いです。

なので、2019年や2020年は、2018年のドラフト会議の大社出身選手に期待しましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.