野球

中日のドラフト2018結果!指名選手を一覧チェック【今年は大成功!】

投稿日:

2018年の中日のドラフト会議は、もう何と言えばいいのでしょうか…

100点満点と言えるあまりにも順調すぎる、やりたいように指名できたというような最高のドラフトだったと思います。

地元密着型かつウィークポイントを抑えた素晴らしい内容…。

スター候補の根尾昴選手を筆頭に、非常にいい逸材が揃いました。

当記事で、2018年のドラフト会議で中日が指名した選手を紹介したいと思います!

アドセンス

スポンサーリンク

中日のドラフト会議2018!1位で根尾昴を指名!

中日の2018年のドラフト会議は、まさに最高の結果で終わったと思います。

1位は根尾昴選手にすると早々に公言していた中日。

岐阜県出身で中日のジュニアに所属経験があり、スポーツ万能、何でもできるスーパースターともなれば、獲得に動かないわけがありませんよね。

そんな経緯もあって、与田新監督の最初の任務は、根尾昴選手をくじで引き当てることでした。

ドラフト会議が始まってみれば、根尾昴選手は4球団の競合に…。

一番最初にくじを引くことになった与田新監督には、

「絶対引き当てろ!」

という球団からのプレッシャー、その結果は…!?

 

見事、

ドラフト1位で根尾昴の指名に成功!

地元東海地方出身のスター候補との交渉権を獲得したのです。

いやぁ、本当に素晴らしいですね。

中日のジュニアでプレーし、テレビをつければ中日の試合があって見ていたという、中日と縁のあるスター候補…。

そんな根尾昴選手を指名できたのは最高でしたね。

これも全て、CBCが若狭敬一アナウンサーを幽閉した結果でしょう。

実はこのCBCの若狭敬一アナウンサー、ドラフト1位候補の選手の元へ取材に行くと、その選手は中日に指名されない、くじを外すという事例が5年続いていました。

そして2018年、ついにCBCは若狭敬一アナウンサーを外に出さず、幽閉することを決定。

これが勝利のカギだったと思います。

結果的に若狭敬一アナウンサーの外出禁止が大成功を招いてしまったので、もう永遠に若狭敬一アナウンサーが現地に出向くことはなく、今後のドラフトでも封印され続けるでしょうね。(笑

それはそうとして、2位以下も順風満帆としか言いようのない素晴らしいドラフト指名の内容で、これだけいいドラフトになれば、育成ドラフトに参加しなかったのも頷けるなと思いました。

 

中日のドラフト会議2018の指名選手一覧!

中日が2018年のドラフト会議で指名した選手を紹介します。

まず、一覧にすると以下の結果になりました。

中日のドラフト会議2018指名選手一覧

1位 根尾昂(大阪桐蔭)

2位 梅津晃大(東洋大)

3位 勝野昌慶(三菱重工名古屋)

4位 石橋康太(関東第一高)

5位 垣越建伸(山梨学院高)

6位 滝野要(大商大)

岐阜県ドラフトか?というくらい岐阜出身者が多いですね。

そして内容的には、文句のつけようのない、最高のドラフトだったと思います。

地元枠のスター、即戦力になる投手、不足している左腕、正捕手候補、将来を見据えた外野手候補…

欲しかった全ての要素を抑えています。

 

1人ずつ、詳しい選手情報を紹介していきますね。

中日のドラフト指名選手1 根尾昂(大阪桐蔭)

中日が1位指名したのは、根尾昴選手です。

以前紹介したことがあるので説明不要かと思いますが、

小学校の陸上100メートルで全国5位

中学校の頃はスキーのアルペン大回転で優勝

など運動神経抜群で、投手に内外野と二刀流も可能な野球界のスーパーマンです。

投げては150キロのストレートを中心とした本格派、打っては広角に打ち分け高校通算33発のパワーも魅力ですね。

何より、精神面が既に大人びている、高校生ながら全く隙のない選手というのが、根尾昴選手の特徴です。

本職はショートですが、投手をやるのか、セカンドにするのか、それとも京田選手をこんばーとさせるのか、はたまた二刀流か…。

中日は本人の意思を尊重するそうなので、根尾昴選手がどんな選手になるか楽しみですね。

中日のドラフト指名選手2 梅津晃大(東洋大)

中日がドラフト2位指名をしたのは、東洋大3本柱の1人、梅津晃大投手です。

梅津晃大投手は、実績自体はあまりありません。

大学も4年時にようやく初勝利を収めたというほどです。

しかし、東洋大3本柱の中では一番ポテンシャルを秘めていて、残り2人が完成形なら、梅津晃大投手はさらに伸びしろがあるという原石。

特徴は、身長187センチ体重90キロという恵まれた体格から振り下ろされる最速153キロのストレート。

そして体の柔らかさを上手くつかった綺麗なフォームで、大谷翔平投手のようにもなれると期待されています。

ドラフト1位候補だったので、梅津晃大投手を2位指名できたのは非常によかったですね。

中日のドラフト指名選手3 勝野昌慶(三菱重工名古屋)

中日が3位指名したのは、岐阜県出身の地元枠の本格派・勝野昌慶投手です。

勝野昌慶投手は高卒で社会人3年目の本格派右腕。

183センチ89キロというがっちりした体格からストレートは威力十分。

スタミナはやや足りないのですが、逆に言えば、リリーフとして使うとその力を最大限に発揮できますし、体力強化をすれば先発もこなせます。

ただ、この手のパワーピッチャー特有のコントロールの悪さが課題なので、それを何とかしないことには大成はしなさそう…。

投手王国再建に向けて、即戦力となる投手なので、勝野昌慶投手の成長に期待がかかります。

中日のドラフト指名選手4 石橋康太(関東第一)

中日の4位指名は、関東第一高校の石橋康太選手です。

3位で勝野昌慶投手が指名されたので、なら4位は石橋康太選手で確定だなと思っていました。

しかし、石橋康太選手を指名する可能性がありそうな阪神が先に指名したらどうしよう…と思っていたので、阪神が指名しなかったときは思わず「やった!」と言ってしまいましたね。

石橋康太選手は、高校ナンバーワン捕手と言われ、強肩強打のキャッチャーです。

高校通算57発のパワー、そして2塁送球1.9秒の強肩を持っていて素質十分の正捕手候補。

他にめぼしいキャッチャーがいないこともあり、2位~3位で消えるとも言われていたので、ここまで残っていたのが本当にラッキーでした。

しばらく不在な中日の正捕手候補として、新ヘッドの伊東勤コーチに鍛えてほしいですね!

5位 垣越建伸(山梨学院高)

中日の5位指名は、垣越建伸投手です。

垣越建伸投手は、地元岐阜県出身で、飛騨高山ボーイズ時代は根尾昴選手とチームメイト。

そして中日に馴染みのある名前である『けんしん』もポイントですね。

投手としての特徴は、184センチ96キロという大型左腕で、力のあるストレートやスライダーなどがあります。

注目はリリーフとして、15回を26奪三振という、驚異の奪三振率15.60の数字。

先発としても、そして不足しがちなリリーフ左腕としても成長が期待される有望株ですよ!

6位 滝野要(大商大)

中日が6位指名をしたのは、これまた東海地方の三重県出身の滝本要選手です。

滝本要選手は、184センチ75キロの外野手で、50メートル5.9秒の俊足、通算101安打の打撃力が魅力です。

ホームランを打つパワーは不足していますが、広角に長打を打てるで、決して非力と言うわけではなく地力は十分。

大島選手や平田選手といった外野の主力が引退となった時、次世代の外野手としての活躍に期待がかかります!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2018年の中日のドラフト会議は、完璧な出来でした。

中日ファンの筆者としても、100点満点の評価をしたいくらい充実していたと思います。

まさに『大成功』としか言いようのないドラフトで、将来有望な選手や2018年で最も注目される選手の指名にも成功…。

近年のドラフトは非常にいい結果が多いので、今の中日のスカウト陣は、かなり見る目があるのかもしれませんね。

2018年のドラフト指名選手が、数年後には大活躍することを祈っています!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.