アニメ 映画 漫画

がっこうぐらし実写映画のあらすじとキャストを紹介!評判は炎上?

投稿日:

最近話題の

“がっこうぐらし”

という漫画を知っていますか?

がっこうぐらしは、まんがタイムきららフォードで連載中の漫画です。

 

海法紀光さんが原作を担当し、千葉サドルさんが作画を担当で、現在は10巻まで刊行されています。

2015年からは、アニメもスタートしているこの作品。

なんと、

2018年秋公開予定の実写映画化が決定

しています。

賛否両論ある実写映画化ですが、今回はこの、がっこうぐらしの実写映画について紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

 “がっこうぐらし”実写化のあらすじ

 

ほのぼの学園ライフ

主な登場人物は、

  • ゆき(丈槍 由紀)
  • くるみ(恵飛須沢 胡桃)
  • りーさん(若狭 悠里)
  • みーくん(直樹 美紀)
  • めぐねえ(佐倉 慈)

の5人。

彼女たちが学校に寝泊まりしながら送る、ほのぼのとした日常を描いた作品です。

皆でパスタや非常食を美味しく食べたり、屋上菜園でプチトマトを育てて収穫したり、楽しそうな日常が続く内容となっています。

漂う不穏な気配

がっこうぐらし不穏な空気

がっこうぐらし不穏な空気

ほのぼの学園ライフの端々に、違和感を覚えるような描写が出てくるようになります。

  • 不穏なBGM
  • 高く積まれた机バリケード
  • 所々に出てくる影

そもそも、なぜ彼女たちは学校に寝泊まりするのか?

 

非常食を食べるシーンが多く出てきますが、非常食を食べる理由は?

不審点や疑問点が、多く出てきます。

恐ろしい事実が!

がっこうぐらしゾンビ

がっこうぐらしゾンビ

一見ほのぼのと生活する彼女たちでしたが…。

学校の外では、地獄絵図がひろがっていたのです!

 

がっこうぐらしの舞台、それは、ゾンビに囲まれた街に建つ学校

実はがっこうぐらしとは、

『学校に籠城しながらゾンビと戦う少女たちの、サバイバルホラー作品』

だったのです。

 

登場人物は、どの子も個性的な少女ばかり。

その少女を誰が演じるのか、気になるところですよね。

監督や実写版キャストを見ていきましょう。

 

実写化に関するメンバー

監督

柴田一成監督

柴田一成監督

本作品の監督は、リアル鬼ごっこも手がけた

柴田一成さん

が手がけることになりました。

 

柴田監督はメインキャストの選考に関して

お芝居のセンスがある人もたくさんいて迷いましたが、最終的には演技力に加えて、原作のイメージに合ったルックス、年齢や身長のバランスを考えて4名を選ばせて頂きました。

と答えています。

 

気になる実写化キャストは?

実写化キャストに大きく関わった人物がいます。

それはアイドルプロデューサーの秋元康さん

 

秋元さんは今回の実写化に伴い、

“究極のアイドルグループ”

を発足させるべくオーディション番組をスタートさせました。

 

その番組で選ばれたアイドルたちが、今回のキャストを担うことになったのです!

ゆき(丈槍由紀):長月翠(ながつきみどり)

長月翠

長月翠

愛称:みーたん

生年月日:2000年5月17日

出身地:愛媛県

身長:151cm

巡ヶ丘学院高校3年生で、天真爛漫な性格の主人公

学園生活部のムードメーカーとして、いつも明るく振る舞います。

しかし彼女には心に深い闇があり…。

明るさとその闇のギャップが大きいゆきを、長月さんはどう演じるのでしょう?

くるみ(恵飛須沢胡桃):阿部菜々実(あべななみ)

阿部菜々美

阿部菜々美

愛称:ななみん(なな)

生年月日:2002年5月17日

出身地:山形県

身長:168cm

巡ヶ丘学院高校3年生で、ゆきの親友です。

元気系少女で男っぽい性格で、シャベルを愛用します。

そんな元気キャラですが、いつもゆきを支えている存在としての演技が、求められます。

りーさん(若狭悠里):間島和奏(まじまわかな)

間島和奏

間島和奏

愛称:わかな・まじまじ

生年月日:2000年4月26日

出身地:北海道

身長:161cm

巡ヶ丘学院高校3年生で、学園生活部部長です。

しっかり者で料理・掃除を担当する家庭系女子。

学園生活部を仕切る存在で、皆に安心感を与えます。

しっかり者でいて、穏やかな彼女のキャラを掴んで、演じてほしいですね。

みーくん(直樹美紀):清原梨央(きよはらりお)

清原梨央

清原梨央

愛称:りーおん・チワワ・噛み

生年月日:2000年11月14日

出身地:愛媛県

身長:151cm

巡ヶ丘高校2年生で、他の少女たちの後輩にあたります。

ショッピングモールにいた、避難生活者の最後の生き残りでした。

メンバーの中では精神的に一番安定していて、頭脳を使って学園生活部のメンバーをフォローします。

異様な状況の中でも冷静さを失わないみーくんを、果たしてどう演じるのでしょうか。

 

メインキャストは、以上の4名の発表しかされていません。

今後発表されていくのでしょうか。

引き続き要チェックです!

 

がっこうぐらし実写映画版の気になる評判は?

原作漫画がある映画実写化となると、原作ファンの反応は気になるところですよね。

まだ、詳しい公開時期は公開されていませんが、早くもファンから反応があがっています。

ネットの声をみてみましょう。

原作ファンからは厳しい声が

ファンの声は否定的

ファンの声は否定的

なんと原作ファンの間では、批判が殺到しているようです…。

批判の声をまとめてみると

「誰も望んでない」

「金と時間の無駄」

「どうして2期じゃないんだよ」

といったものがあり、原作ファンとしては2次元創作として留めるからこそ、価値がある作品という認識のようです。

 

また監督が、柴田監督という点でもファンの不安を煽っている様子。

というのも、柴田監督はリアル鬼ごっこの監督・脚本を勤めましたが、その時に

原作は読んでいない。

タイトルの名前の響きのみでつくった。

と公言し、内容も原作とはかけ離れたものだった、という過去があります。

 

このことから原作ファンの間で、

『がっこうぐらしを、全く別物として作り変えられてしまうのではないか』

という不安が募っているようです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は人気漫画、アニメのがっこうぐらし実写映画化について紹介しました。

柴田監督の起用や、秋元康さんプロデュースのアイドルがメインキャストに抜擢されるなど、話題性充分ですね。

 

内容も話題性についていけるくらい、ファンを裏切らない内容であってほしいものです。

まだまだ不透明なところが多い今回の実写化。

今後の情報も要チェックですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ, 映画, 漫画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.