美容・健康

目のクマの消し方・取り方を紹介!メイクでごまかす方法もチェック

更新日:

疲れや老けて見える原因『クマ』

疲れや老けて見える原因『クマ』

メイク前の鏡に映る自分の顔を見て、黒いクマにガッカリする人は多いのではないでしょうか。

目の下に黒いクマがあると、

「疲れてる?顔色が悪いよ」

「なんだか老けたみたい」

こんな風に、思われてしまうかもしれません。

 

それは、目の下にクマがあるだけで、顔全体がくすんで疲れたよう見えてしまうからです。

必死にクマを隠そうとコンシーラーなどを塗っても、ヨレてしまったり、逆に目立ってしまう事もあるでしょう。

まい
目の下のクマを何とかしたい!

そう願う人は必見です!

 

クマができる原因別に、クマを改善して取る方法や、メイクでキレイに消す方法を紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

『青クマ』『茶クマ』『黒クマ』あなたのクマはどのタイプ?

目の下にできるクマには、3種類あることを知っていますか?

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

『青クマ』『茶クマ』『黒クマ』は、それぞれ原因が異なります

まずは、それぞれのクマができる原因を、確認していきましょう。

 

『青クマ』のできる原因

青クマは、

  • 血行不良
  • 疲れ
  • 寝不足
  • 栄養不足

などが原因のクマ。

 

血流が悪くなり、目の周りに滞っている毛細血管が透けて見えているため、青黒いクマとなります。

栄養状態や体調が大きく影響するため、日によって濃さが変化するのも特徴。

 

色素沈着やたるみなどではないので、比較的改善しやすく、メイクなどでも隠しやすいクマと言えるでしょう。

 

『茶クマ』のできる原因

茶クマは、色素沈着してしまった、シミのようなものです。

シミと同様、茶クマができる原因には、メラニンが大きく影響しています。

 

紫外線や、目をこするなどの刺激によってメラニンが過剰分泌してしまい、肌のターンオーバーで排出しきれずに色素沈着してしまうのです。

 

『黒クマ』のできる原因

黒クマは『たるみ』が主な原因です。

  • 眼球を支える筋力の衰え
  • 肌の乾燥やハリ不足

などにより目の下がたるみ、影ができて黒く見えるのが『黒クマ』の正体です。

 

加齢によるものが多いのですが、涙袋が大きかったり、目元がむくみやすい人は、若い人でも黒クマができる場合があります。

 

『クマのタイプ』簡単な見分け方

クマのタイプ見分け方

クマのタイプ見分け方

『青クマ』『茶クマ』『黒クマ』は、それぞれ原因が異なることが分かりました。

クマができる原因が異なれば、クマの改善方法も違います。

 

自分のクマがどのタイプなのか、しっかりと確認してみましょう。

クマのタイプを確認する方法

  1. 目の下の皮膚を軽く横に引っ張ってみる
  2. 上を向いた状態で鏡を見てみる

この2つを試してみましょう。

クマの色がどう変わったかで、クマの種類が分かります。

 

『青クマ』の場合

  1. 皮膚を横に引っ張る→クマの色が薄くなる
  2. 上を見る→クマの色に変化なし

青クマは、その日の体調によっても変化します。

『茶クマ』の場合

  1. 皮膚を横に引っ張る→クマの色に変化なし
  2. 上を見る→クマの色に変化なし

茶クマは、皮膚に色素沈着してしまったクマ。

だから、皮膚を動かしても、上を見ても、クマの色が変わらないのです。

『黒クマ』の場合

  1. 皮膚を横に引っ張る→クマの色が薄くなる
  2. 上を見る→クマの色が薄くなる

黒クマは、たるみをなくした状態にしてあげると、クマは薄くなります。

 

クマの改善方法!タイプ別クマの取り方を紹介

クマの改善方法は、クマのタイプによって異なります。

クマのタイプ別に、クマの取り方を確認してみましょう。

『青クマ』

血行不良が主な原因の『青クマ』は、血流を良くしてあげることで改善できます。

 

一番簡単で速効性のある方法は、

『温めて冷やす』

です。

 

温めて冷やすことを繰り返すことによって、血行がよくなり『クマの改善』につながります。

ここでは、簡単にできる『蒸しタオルを使った方法』を紹介しましょう。

  1. 濡らして絞ったタオルを、電子レンジで30秒ほど加熱する
  2. 広げて粗熱を取り、蒸しタオルをつくる
  3. 蒸しタオルを目の上にのせてじんわりと温める
  4. 冷たいタオルをのせて冷やす
  5. 温めて冷やすを繰り返す

朝の洗顔後、メイク前にやるとスッキリします。

 

リラックス効果が高く、寝不足や目が疲れているときなどにもおすすめです。

蒸しタオルを使ったクマ対策

蒸しタオルを使ったクマ対策

『茶クマ』

『茶クマ』は色素沈着が主な原因。

そのため、『茶クマ』を改善するには

『シミ対策』

と同様のケアが必要です。

 

『茶クマ』を改善する方法

  • 紫外線を浴びないよう、UV対策をする
  • 目元をこするなど、刺激を与えない
  • ビタミンCなど、美白成分を摂取する
  • 肌のターンオーバーを促すよう、正しい洗顔をする

 

『茶クマ対策』は、

  • メラニンを過剰分泌させない
  • メラニンを排出させる

が重要です。

 

目を擦ってしまったり、紫外線を浴びると肌への刺激となり、メラニンが過剰分泌されます。

目のかゆみや、メイククレンジングなどで、ゴシゴシと目元をこすらないようにしましょう。

 

紫外線は夏だけではありません。

UV対策は一年中気をつけましょう。

 

また、汚れや古い角質などが残った硬い肌は、正常なターンオーバーができません。

正しい洗顔と美白成分の摂取で、ターンオーバーを促してメラニンを残らず排出させましょう。

『クマ』の改善方法

『クマ』の改善方法

『黒クマ』

『黒クマ』は乾燥やたるみが主な原因。

そのため、『黒クマ』には

『エイジングケア』

が有効です。

 

『黒クマ』を改善する方法

  • しっかり保湿で乾燥を防ぐ
  • コラーゲンの生成を促すなど、ハリ対策をする
  • 眼球を支える筋肉を鍛える
  • むくみ対策をする

エイジングケアの基本は『保湿』です。

 

また、コラーゲンの生成を促す

  • レチノール
  • ビタミンC誘導体

を含んだ化粧品を選ぶのもおすすめです。

エイジングケア化粧品を選べば、間違いはないでしょう。

 

眼球を支える筋肉を鍛えるには、表情筋のエクササイズが有効です。

分かりやすい動画がありますので、参考にしてみてください。

 

目の下のクマをメイクで隠す!プロおすすめクマの消し方

クマを隠すために、ファンデーションやコンシーラーを塗り過ぎてしまい、

ひよ
メイクがヨレて、逆に目立ってしまった!

という経験をした人は多いのではないでしょうか。

 

クマをキレイに消すには、クマのタイプによってコツがあります。

クマのタイプ別に、有効なクマ消しメイク法を紹介します。

 

『青クマ』『茶クマ』のクマ消しメイク法

目の下のたるみなどが原因ではない『青クマ』と『茶クマ』は、比較的簡単にメイクでクマを隠すことができます。

コンシーラーを使う場合は、

  • 『青クマ』には『オレンジ系のコンシーラー』
  • 『茶クマ』には『イエロー系のコンシーラー』

がおすすめです。

 

ただ、コンシーラーだけではクマの黒色を消しきれないこともあるでしょう。

そんな時は『赤リップを使った裏技』があります。

  1. クマの黒色をリップで赤みに変える
  2. 肌の色に近いコンシーラーで肌色に戻す
  3. ファンデーションで仕上げる

 

「目の下のクマに赤リップ!?」

と驚くと思いますが、メイクのプロもやっている裏技なのです。

 

分かりやすい動画もありますので、参考にしてください。

『黒クマ』のクマ消しメイク法

『青クマ』と『茶クマ』はコンシーラーで比較的キレイにクマを消せますが、『黒クマ』は逆に目立ってしまう恐れがあります。

『黒クマ』は、アイメイクや唇に視線がいくようにし、クマを目立たなくする方法が有効です。

 

黒クマ消しメイクのポイントは、

  • コントロールカラーなどで顔全体の色を調節(オレンジ系がおすすめ)
  • アイラインを濃い目にし、アイメイクを目立たせる
  • 発色の良いチーク(オレンジピンク系がおすすめ)で顔色明るくする
  • ツヤのある発色の良い口紅で目線を口元に集める

もし、黒クマにコンシーラーを使う場合は、『ベージュ系』や『パール配合』の明るめのコンシーラーがおすすめ。

 

目の下に明るさを出して、クマを目立たなくします。

ですが、コンシーラーの厚塗りはNGです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

目の下のクマには3種類あり、それぞれ原因が異なります。

  • 『青クマ』は、血行不良が原因
  • 『茶クマ』は、色素沈着が原因
  • 『黒クマ』は、乾燥やたるみが原因

 

クマのタイプによって、改善方法も異なります。

  • 『青クマ』は、むくみ対策や血行を良くすると改善
  • 『茶クマ』は、紫外線予防やビタミンC補給などの『シミ対策』が有効
  • 『黒クマ』は、乾燥やハリ対策など『エイジングケア』が有効

 

メイクで隠す場合は、

  • 『青クマ』はオレンジ系コンシーラー
  • 『茶クマ』はイエロー系コンシーラー
  • 『黒クマ』はベージュ系やパール配合コンシーラー

どのクマも、コンシーラーの厚塗りは逆効果です。

 

とくに『黒クマ』は、隠すよりも、目線をアイメイクや唇に向かせて、目立たなくする方が効果的です。

何より、目の下のクマ対策で一番重要になってくるのは、自分のクマがどのタイプなのか、を把握することです。

 

ポイントおさえて、クマの悩みから解放されましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.