時事 歌手

BTSは反日で紅白歌合戦内定取り消し?原爆Tシャツで炎上の真相!

投稿日:

日本人のK-POPファンが増えているようですが、筆者からすると、とても理解できない現象です。

最近も、とあるK-POPグループが、原爆Tシャツを着用したことで批判が殺到、ネット上で炎上状態になっています。

それが、『防弾少年団』ことBTSです。

過去には慰安婦Tシャツも着ていたり、明らかに日本に対しての挑発発言をしていて、今回の件で『原爆少年団』、『反日少年団』と批判されています。

なぜBTSは炎上したのか?

一部では、紅白歌合戦内定取り消しの抗議をNHKにしている人もいるというので、BTSの反日炎上問題について紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

BTSメンバーのパク・ジミンが原爆Tシャツで炎上

日本にやって来ていながら、反日思想を掲げている韓国芸能人というのは非常に多く、筆者は常々、

「それなら日本に来るな」

と言いたくなります。

古くはぺ・ヨンジュンの竹島宣言やリュ・シウォンの日章旗を燃やすMV、最近だとBIGBANGが大麻吸引を日本人のせいにしてなすりつけたり、CodeVの元メンバーが、

「震災がまた起こればラッキー」

と発言、さらには2PMのメンバーが、

「津波で流されたのは地球の不要品」

と発言したこともありましたね。

こうした反日思想を掲げた人間が非常に多いので、韓国芸能人には日本に足を踏み入れてほしくありません。

にもかかわらず、未だに韓国の芸能人は日本にやってきていて、嘆かわしい限りです。

 

こうした反日韓国芸能人は、最近でも問題が起こしましたよね。

今回、炎上騒ぎに発展したのは、BTSのメンバーの1人、パク・ジミンです。

パクという時点で、筆者からするともう苦い顔をしたくなるのですが、彼は一体なにをしでかしたのでしょうか?

なんとこのパク・ジミンという人物…

原爆バンザイTシャツを着用していた

というのです。

まず最初にこのTシャツに気づいたのは、韓国国内でした。

韓国内の人たちが、

「あれはどういう意味なのか」

と話題にし始めたところで日本にもその事実が伝わり、瞬く間に炎上状態となったのです。

 

ネット上では、原爆バンザイTシャツを着用したパク・ジミンとBTSに対し、

「反日グループは二度と日本に来るな」

「元から反日表明しまくってたし、もう入国禁止にしろ」

「旭日旗には敏感なくせに、原爆Tシャツは知らないじゃ済まないぞ」

「この行動を擁護してるファンがいるのもヤバいよな、窘めることもあるのがファン、何でもかんでも擁護するのは信者」

「こういうことをするくせに来日してライブもやるって、神経が理解できない」

「もう名前を『反日少年団』に変えたら?」

と批判殺到で燃えに燃え、山火事レベルの大炎上状態に…。

さらにその怒りの矛先は、まだ噂レベルで紅白歌合戦出場が内定と言われただけなのに、NHKにも向きました。

「考えられない、こんな反日グループが紅白内定ならすぐ取り消せ」

「原爆を揶揄するようなTシャツを着る奴らを内定とか、NHKバカなのか?」

「反日グループ出場のために国民の受信料を使うのか?それならNHKは解約する」

このように、NHKを解約するという動きも出てしまうほどです。

 

ネットで大炎上した原爆バンザイTシャツとは、どんなデザインだったのでしょうか?

そのTシャツは、このようなデザインになっています。

正直なところ、見るだけでもムカついてくるのであまり載せたくはないのですが、このTシャツを詳しく説明したいと思います。

パッと目を惹くのは、2つの写真ですよね。

この2つの写真が、原爆バンザイTシャツと呼ばれる理由になっています。

2つの写真を拡大すると…

このようになります。

左の画像は原爆投下後のキノコ雲の画像。

そして右側は、万歳をしている人たちの画像。

この2つを合わせて、原爆バンザイTシャツと呼ばれています。

元は、8月15日の終戦記念日…韓国では独立を記念する光復節がありますが、その光復節記念のTシャツ?のようです。

右の写真はその際に喜ぶ人たちを収めたものみたいですね。

右の写真だけならともかく、原爆によるキノコ雲の写真と一緒に使うことはかなり不謹慎で、日本で活動する人が着用していていいものではありません。

相当趣味と性格の悪いデザインであり、これを日本で活動するグループのメンバーが着ていたなら、炎上するのも当然ですよね。

 

BTSは反日グループ?

このような経緯で大炎上となったBTS。

この件について、服の話を振った番組は謝罪はしているものの、BTSからの声明は何も出ていません。

だとすると、BTSは反日グループなのでしょうか?

 

残念ですが、BTSは韓国内の教育もあり、反日思想が根付いているグループと言うしかありません。

BTSは政治色の強いグループであり、事実、今回の原爆バンザイTシャツだけでなく、このBTSは『反日朝鮮団』にふさわしい行動をしています。

リーダーのRMはツイッターで、

今日は光復節!!

歴史を忘れた民族には未来はありません。

休みもいいですが、殉国された独立闘士の方々にもう一度感謝申し上げます。

大韓独立万歳!

とコメントしたことがあります。

この時も、実は日本からは批判が殺到し、

「歴史が大事ならライダンハンのことも覚えてるよね?」

「歴史を捏造する民族に未来はありません」

「歴史を忘れた民族…つまり自己紹介してるの?」

「韓国人だから、自戒の意味で言ってるんだよね?」

とのコメントがありました。

さらには、捏造された存在である慰安婦支援のグッズも使用していたこともあり、一部で物議を醸しましたよね。

これだけ見ていると明らかに反日グループです。

語呂がいいので、彼らは名前を『反日朝鮮団』にでも改名すればいいのでは?と思うくらいです。

 

一応、日本の中には、今回の原爆バンザイTシャツ問題に対し、

パク・ジミンが自分で買ったものではなく、ファンから貰ったものではないか?

と、BTSファンからの擁護の声もありました。

しかし、よく考えてみてください。

ファンから貰ったからといって、あのTシャツを着ていい理由になりますか?

別に彼らが反日だろうと、そうでなかろうと勝手です。

でも、日本で活動しているのに、このような原爆バンザイTシャツや、慰安婦グッズなどを着用するのはどうかと思います。

反日思想を掲げておきながら、日本で活動するというのは、ちょっとその神経が理解できません。

ドイツで活動している人が、いくらファンから貰ったとはいえ、ナチスドイツのマークの付いた服を着用するでしょうか?

普通に考えれば、そのようなことはしません。

ドイツの例と同じで、日本で活動するのであれば、わざわざその国においてタブーである事柄を持ち出す必要はないわけです。

むしろ、原爆バンザイTシャツのような問題を起こすことは、日本以外の国でも批判され、それが結果的にBTSの活動範囲を狭めることになります。

反日行動を起こして喜ぶのは、日本国内の左派と中韓だけなのですからね。

 

また、さらなる擁護の声として、

パク・ジミンはTシャツの意味をわかっていなかったのでは?

という声もありましたが、これもないと思われます。

なぜなら、先ほども少し触れましたが、BTSというグループは政治色が強く、メンバーが光復節を祝い、そのことについて発言したり、慰安婦グッズを着用するほどです。

そして、韓国における光復節は、アメリカの7月4日と同じほど重要な日。

光復節を祝うグループに所属、そして韓国内における光復節の重要性を考えれば、必ず、原爆バンザイTシャツの意味を理解しているはずなのです。

こうした経緯から、BTSは反日グループだと認定できます。

事実、そうした考えを持った人が多いので、日本国内では、

「紅白の内定を取り消せ!」

とNHKに迫っている人が多いのでしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、BTSのメンバーであるパク・ジミンが原爆バンザイTシャツを着用して炎上した問題に触れました。

それにしても愚かなのは、原爆バンザイTシャツは、自国民をバカにしているのと同じなのに気づいていないことですよね。

実は、原爆で被爆したのは日本人だけでなく、朝鮮人も7万人ほど被爆しているのです。

韓国側の言い分からすれば、

「強制的に連れてこられながらも生き抜いた英雄たち」

であるはずなのに、結果的に、原爆バンザイTシャツは生き抜いた英雄たちをもバカにする行為であり、大の大人がその意味も理解せず着用など、浅学にもほどがあります。

マナーもない、日本で活動しながら日本をバカにする行為をするBTSには、二度と日本の大地に足を踏み入れないでほしいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事, 歌手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.