生活

パスワードを管理するおすすめの方法を紹介!ノートやエクセルは安全?

投稿日:

パスワード管理

ネット技術が進歩している現代、誰しもが、

『パスワード』

を持っている人が、ほとんどなのではないでしょうか?

 

パスワードは、

『様々な機能を使うために、必須のもの』

だといっても、過言ではないでしょう。

 

ですが、便利であるがゆえに、

『危険が潜んでいる』

ということもありますよね?

 

それは、

『不正ログイン』

です。

 

パスワードを盗まれると、第3者から自分のIDでログインされてしまい、

『個人情報を盗まれる』

といったことが、巷では発生しています。

その為、自分のパスワードは自分で管理しなければなりません。

 

そこで、今回は、

『パスワードの管理方法』

について紹介していきます。

大切な情報を盗まれないためにも、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

パスワードの管理方法は、様々なものがある

一言にパスワード管理と言っても、

『様々な方法』

があります。

 

どんな方法を選択するかによって、

『パスワード管理の安全性』

が、かなり変わってくるので、それぞれの特徴をつかむ必要が出てくるでしょう。

 

おすすめできる主なパスワード管理方法としては、

  • 何かに書いておく
  • アプリで管理する
  • エクセル・ワードで管理する
  • パスワードを複雑にする
  • 完全に覚えておく

などがあります。

これらの方法を取るにしても、他の方法を取るにしても、

『漏洩するかどうか』

ということが、パスワード管理にとって、最も重要になってきます。

おすすめ1 何かに書く

昔からの対策方法として、

『何かに書く』

という方法があります。

 

もっともアナログな方法ではありますが、

『ネット上から、外部に漏洩しない』

という点においては、もっとも有効な方法でもあります。

 

書いたパスワード自体も、

『誰かに見られない限り』

漏洩することもありません。

 

ただ、欠点として、

  • どこに書いたか忘れる
  • 保管しておかないと、何かの拍子に見られることがある

といったことがあります。

 

一度無くしたパスワードを思い出すのは、

『意外と骨が折れる作業』

であり、実際に経験したことがある人もいるのではないでしょうか?

 

また、書いたパスワードを保管しておかなければ、

『来客時などに、見られてしまうことがある』

という可能性も、考えなければなりません。

 

自宅や職場に来る人の中には、

『あまり馴染みのない人』

もいることがあります。

 

普段からよく知っている人ならともかく、

『知らない人は、何をするのかわからない』

そんな人に、大切な個人情報を見られるわけにもいきませんよね?

 

そのため、

『鍵付きの金庫などを買って隠す』

など、人目につかないようにすることが1番です。

 

しっかりと対策をしておけば、

『ネット上で管理するよりも安全』

になりますよ。

おすすめ2 アプリで管理する

現在では、

『パスワードやIDを、一括管理するアプリ』

なども、数多く開発されています。

それらのアプリを使えば、簡単にパスワードを管理することができるでしょう。

 

ですが、アプリでのパスワードにも欠点はあり、それは、

『第3者が作ったもの』

ということです。

 

アプリは本来、

『会社や個人が作ったものが配信されている』

ものだということは、知っていると思います。

 

これにより、アプリを使う人というのは、

『アプリを作った人に、個人情報を教えている』

ことになります。

 

LINEなど、

『比較的、信頼度の高いアプリ』

であれば、そこまで深く考えることはないかもしれません。

 

それでも、

『相手が自分の情報を好きに閲覧できる状況』

は、あまり気持ちの良いものではないでしょう。

パスワード漏洩を心配するならば、あまりおすすめできる管理方法ではありません。

おすすめ3 エクセル・ワードを使う

パスワード管理に、Windowsが提供している、

『エクセル・ワード』

を使うという手もあります。

 

エクセルやワードは、文字・表作成に優れているため、

『パスワード管理に向いている』

と言えるでしょう。

 

また、他からの自由な閲覧を制限する、

『アクセス制限』

という機能もあるので、簡単に閲覧されることもありません。

 

これだけ見れば、安心と思うかもしれませんが、欠点として、

『ファイルごと盗まれる』

ということがあります。

 

ウイルスなどに感染して、

『ファイル情報を盗まれた』

という話は、良く聞く話です。

セキュリティを万全にしておかなければ、あまりおすすめとは言えないでしょう。

おすすめ4 パスワードを複雑にする

パスワードが漏洩してしまう原因として、

  • 単純なパスワード
  • 重複したパスワード

に設定しているという人が、かなり多いです。

 

覚えやすいパスワードは、それだけ狙われる可能性も高くなるので、

『複雑なパスワードにする』

ことは、かなり重要になってきます。

 

とは言っても、

「複雑なパスワードは覚えられない」

という人もいることでしょう。

 

そんなときは、

  • 普段使っているパスワードを反対から入力する。
  • ランダムで大文字入力する。
  • 誕生日を足し算する。
  • ニックネームをいくつか考える。

などの方法があります。

 

どの方法を取るにせよ、重要なことは、

『覚えられる範囲で、少しだけ変化させる』

ということです。

 

あまりにも複雑すぎると、

『自分自身でわからなくなる』

ということも有り得ます。

すぐに覚えられるパスワードの範囲で、少しずつ変化を加えていきましょう。

おすすめ5 パスワードを覚えてしまう

この方法は、出来る人があまりいないかもしれませんが、

『パスワードを全て暗記してしまう』

というものです。

記憶力に自身がある人は、パスワードを全て覚えてしまうのも1つの手です。

 

ですが、なかなかそうはいかないという人もいるので、そんな人は、

  • ログインを頻繁に行う
  • 自動ではなく、手動でパスワードを入力する

ことが重要になってきます。

 

普段から頻繁にログインし、その都度パスワードを入力すれば、

『体が勝手に覚えてくれる』

ということです。

 

ですが、欠点として、

『あまりにも多くのパスワードがあれば、混同してしまう』

こともあります。

管理するパスワードが少ない人は、この方法でも十分に覚えられますが、

『様々なパスワードを持っている人』

には、あまり向いていない方法となるでしょう。

 

おすすめのパスワード管理方法は、人それぞれ

パスワード管理 人それぞれ

パスワードの管理方法について、紹介してきました。

その中で、どの管理方法がおすすめかと聞かれれば、

『人それぞれ違う』

と答えるしかないのが、現状です。

 

どんなパスワード管理方法を取るにしても、

『リスクは必ずついてくる』

ため、自分が1番だと思う方法を取るしかないのです。

あとは、いかに漏洩を防げるかどうかで、安全性も変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『パスワードを管理するおすすめの方法を紹介!ノートやエクセルは安全?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『パスワード管理は、リスクが必ず伴う』

ということが言えるでしょう。

 

いくら万全な対策をしていても、

『漏洩するときは漏洩する』

ことを、覚えておいてください。

 

世界的に有名なGoogle社でも、

『Google+』

というSNSから、個人情報が漏洩した事件が発生しています。

 

あれだけ大きな企業が、漏洩対策をしていなかったとは思えませんが、

『何かの拍子に、隙ができる』

ことは、どんなときにもあります。

 

パスワード管理も同じであり、

『どんな管理体制を施しても、何かしらの隙が出来ることがある』

ものなのです。

 

そのため、最善の手を尽くしつつ、

『漏洩後の対策を、迅速に取れる体制を整える』

ように、常に考えておくことが、本当に大切なことだと覚えておいてください。

自分の身は、自分で守れるようにしていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.