言葉の意味・語源・由来

是々非々の読み方や意味とは?正しい使い方を例文でチェック!

投稿日:

是々非々

日常会話で、

『是非』

という言葉を使っている人は、多いのではないでしょうか?

 

何かをお願いするとき、

「是非是非、お願いします。」

というふうに使っているのを聞くこともあります。

 

それでは、

『是々非々』

という言葉を知っている人はいるでしょうか?

 

是非と似ていますが、少し意味が違う言葉となっており、

「聞いたことがあるけど、使ったことがない」

言葉だという人もいるでしょう。

 

政治家などは、テレビで良く使っているみたいですが、

『馴染みのない言葉』

だと、意味が分かりづらいと思います。

 

そこで、今回は、

『是々非々の読み方や意味』

について、紹介していきます。

今まで、ちゃんとした意味を知らなかった人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

『是々非々』の読み方と意味

まずは、

『是々非々』

という言葉の読み方を紹介します。

 

この言葉は、

『ぜぜひひ』

と読まれており、是非とは少し意味合いが違います。

 

是非は、

『良いこと・悪いこと』

という意味があります。

 

それに対して、是々非々は、

『良いことは良い、悪いことは悪いと判断すること』

という意味になっています。

元々は、故事成語からきている

そもそも、

『是々非々』

という言葉は、どこから来ているか知っているでしょうか?

 

この言葉は、

『故事成語』

から来ているのです。

 

中国の荀子という人が書いた言葉であり、

『是を是とし、非を非とする、これを智という』

と残しています。

 

つまり、

『正しいことを正しい、悪いことを悪いと認める人は賢い』

という意味になります。

政治家が、是々非々を良く使う理由は、この意味合いを強調するためとも言われています。

 

ですが、この言葉の意味には続きがあり、

『是を非とし、非を是とすることは、愚である』

というものがあります。

 

つまり、

『正しいことを悪く、悪いことを正しいとする人は愚かである』

という意味になります。

 

荀子は、是々非々という言葉に、

『賢い者と愚か者の違い』

を説いているのです。

 

是々非々の正しい使い方と例文

是々非々 使い方

是々非々の読み方と意味、由来について紹介しました。

ここからは、

『是々非々をどのように使うか』

について、紹介していきます。

自分の主張をはっきりさせたい場面で使う

是々非々は、

『正しいこと・悪いことの区別をはっきりつける』

という意味でも取ることが出来ます。

 

その為、使う場面としては、

『主張をはっきりとさせる』

ときになることが多いです。

 

例文としては、

  • この会議では、是々非々を意識して発言してほしい。
  • 是々非々の心構えで、選挙を行ってほしい。
  • 是々非々が過ぎる。
  • あの人は、是々非々がしっかりとできる人だ。
  • あの政治家は、是々非々が全くできていない。
  • あまりにも不公平なので、是々非々ができる第三者を呼んだ方がよい。
  • 是々非々が認められない世の中になってしまった。

などがあります。

 

また、是々非々は、

『公平』

という意味で使われることもあります。

 

その為、例文にもあるように、

『何か不公平な状況が起きているとき』

に、それを否定するように使うことができます。

日常会話では使いずらい言葉

是々非々が、もっとも使われるのは、

『政治の場面』

などが多く、ニュースで、政治家のコメントに使われることもよくもあります。

 

ですが、普段から、

『あまり聞く言葉ではない』

ため、意味がイマイチ伝わっていないことも多いです。

 

また、日常会話でも使われることがありますが、広く浸透していないことから、

『会話で使っても、意味が伝わらない』

ということが、よく起きてしまう言葉でもあるのです。

政治家と話す機会がある人などであれば、使いやすいかもしれませんね。

 

ビジネスシーンで使う方がおすすめ

是々非々を使った例、使われる場面を紹介してきました。

ここまで紹介した限りでは、

『是々非々は、日常生活ではあまり使えない』

というふうに感じた人も多いのではないでしょうか?

 

確かにそのとおりで、是々非々を日常生活で使っていると、

『少し気取った話し方をする人』

と思われる可能性もあります。

 

その為、政治家ではない人が、是々非々を使う場面は、

『ビジネスシーン』

などが、良いでしょう。

 

ビジネスの現場では、

『相手にどれだけ舐められないか』

というのが重要になってきます。

 

気さくに話すことも重要ですが、それ以上に、

『どれだけの知識があるか』

についても、相手はよく見ているのです。

 

その為、

『話し言葉の端々に、是々非々を使う』

だけでも、普通に話すよりも違った印象を与えることができます。

 

また、その言葉の意味通り、

『正しいこと・悪いことを区別する』

ような話をすれば、相手に口だけではないことも伝えることができます。

 

ようするに、

『言葉の使い方次第』

ということになりますが、ビジネスの場面では、言葉遊びも重要な要素となります。

 

大事なビジネスの現場で、相手に認められるためにも、

『適切な場面で、是々非々を使う』

ことを意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『是々非々の読み方や意味とは?正しい使い方を例文でチェック!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『是々非々は、使う場面が限られる言葉』

ということが言えるでしょう。

 

はっきり言って、是々非々は、

『日常的に使われる言葉ではなく、意味もあまり知られていない』

言葉となります。

 

友人が、いきなり、

「是々非々の精神で、話さなければならない」

と言ってくれば、驚く人も多いでしょう。

 

ですが、日常会話としては使いにくい反面、

『政治やビジネスでは使いやすい』

言葉でもあります。

 

是々非々の意味を理解し、その言葉通りに行動して見せれば、

『周囲からの評価を上げる』

ことも、十分に可能です。

 

今の世の中では、是々非々の意味合いである、

『正しいこと・悪いことを区別するのは難しい』

かもしれませんが、この姿勢を持ち続け、良い仕事が出来るようにしてみてはいかがでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.