アニメ 漫画

ワンピースのプリンの正体や本性ネタバレ!能力とサンジとの関係をチェック

投稿日:

大人気連載中の

『ONE PIECE(ワンピース)』

 

その中でも、人気ランキングでも毎回上位をキープしている

『サンジ』

の過去が明らかになった、ホールケーキアイランド編。

 

そんな、ホールケーキアイランド編のキーパーソンとなったのが、敵であるビッグマムの35女

『シャーロット・プリン』

 

登場したばかりのころは、ビッグマム勢でありながら、麦わらの一味の味方だと言っていましたが、実はサンジを騙すために嘘をついていたのです。

しかし、物語が進むにつれて、プリンの心に変化が現れます。

 

そこで今回は、

『プリンの正体や本性、能力とサンジとの関係』

について、まとめました。

アドセンス

スポンサーリンク

シャーロット・プリンの人物像

まず、プリンの基本的なプロフィールを見ていきましょう。

シャーロット・プリン

名前:シャーロット・プリン

能力:メモメモの実

所属:ビッグマム海賊団35女/ショコラタウン・カフェ『カラメル』のオーナー

誕生日:6月25日

ビッグマムの子供とは思えないほどの、絶世の美女であり、サンジだけではなくブルックも見惚れる程です。

彼女はビッグマム海賊団と、ヴィンスモーク家の政略結婚のために、サンジの花嫁に選ばれました。

 

ホールケーキアイランド内にある、ショコラタウンでルフィ達と出会い、ルフィ達がサンジの仲間だという事を知ります。

その際には、

『サンジが仲間に戻れるように、ルフィたちの手助けをする』

という事を、約束します。

 

しかし、サンジがゼフや仲間を人質にされて結婚を余儀なくされた時には

「私との結婚は……!!!地獄にさせませんよ゛!!!」

と涙ながらに訴え、サンジのプロポーズを受けます。

 

ルフィ達の手助けを自ら申し出たり、サンジの過去を聞いて涙を流したりと、心優しい女性です。

 

豹変!?プリンの正体や本性と悪魔の実の能力

プリンの本性

絶世の美女で、心優しい女性だと思われていたプリンですが、

実は恐ろしい本性を持っていたのです。

 

ルフィに協力する姿勢や、サンジの気持ちに寄り添ったのは、実は

『サンジやルフィ達を騙すための演技』

だったのです。

 

実は政略結婚自体が全くの嘘であり、真の目的は

『ヴィンスモーク家ならびに、麦わらの一味の壊滅』

でした。

 

サンジの事を唯一気にかけていた、サンジの姉・レイジュをとらえ、全ての計画を話してあざ笑います。

この時、プリンの持つ悪魔の実の能力も発覚しました。

 

メモメモの実の能力

プリンが持つ悪魔の実の能力、メモメモの実とは

『人の記憶(メモリー)を頭の中から、フィルムのように取り出して、編集できる』

という、能力です。

これにより、レイジュはプリンの本性を、記憶から消されます。

 

戦闘向きの能力ではないものの、人の記憶を操るという点では、作戦次第で大きな武器になりえます。

 

悪女を変えたサンジの一言

レイジュの記憶を、メモメモの実の能力で消したプリンでしたが、実はこの自白をサンジが聞いていました。

夢や仲間を捨て、唯一の光であったプリンまでもが、自分を騙していたことに、サンジはショックを受け涙します。

 

その後、レイジュに自分が見聞きしたことをすべて話し、多くの葛藤を抱えながらもルフィとも和解します。

ルフィと和解するサンジ

麦わらの一味は、サンジを奪還し、サンジの血のつながった家族を守るために、ベッジと手を組みます。

結婚式の最中に奇襲をしかける作戦のため、サンジは結婚式に出席。

プリン側は、誓いのキスでサンジがヴェールをあげた際、三つ目族とのハーフの証である第三の目を晒し、サンジの油断を誘い暗殺する計画でした。

 

しかし、第三の目を見たサンジの口から出た言葉は、驚きや恐れではなく

「なんて……美しい瞳だ…」

という、心からの賛辞でした。

 

今まで、額にある三つ目を、周りの人間はもちろん、母親であるビッグマムにさえ、さげすまれていたプリン。

そんな彼女にとって、サンジの予想外の反応は、涙があふれ、立っていることもままならない程の感動でした。

 

その後のプリンとサンジの関係

  • ビッグマム側の、ヴィンスモーク家一網打尽の企て
  • サンジを含む麦わらの一味による、ビッグマム海賊団への奇襲

この2つの真実が明るみ出て、当然ながらプリンとサンジの婚約は解消されます。

 

ルフィ達の登場により、ヴィンスモーク家を一網打尽にする作戦が失敗に終わり、各所で起こる戦闘の混乱の中、プリンはしばらく姿を見せません。

さらに、楽しみにしていたウェディングケーキを食べそこなったことにより、ビッグマムの

『食いわずらい』

が発動し、代わりのケーキがなければ、麦わらの一味はおろか、ホールケーキアイランドが壊滅してしまう窮地に陥ります。

 

そこで、ショコラタウンのカフェでオーナーを務めるプリンが、代わりのケーキを作ることを申し出るのです。

 

プリンは敵?味方?

代わりのケーキ作りを申し出たプリンに、感謝するビッグマム海賊団に対して、

「サンジに侮辱されたの私…!!あいつらを消してくれるなら…ママにご褒美くらいあげなくちゃ…」

と、独り言のようにつぶやくプリン。

この時点では、やはりビッグマム側の人間だと取れる発言です。

 

しかし、ベッジの妻であるシフォンに、ケーキ作りの協力を頼みに来たプリンの目には、涙が浮かんでいました。

プリンは敵?味方?

プリンは、サンジとその仲間であるルフィ達を守るために、戻って来たのです。

 

今まで、演技の涙をいくつもこぼしてきたプリンですが、結婚式でサンジの前で流した涙は本物でした。

これまで、誰からも受け入れられなかった第三の目を、

「美しい」

と、受け入れてくれたサンジに、心が動かされたのです。

 

初めての共同作業はケーキ入刀ならぬ、ケーキ制作

ツンデレプリン

『食いわずらいを起こしたビッグマムが、麦わらの一味を狙っている』

この事を知ったプリンは、それを防ぐためにサンジと協力して、ウェディングケーキを作り直しました。

 

強度のツンデレ気質のせいか、ついサンジを貶めるような発言をしてしまうものの、

『サンジの一挙一動に頬を赤らめるプリン』

は、まさに恋する乙女です。

 

このプリンの活躍により、ビッグマムの恋わずらいはおさまり、麦わらの一味はなんとか窮地を脱することが出来ました。

元々は、サンジを騙すつもりだったプリンですが、最終的には麦わらの一味にとっての恩人となったのでした。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『プリンの正体や本性、能力とサンジとの関係』

いかがでしたでしょうか?

 

心優しい女性かと思いきや、サンジを騙すための演技であり、ビッグマム譲りの残忍な本性を持ち合わせていたプリン。

メモメモの実を使って、サンジの姉であるレイジュをも翻弄します。

 

しかし実は、誰よりも

『愛されたい、認めてもらいたい、と願っている』

普通の少女でした。

 

そして、自分のすべてを認め、許してくれたサンジの為に、その身を危険にさらしながら、麦わらの一味の手助けしました。

サンジにとっては、

『恩人』

となったプリンですが、プリンが望んでいたのは、そのような関係では無かったのではないでしょうか。

ワンピースのキャラクターの中で、1番とも言えるの女ったらしのサンジですが、プリンの女心には気付けなかったようです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Wisteria

好きなものは漫画・アニメ・ゲーム・映画など基本的にはインドア派です。ゲームではモンスターハンターシリーズのファンで他にもポケモンなどの人気作・FPSなど。ディズニーとUSJが好きなのでこの2つに関してはアウトドア派になります。インターネットで検索をかけた方の知識欲が満たされる記事が書けるよう精進してまいります。

-アニメ, 漫画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.