スポーツ

福原愛の成績や実績を紹介!現役引退の理由は結婚と子供が原因?

投稿日:

長年、女子卓球界を引っ張ってきた福原愛選手が現役引退を表明しました。

今後は福原愛"選手"ではなく、福原愛"さん"になるのですね。

近年は選手以外の立場としても活躍をするようになっていたこと。

さらには結婚・出産と続いたので、選手を続けるのは難しそうだと思っていましたが、やはり引退ですか。

福原愛選手が引退を表明した理由は何だったのでしょうか?

当記事では、福原愛選手の成績や実績を振り返るとともに、現役引退理由も探ります。

アドセンス

スポンサーリンク

卓球の福原愛が現役引退を表明

卓球の福原愛選手が2018年10月21日、約3か月半ぶりのブログ更新にて、

現役引退を発表

しました。

ブログ内で福原愛選手は、

今日は、これまでの長い間、ずっと支え続けてくださった皆様に、自分の言葉でご報告したいことがありますので、ブログを書かせていただきます。

私は選手としての立場を、ここで一区切りつけることを決意しました。

と綴り、現役引退の旨を読者に伝えました。

こうして、初の公式戦出場となった1993年から25年にも渡るプレーヤーとしての人生に区切りをつけることとなりました。

日本でも悲しみや労いの声が多くありましたが、それは日本だけではなく、中国でも同じでした。

福原愛選手は中国でも親しまれ、小愛(シャオアイ)、瓷娃娃(ツーワーワー)と呼ばれ人気を誇っていました。

微博でも現役引退表明をした福原愛選手に対し、

「とてもつらい」

「あなたは永遠に中国で最も人気がある日本のスポーツ選手だ」

「残りの人生も順調でありますように」

など、多くの中国人からのコメントが寄せられたのです。

 

今後についてもブログで語っており、福原愛選手は

私は生涯卓球人なので、卓球という軸がぶれることは一生ありません。

これからは選手とは別な立場で、これまで支え続けてくれた皆様に、卓球を通して恩返しをしていきたいです。

というコメントをしています。

選手とは別の立場というのは、卓球のリーグ『Tリーグ』の理事に就任するなどといった活動のことでしょうね。

今後も、卓球の普及やレベルアップのために、幅広い方面で活躍をすると思われますよ。

 

こうして現役引退を表明した福原愛選手。

天才少女・愛ちゃんとして、幼い頃から注目を集めていましたよね。

最近の日本の女子卓球界の躍進は、福原愛選手なしではありえなかったことだと思いますし、日本女子卓球界を世界レベルに引き上げた功労者の1人だと思います。

本当に、これまでの現役生活、お疲れ様でした。

今後の新たなステージでの活躍に期待しています。

 

福原愛の現役引退理由は?

福原愛選手が現役引退を決断したのはどういう理由だったのか?

まず考えられるのは、結婚・出産ですよね。

福原愛選手は2016年9月に台湾の男子卓球代表・江宏傑選手と結婚し、2017年には長女・あいらちゃんを出産しました。

それもあって、最近の福原愛選手は、なかなか選手として活動できるような状態ではなかったですよね。

事実、リオオリンピック以降、実戦からは遠ざかっている日々が続いていました。

ただ、福原愛選手は結婚時点では引退を表明していません。

まずは家庭という軸を作ってから次のステージに進みたい。

このコメントにあるように、まず、家庭に専念し、ひと段落した後に選手を続けるという意思があったようです。

事実、現役引退を表明したブログ内でも、

とてもおこがましく身勝手かも知れませんが…。

これまでの私は、これからも卓球界を引っ張っていくため、子育てをしながら競技を続ける必要があると思っていました。

このように綴っていたので、少なくとも、まだまだ現役でやるぞ!という気持ちがあったはずです。

つまり、現役引退の理由は他にあるということですね。

 

福原愛選手が現役引退を決断した本当の理由は…。

若手選手たちの台頭

という部分にありました。

長年、女子卓球界を引っ張ってきた福原愛選手。

先ほどのコメントにも、

子育てをしながら競技を続ける必要があると思っていました

とあるように、現役続行は、ある種の使命感のようなものがあったのかもしれません。

そんな福原愛選手の心情を変えたのが、近年の若手卓球選手の台頭です。

現在の日本女子卓球界は、石川佳純選手、さらに次世代の有力選手として伊藤美誠選手や平野美宇選手が活躍していますよね。

彼女たちの活躍で、

とても嬉しく感じるのと同時に、知らない内に私自身で勝手に感じていた肩の重みが、すっと抜けるような感覚があった。

私が選手としてできることはやり切った、頑張り抜いた、という思いが強くなり、自分が選手としての立場でやるべき使命は果たせたかな。

として、女子卓球界を引っ張らなければという使命感、その荷が下りたというのです。

後輩たちが頼もしく育ったことで、ようやく引退の決意ができた…。

これが、福原愛選手が現役引退を決断した理由でした。

 

福原愛の成績や実績を紹介!

最後に、福原愛選手が現役時代に活躍したその軌跡を紹介します。

福原愛選手は、小さい頃から天才卓球少女としてマスコミから取り上げられ、まだ小学校にも入っていない時代から、各地の卓球大会のエキシビションマッチに登場する人気を得ていました。

最初は人気が先を行っていた印象でしたが、年齢を重ねるに連れ、天才卓球少女・愛ちゃんはその実力を発揮していきます。

史上初の全日本グランドスラムを達成、さらに中国最強のリーグとも言われる中国スーパーリーグにも参加など世界的にも実力を発揮。

国際卓球連盟の世界ランクは、2015年の自己最高の4位まで上がります。

そして何と言っても忘れられないのがロンドンオリンピック、リオオリンピックと団体チームを引っ張り、2大会連続のメダルを獲得するのです。

 

福原愛選手の実績として、これまでに獲得したメダルの数を調べてみました。

オリンピック

団体

2012年ロンドンオリンピック:銀メダル

2016年リオオリンピック:銅メダル

世界卓球選手権大会

団体

2004年:銅メダル

2006年:銅メダル

2008年:銅メダル

2010年:銅メダル

2016年:銀メダル

混合ダブルス

2011年:銅メダル

ワールドカップ

シングルス

2005年:銀メダル

団体

2009年:銅メダル

2010年:銅メダル

2011年:銀メダル

2013年:銀メダル

ワールドツアーグランドファイナル

ダブルス

2001年:銀メダル

2010年:銅メダル

2011年:銀メダル

アジア競技大会

シングルス

2010年:銅メダル

ダブルス

2010年:銅メダル

混合ダブルス

2010年:銅メダル

2014年:銅メダル

団体

2014年:銀メダル

アジア選手権

ダブルス

2003年:銀メダル

2005年:銅メダル

混合ダブルス

2009年:銅メダル

団体

2005年:銅メダル

2007年:銅メダル

2012年:銅メダル

2013年:銅メダル

2015年:銀メダル

アジアカップ

シングルス

2004年:銀メダル

物凄いメダルの数です。

「金がないから大したことがない…。」

などと思ってしまうかもしれませんが、この当時は団体でも福原愛選手が絶対的戦力で、大半は、お世辞にもまだそれほど高レベルとは言えない選手もいた時代です。

さらに、卓球における絶対王者である中国から金メダルをとるなんて、他の国には無理難題に等しい状態でした。

それどころか、金銀銅を中国独占ということもありえる強さだけに、この福原愛選手の状態はとてもすごいことなんですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

卓球の福原愛選手が現役引退を表明し、今後は違った立場から卓球界へ恩返しするとのことです。

結婚後、当初は家庭が落ち着いてから選手復帰ということも考えていた福原愛選手。

そんな福原愛選手が引退を決断できたのは、育ってきた後輩たちの存在でした。

もう自分がいなくても、日本代表はやっていける…。

頼もしくなった後輩たちの成長を見届けて、ついに引退できたのです。

本当に、今までの長い卓球選手としての生活、お疲れ様でした。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.