雑学

北方領土への行き方やツアーをチェック!日本人が観光旅行をする方法

投稿日:

北方領土 観光する方法

北方領土を巡って、ロシアと日本は長年の間、交渉を続けてきました。

ですが、戦後から今に至るまで、

『北方領土の返還』

は、実現していません。

 

領土問題を解決しないことには、ロシアと日本は、

『平和条約を結べない』

ということもあり、早期解決が求められています。

 

ですが、ここまで問題になっている北方領土に、

「1度でいいから、行ってみたい」

という人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『もし、北方領土に日本人が行くならどうするか』

について、紹介していきます。

北方領土に行く方法がないこともないので、興味があれば参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

北方領土に、観光旅行へ行く前の注意点

北方領土に行きたいと考えている人は、まず、

『北方領土に行く前の注意点』

について、知っておかなければなりません。

 

北方領土問題が、現在も続いている中、日本の一般人が北方領土に渡航することは、

『日本政府から、禁止要請が出ている』

ことを、まずは知っておかなければなりません。

 

ニュースなどで見たことがあるかもしれませんが、北方領土に渡航する場合、

『ビザなし交流団』

というものに入ってから、渡航するのが一般的です。

 

この団体は、

  • 元島民
  • メディア関係
  • 研究者
  • 国会議員

など、北方領土に渡る必要のある者だけが入れることになっています。

北方領土が、

『ロシアの領土になっている』

以上、無用な問題を起こさないためです。

 

もし、これ以外の方法で北方領土に渡航するのであれば、日本政府から、

『厳重注意』

を受けることになるでしょう。

 

また、日本政府から、

『要注意人物』

として、マークされる可能性もあります。

 

ですが、現時点では、法律違反になるということではないので、

『逮捕される』

ことにはなりません。

 

もちろん、正式なビザを発行してもらい、別の正規ルートで渡航した場合でないと、

『現地で逮捕されるか、帰国後、逮捕される』

ことになる可能性もあります。

 

これに加えて、北方領土で重大な問題を起こした場合、

『ロシアと日本の関係悪化』

という事態に発展する可能性も有り得ます。

この場合、最悪、責任追及をされることにもなりかねません。

 

これらのリスクを背負ってもよいのであれば、

『北方領土に渡航することは、ひとまず可能』

なので、これから紹介する方法を参考にしてみてください。

 

日本人の北方領土への行き方

北方領土 行く方法

北方領土に渡航するリスクを確認したところで、

『北方領土への行き方』

について、紹介していきます。

ロシアへの観光旅行で行く

まずは、

『ロシアへの観光旅行』

と称して、北方領土に行く方法です。

 

ロシアへ行くには、

『渡航ビザ』

を発行してもらわなければなりません。

 

そして、ビザを発行しているのは、

『駐日ロシア大使館』

なのですが、ここで1つ、問題があります。

それは、

『北方領土に行くと言えば、ビザを発行してもらえない』

ということです。

 

これでは、北方領土に行くことができないので、

『ロシアへ観光旅行に行く』

と伝えてください。

そうすれば、ビザは簡単に発行してもらえるでしょう。

 

ビザを発行してもらえれば、後は、ロシア国内で、

『北方領土観光ツアー』

などに申し込めば、北方領土に行くことができるでしょう。

海外のツアーを利用する

日本国内から、直接、北方領土に行く場合、

『手続きが面倒になる場合』

があります。

 

そこで、日本ではなく、

『海外から、北方領土に行く方法』

もあります。

 

その方法は、

『海外のツアー旅行に参加する』

ことです。

 

海外のツアー会社に、北方領土に行くためのビザを発行してもらい、後は、

『ツアーに参加する』

だけで、北方領土に行くことができます。

海外に在住している日本人なら、比較的簡単に、北方領土まで行くことができるでしょう。

 

北方領土を経由するツアーは、世界でも、それなりに行われています。

主に、

『秘境ツアー』

などに組み込まれているようです。

海外の人から見れば、北方領土は秘境に見えるのかもしれませんね。

 

ちなみに、これらのツアーに参加している日本人は、現時点で言えば、

『確認されていない』

ということです。

 

北方領土にツアー等で行く方法はあるが、行かないほうが賢明

観光旅行で、北方領土に行く方法を紹介しました。

ですが、最初に紹介したとおり、

『観光気分で、北方領土に行くべきではない』

ということが言えます。

 

実際のことはわかりませんが、海外の北方領土ツアーでさえ、

『日本の参加者はいない』

というデータが出ています。

 

それほど、日本人が北方領土に渡ることは、

『慎重にならざるを得ない状況』

だということが言えます。

 

観光で世界中を旅したいという気持ちはよく分かるのですが、

『自国の立場を危うくする』

ことになりかねないのであれば、やはり、問題解決まで自粛するのが1番でしょう。

 

北方領土の返還を求めている人も、日本には多くいます。

軽はずみな行動で、

『ロシアが、返還要求を完全に拒否する』

事態になれば、とてもではありませんが、個人が責任を取れるような問題ではなくなるのです。

 

どうしても行きたい人は、然るべき立場になってから、

『ビザなし交流団』

に入ってから、北方領土へ行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『北方領土への行き方やツアーをチェック!日本人が観光旅行をする方法』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『北方領土を観光するならば、然るべき立場になってからの方が安全』

ということが言えるでしょう。

 

確かに、北方領土を観光することは、

『理論上は可能』

なことです。

 

ですが、

『リスクを負う覚悟』

で観光しなければ、とんでもない目に遭うかもしれません。

 

国籍を変えて、北方領土に行くという考えもないことはないですが、

『観光のためだけに、自分が生まれ育った国を離れる』

かと言えば、そうもいかないでしょう。

 

何の気兼ねもなく、北方領土を観光したいのであれば、

『北方領土問題が解決するのを待つ』

最終的には、これしかないです。

あまり逸らず、落ち着いて、これからの動向を観察していくことがおすすめですよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.