野球 野球選手

プロ野球選手のトリプルスリー歴代達成者を一覧紹介!その価値は?

投稿日:

みなさんは野球の

『トリプルスリー』

という言葉を知っていますか?

 

1シーズンで

  • 打率3割以上
  • ホームラン30本以上
  • 盗塁成功30回以上

の3つを同時に達成することです。

 

ひよちゃん
1年間で30個ぐらいなら、プロの選手であれば、まあまあ出せるレベルじゃないの?

と思っているとしたら大間違いです。

 

実は、とてつもなく達成が難しいタイトルのひとつなのです。

そこで、

『トリプルスリーとはどれほどまでに難しく価値が高いのか』

について、今までの歴代達成者を交えて解説していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

トリプルスリー達成の難易度から見る価値

トリプルスリーというのは

『打率3割以上、30本塁打に加えて30盗塁という条件』

が挑戦者の前に大きく立ちはだかっています。

 

なぜなら、ホームランを出せるほどのパワーを得ようとすると、体重増加につながり、足が遅くなくなってしまうからです。

しかし、逆に脚が早い身軽な体で、ホームランを飛ばせるほどのパワーはなかなか付きません

 

ですからトリプルスリーは、

『絶妙な身体バランスと卓越した技術の上に成り立っているタイトル』

といえるでしょう。

トリプルスリーは正に万能の証

『パワーヒッターと瞬足というのは、なかなか両立できない』

ということを、いくらか理解してもらえたかと思います。

 

それは、エースピッチャーと、スラッガーの両立が難しいのと、似ています。

ということは、トリプルスリーが達成できる選手は、あの大谷翔平選手並みの身体能力と同じレベルといえるでしょう。

 

普通はピッチャーならピッチャー、バッターならバッターへと、どちらかに特化してしまうのが自然の成り行きです。

しかし、稀に足が速くて、打つ力も強い、万能な身体能力を持った選手が出てきます。

トリプルスリーというのは、そういった滅多に出ない逸材にしか許されていないチャレンジなのです。

 

歴代トリプルスリー達成者一覧

一覧を見ていると、

金本知憲氏

松井稼頭央選手

など、そうそうたる名が刻まれていますが、

松井秀喜氏やイチロー選手などの名はありません。

こういった大選手でさえ達成できていな事が、ますますトリプルスリー達成の凄さと価値の高さを如実に語っています。

 

しかし、2015年は山田哲人選手と柳田悠岐選手という、65年ぶりの同時2人達成という年になりました。

そして、山田哲人選手の3回というのが、とても目立ちますね。

選手名 所属チーム 達成年とリーグ 打率 本塁打 盗塁
岩本 義行 松 竹 1950(セ・リーグ) .319 39 34
別当 薫 毎 日 1950(パ・リーグ) .335 43 34
中西 太 西 鉄 1953(パ・リーグ) .314 36 36
簑田 浩二 阪 急 1983(パ・リーグ) .312 32 35
秋山 幸二 西 武 1989(パ・リーグ) .301 31 31
野村 謙二郎 広 島 1995(セ・リーグ) .315 32 30
金本 知憲 広 島 2000(セ・リーグ) .315 30 30
松井 稼頭央 西 武 2002(パ・リーグ) .332 36 33
山田 哲人 ヤクルト 2015(セ・リーグ) .329 38 34
山田 哲人 ヤクルト 2016(セ・リーグ) .304 38 30
山田 哲人 ヤクルト 2018(セ・リーグ) .315 34 33
柳田 悠岐 ソフトバンク 2015(パ・リーグ) .363 34 32

トリプルスリーと他タイトルとの比較

表にもあった様に、今までトリプルスリー達成者というのは、長い日本のプロ野球の歴史上

たったの10人

しかいません。

首位打者や最多勝投手などのタイトルは、毎年必ず誰か一人が選出されますので、それなりの数の選手がいます。

 

ただ、トリプルスリー以外にも達成が難しいタイトルがいくつかありますので、比べてみましょう。

ノーヒットノーラン

(投手が1試合でヒットを1本も出さない事)

達成者80人 達成回数91回

サイクルヒット

(野手が1試合でヒット、ツーベースヒット、スリーベースヒット、ホームランを打つこと)

達成者68人 達成回数73回

3割、30本塁打、100打点 

達成者135人

さらには投手が達成するのに、とてつもなく難しいことで知られる中に、

完全試合

というものがあります。

これは1試合で

  • ヒット
  • フォアボール
  • デッドボール
  • エラー
  • 振り逃げによる出塁

の一つも出してはいけない、という大変厳しい条件です。

しかしこの完全試合でさえ、今までに15人が達成しています。

 

このことから、

『トリプルスリーというのはいかに達成するのが難しく、価値の高いタイトルか』

というのが、分かってもらえたのではないでしょうか。

 

トリプルスリー量産選手!山田哲人

山田哲人選手

山田哲人選手

トリプルスリーというのは、ずば抜けた身体能力と卓越した技術を持った選手が、現役時代にたった1回でも達成できれば、非常に幸運な事です。

 

しかし、2018年の今シーズンでなんと3回目を達成してしまった選手がいます。

その選手はヤクルトスワローズに所属している

『山田哲人選手』

 

山田哲人選手は2015年、2016年と2年連続でトリプルスリーを達成しています。

2017年は不振にあえいでしまい、惜しくも3年連続とはいきませんでした。

しかし、2018年には見事に復活を果たし、トリプルスリー3回目という大偉業を達成しました。

また、山田哲人選手は2015年、

  • 65年ぶりのトリプルスリーと100打点同時達成者
  • 史上初の本塁打王と盗塁王の同時獲得者

としても記録されています。

山田哲人選手の価値はうなぎのぼり!

これだけの大偉業を成し遂げたのですから、もちろん球団側も報酬を高く設定しなければなりません。

しかし、山田哲人選手は2015年に複数年契約を断っていて、あくまでも単年契約にこだわっているのです。

ですが、山田選手ほどの実績のある選手に、毎年莫大な単年契約報酬を渡すと、球団側の財政が持たないとさえ言われています。

連続トリプルスリー獲得の価値というのは前例もなく、山田選手の契約報酬は、青天井に上がっていくでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『トリプルスリーが、いかに達成困難で価値の高いものか』

という事を、いろいろな面から紹介いたしました。

  • 身体の構造上での、達成の難しさ
  • ポジションが異なるプレーを、どちらもできてしまうほどの難しさ
  • 誰もが名を聞けばわかるほどの、大選手でさえ達成していない現状
  • 他の達成困難な記録と比べても、達成者の数がとても少ないこと

トリプルスリーは年間を通して安定したパフォーマンスと、身体の絶妙なバランス能力が必要です。

毎年必ず受賞者が出るようなタイトルではありません。

達成が困難な記録であるからこそ、野球の奥深さや面白さにつながってくるのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-野球, 野球選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.