お金

軽減税率とは?対象と消費税との関係を簡単にわかりやすく解説!

更新日:

軽減税率とは?

消費税の増税が、いよいよ近づいてきました。

2度の延期を経てきた増税問題ですが、今回ばかりは実行されそうです。

ですが、これに合わせて適用される税率があることを知っていますか?

 

その税率は、

『軽減税率』

と呼ばれるものです。

 

消費税の増税と共に、話題になっているものですが、

『実際に、どんなものなのか』

あまり知らないという人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『軽減税率とは、一体どんなものなのか』

について、紹介していきます。

 

あまり知らなかったという人も、

『生活に直結してくる問題』

なので、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

軽減税率と消費税の関係とは?

軽減税率を一言で表すと、

『増税前の税率が常に適用される制度』

ということになります。

 

増税前の消費税は、

『8%』

であることは、誰もが知っていることです。

 

この消費税を増税後も、

『特定の商品に対して適用する』

ことを、軽減税率と呼ぶのです。

どんな商品が軽減税率の対象になっているのか?

軽減税率が、増税前の税率で買い物が出来るものだということを紹介しました。

それでは、

『一体、どんなものが対象になるのか』

ということも気になるところでしょう。

 

現時点で、軽減税率の対象となっているものは、

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

となっています。

 

このため、毎日の食事代などは、基本的に、

『外食や飲酒をしなければ、増税前のまま』

ということになります。

同じく、新聞も、

『週2回以上発行しているものを、定期購読している』

のであれば、増税前と同じように利用できるということです。

 

軽減税率の対象を、簡単にわかりやすく説明

新聞に関しては、そこまで複雑ではなく、

  • 週1回の発行
  • 定期購読になっていない

この2つを気を付けていれば、軽減税率の対象外には、まずならないでしょう。

 

ですが、

『酒類・外食を除く飲食料品』

に関しては、基準が難しいこともあります。

 

例えば、

  • 店内での食事
  • フードコートでの食事
  • コンビニのイートインでの食事
  • 出張料理

などは、軽減税率が適用されません。

ですが、

  • テイクアウト
  • 宅配
  • 飲食店でのお土産
  • コンビニ弁当(お持ち帰りが可能なもの)
  • 屋台での食事(テーブル等がない場合)

などの場合、軽減税率が適用されます。

 

これを見ると、

『基準が複雑になっている』

のが、よくわかると思います。

 

この判断は、個人がやっていかなければならないのですが、はっきり言って、

『誤解を生みやすい税率』

だと言えます。

 

今回の説明も、

『具体例を出して、やっと少し簡単でわかりやすくなった』

というところです。

 

軽減税率の対象を、

『常に忘れないようにするため』

には、小さい紙かカードに基準を書いて、持参しておかなければならないでしょう。

 

お酒をよく飲む人は、家計がきつくなる

軽減税率 酒類

ややこしい基準のある軽減税率ですが、

『普通に買い物をする』

分には、あまり迷うことはないでしょう。

 

ですが、外食以外にも、軽減税率が適用されないものがありますよね?

それは、

『酒類』

となっています。

 

軽減税率の対象となっている、

『飲食料品』

に当てはまるようにも思えますが、対象外になっているのには、わけがあります。

それは、

『毎日の生活に必要なものであるかどうか』

という基準に、酒類は当てはまらないとされているからです。

海外でも、酒類は軽減税率の対象外

軽減税率の対象に、酒類が当てはまらないのは、

『お酒好きな人には、残念な結果』

ですが、これは、何も日本だけのことではありません。

 

軽減税率を、以前から導入している世界の国々でも、

『酒類は、軽減税率の対象になっていない』

ことが、当たり前になっているのです。

フランスのワイン、ドイツのビールも軽減税率の対象外です。

 

その為、

「なんでお酒が軽減税率の対象じゃないんだ!」

と思っている人も、甘んじて受け入れるしかないのが、現実でしょう。

 

これを機会に、お酒を飲み過ぎている人は、

『禁酒を始めてみる』

というのも、体の健康にはいいかもしれませんね。

 

大変なのは、飲食料品を取り扱う各店舗

消費税の増税と軽減税率を行う上で、もっとも大変なのは、

『飲食料品を取り扱う各店舗』

と言えます。

 

大抵の店舗は、

『レジによる会計』

をやっているところが、ほとんどだと思います。

 

その為、新しい税率が適用されれば、

『今まで使っていたレジを、新しいものに買い替える』

必要が出てくるのです。

 

まだまだ現役で使えるレジを、新しい税率に対応したものに買い替えるには、

『かなりの経費がかかってしまう』

ことになると予想されます。

 

これによる影響は、店舗の拡大率にも関わってくると思いますが、

『大型チェーン店であればあるほど、費用がかかる』

ことになります。

経営者としては、頭の痛いところでしょう。

アナログ計算をしている、老舗店舗にも影響

昔ながらの商店街で、お店を出しているところでも、

『消費税の増税と軽減税率』

の影響が出てくると予想されます。

 

老舗店舗は、お会計をするとき、レジではなく、

『目算や電卓』

で行っていることも多く、税率が変わると、計算が狂うこともあるでしょう。

 

また、大きな店舗では、テーブルを用意して食べられる場所もありますが、これは、

『軽減税率の対象外』

になるので、計算を間違ってしまうことも、大いに考えられるのです。

 

中には、

「ややこしくて、面倒くさい」

と思っている人もいるようですが、その気持ちは誰もが良く分かることでしょう。

ですが、

『店舗を営んでいる以上』

しっかりと、時代の変化に対応しなければなりません。

特に、老舗店舗で、地元客からも人気があるのならば、大変ですが頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『軽減税率とは?対象と消費税との関係を簡単にわかりやすく解説!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『軽減税率は、対象となるものが分かりづらい』

ということが言えるでしょう。

 

日本では、新たな試みになる軽減税率ですが、

『慣れるまでに時間がかかる』

ことが、予想されます。

ですが、1度決まった以上は、適応しなければなりません。

 

しっかりと、軽減税率を理解しなければ、

『無用なトラブルに巻き込まれる』

ことにもなりかねないので、制度が始まれば、少しずつ慣れていくようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.