お金 時事

軽減税率に新聞が対象なのはなぜ?定義と報道しない理由を考察!

更新日:

軽減税率 新聞

消費税が、

『8%から10%』

に増えるということは、すでにニュースなどで知っていると思います。

ですが、これに伴い、もう1つ適用される税率があるのを知っているでしょうか?

 

その税率が、

『軽減税率』

というものになります。

 

特定の商品に対して、定められた税率であり、この軽減税率により、

『消費税が8%に固定される』

ことになっています。

 

主に、食材関係が対象になっているのですが、対象の中に、

『新聞』

が含まれており、これが物議を醸しているようです。

 

そこで、今回は、

『軽減税率に、なぜ新聞が含まれるのか』

これについて、紹介していきます。

以前から知っていて、疑問に思っていた人も、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

軽減税率に『新聞』が対象になる定義

なぜ、新聞だけに軽減税率が適用されるのか。

この件に関して、

『定義』

は説明はされているようです。

 

その説明を聞くと、

『新聞は、活字文化の維持と普及に必要不可欠のもの』

という理由から、軽減税率を適用しているとのことでした。

 

また、全ての新聞が軽減税率の対象になるわけではなく、

  • 定期購読であること
  • 週2回以上の発行がなされるもの

に限り、軽減税率を適用するそうです。

 

確かに、昔から日本では、新聞が、

『活字を読むために身近なもの』

として、普及してきました。

今でも、新聞購読を習慣にしている人もいるのは確かです。

新聞以外の活字媒体はどうなのか?

確かに、新聞は、

『活字文化の代表的な存在』

として、親しまれてきました。

ですが、それを言うなら、現在では、

  • 電子新聞
  • テレビ
  • ネットニュース
  • 関連書籍

など、媒体の種類は違いますが、

『活字を使った情報源』

は、数多く存在しているのです。

これらを差し置いて、新聞だけが軽減税率の対象になるのは、疑問が残る問題になります。

新聞に対する軽減税率は、海外ではよくあること

今回、日本は、

『新聞に対して軽減税率を初めて導入する』

ことになります。

ですが、海外では、新聞に対する軽減税率は当たり前に行われているようです。

 

海外諸国のほとんどは、日本と比べても、

『標準税率が高い』

国がほとんどであり、その税率は、

『20%以上』

になっている国も珍しくありません。

 

それらの国のほとんどは、新聞に対して軽減税率を適用しており、

『他の商品より、安く買える』

ことが多いのです。

新聞以外の活字媒体にも、軽減税率が適用される?

今回は、新聞のみが軽減税率の対象になっています。

ですが、今後、

『他の活字媒体にも、軽減税率が適用される可能性はある』

と言えます。

 

海外諸国は別として、日本では軽減税率の適用自体、

『初の試み』

であり、今後どのような影響が出るかは、やってみなければわからないことがあります。

 

結果次第で、

『新聞以外の活字媒体にも、軽減税率が適用される』

ことになるかもしれません。

様々な憶測が飛び交っていますが、今は様子を見るしかないでしょう。

 

なぜ『新聞の軽減税率』に関しては報道されないのか?

軽減税率 新聞 報道されない

軽減税率に関しては、実験段階のため、

『結論を出すには早い』

と考えられるのは、分かる話です。

 

ですが、食材の軽減税率に関しては、度々報道されるのに対し、

『新聞の軽減税率に関しては、ほとんど報道されない』

ということを知っているでしょうか?

政治家が言及するも、反応なし

以前、小泉元首相の息子でもある、

『小泉進次郎』

さんが、新聞に対する軽減税率に対して言及していたことがあります。

 

その内容としては、

『消費税増税を推していた新聞各社が、増税の対象にならないのはおかしい』

ということでした。

これには賛成の声もあがっていますが、それ以降、メディアで取り上げられることはありません。

 

この件に関しては、

  • 都合が悪い内容だから、報道しないのだろう。
  • 明らかなえこひいき。
  • どう考えても、不自然だろう。

などの声が挙がっています。

実際、この問題に関しては、憶測が数多く立てられている状態です。

 

新聞に関しては、以前から、

「偏った考えの記事が多い」

ということも言われて続けています。

 

裏事情がどのようになっているかは、現時点ではわかりませんが、

『これからも批判される』

ことは、免れないでしょう。

政治とメディアの関係は闇が多い

昔から、

『政治とメディアの関係は闇が深い』

と言われているのは、誰もが知っていることでしょう。

 

世界大戦時にも、

『日本に有利な情報を、度々流す』

ことで、情報操作を行っていたという話があります。

 

それ以外にも、様々な場面で、

『世論の操作が行われているのではないか』

という、憶測が立てられてきました。

 

その結果、以前はメディアの情報を全て信じていた人も、今では、

『誰が、本当のことを言っているのかわからない』

というふうになっています。

 

情報社会が進んだ弊害とも言えますが、どちらにしろ、

『メディアが真摯な態度を示さなければ、信頼は回復しない』

ことは確かでしょう。

 

仮に、今までの時代で、

『メディアが、真実のみを追求してきた』

のであれば、今回の軽減税率も、すんなり受け入れられたかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『軽減税率に新聞が対象なのはなぜ?定義と報道しない理由を考察!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『新聞に対する信頼の低下が、今回の問題原因の1つになっている』

と言えるでしょう。

 

信頼の積み重ねは、どんなことでも大切になってきます。

これは、新聞にも当てはまることであり、信頼が失われているからこそ、

『新聞の軽減税率に、反対の声が挙がっている』

のです。

 

新聞が、常に公平中立な立場で、真実のみを伝えていれば、

『軽減税率が適用されても、問題になるようなことはなかった』

と考えるのは、当然の結論だと言えます。

 

『メディアの影には、様々な利権が絡んでいる』

という噂があるのは、

『全ての国民が感じていること』

ですが、真摯な態度で、真実だけを伝えてほしいとも考えているのです。

 

軽減税率を認めてほしいなら、まずは、

『信頼関係を築くこと』

から始めなければならないでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.