雑学

ソメイヨシノはクローン桜で由来や起源は韓国?海外の反応を紹介!

投稿日:

ソメイヨシノ 起源

日本では、春になるとお花見のシーズンが到来しますよね?

毎年、全国各地できれいな桜を見ながら、会社の同僚や家族と集めって楽しむ一大行事です。

そんなお花見に欠かせない存在の桜ですが、特に有名な品種として、

『ソメイヨシノ』

があると思います。

 

この桜は、日本で最もよく見られる桜の品種ですが、実は、

『クローン桜』

と呼ばれていることを知っているでしょうか?

また、起源が韓国だという話も出てきています。

 

そこで、今回は、

『ソメイヨシノがどんな桜なのか』

について、紹介していきます。

普段から見慣れている桜のことを知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

ソメイヨシノは、本当に『クローン桜』だった?

クローン桜と呼ばれると、なんだか良い印象がありませんが、実際のところ、

『ソメイヨシノは、クローン桜』

という説は、信憑性が高い話です。

 

そもそも、ソメイヨシノは、

『2つの桜を品種交配させて生まれたもの』

だと言われています。

 

ソメイヨシノが生まれた起源や、由来をさかのぼると、

『江戸時代の植木屋が作ったもの』

という話にたどり着きます。

 

江戸時代に植木屋を営んでいた、染井村と呼ばれる村がありました。

この村で、

『大島桜と江戸彼岸』

2つの桜が交配された結果、ソメイヨシノが誕生したとされているのです。

 

また、別の説では、

『大島桜と山桜』

が交配したものとも言われており、どちらもソメイヨシノと呼ばれています。

 

これらのことから、全てのソメイヨシノは、

『別々の桜から出来たクローン桜』

と呼ばれるようになったのです。

ソメイヨシノは、接ぎ木や挿し木でしか増やせない

ソメイヨシノの特徴として、

『ソメイヨシノ同士は、交配できない』

という特徴があります。

 

他の花とは交配できるのですが、ソメイヨシノ同士だけでは数を増やせないため、

『ソメイヨシノを、そのまま残すことができない』

という問題があります。

 

そのため、ソメイヨシノ本来の姿を残すためには、

『接ぎ木か挿し木』

をするしか、現時点では、方法がありません。

 

また、この接ぎ木と挿し木を行うと、

『寿命が短くなる』

ことも、最近分かってきています。

 

クローンと言えば、『寿命が短い』という印象が、

『現実問題や、映画などのフィクション』

でもあると思います。

それが、ソメイヨシノでは実際に起こっているということなのです。

 

ソメイヨシノの起源は韓国?

ソメイヨシノ 韓国

ソメイヨシノの起源と、クローン桜について紹介しました。

ですが、ソメイヨシノの起源に関して、別の起源があるとされています。

それが、

『ソメイヨシノの起源は、韓国』

という話です。

 

これはかなり前から言われていたことであり、韓国にある、

『王桜』

が、ソメイヨシノの元になっているという説を、これまで主張してきました。

 

ですが、最近になってゲノム(染色体)レベルで、

『王桜とソメイヨシノは、違うもの』

として結論が出され、この論争はひとまずの終焉を見ています。

 

ソメイヨシノは、先程も紹介したように、

『接ぎ木か挿し木でしか育たたない雑種』

なのです。

王桜は、自生地も発見されている品種なので、そもそも自然に生まれていないソメイヨシノは、

『起源がどこの土地かどうか』

という論争をすること自体、間違っています。

 

世界的に認められていることでもあるので、

『ソメイヨシノの起源は韓国』

という話は無理があると考えてよいでしょう。

 

ソメイヨシノの起源について、海外の反応は?

ソメイヨシノの起源について、韓国の主張などが見られますが、これを見た、

『海外の反応』

は、どうなっているのかを紹介していきます。

起源や由来を主張するのは、時間の無駄

海外のコメントには、

ゲノム鑑定までしたのだから、起源論争はもう終止符だね。

そもそも、起源を主張し合うこと自体がナンセンス。

起源や由来がどうであれ、桜=日本のイメージがついている。

お互いの桜を大切にすれば、それでよい。

などがありました。

主な意見としては、

『桜の起源を主張するのは、意味がない』

というものです。

確かに、ソメイヨシノの起源がどこであれ、きれいな花だということに変わりはありません。

 

どこが起源という話は、

『興味深くはあるものの、争いの種にしてはいけない』

ということが言えるでしょう。

 

桜以外にも、起源が分かれるものは数多く存在しますが、

『起源よりも、その価値を共有すること』

の方が大切であり、よっぽど価値のあることだと言えるのではないでしょうか?

 

人にしても、起源はアフリカ大陸とされていますが、国が違えば、

『自分の国の人間が1番』

と主張する人もいます。

これは、

『主張することで切磋琢磨する』

のであればよいのです。

 

ですが、

『醜く批判し合って、何も前に進まない』

ことも、大いにあります。

誰もが同じ価値を、少しでも共有できるような世界になっていってほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『ソメイヨシノはクローン桜で由来や起源は韓国?海外の反応を紹介!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『ソメイヨシノは日本が起源だが、その基準に意味はない』

ということが言えるでしょう。

 

どこが起源であろうと、重要なのは、

『どのように扱われているかどうか』

なのです。

 

韓国の王桜もそうですが、綺麗なものは綺麗であり、桜を見る上での本質は、

『綺麗なものを見て、楽しくなる』

ことにあります。

それを、醜い主張争いで汚してしまっては、桜にも失礼に当たるでしょう。

 

『綺麗なものは綺麗だと、世の中の人が素直に言い合えるようになる時はくるのか』

 

それは分かりませんが、まずは、今回のソメイヨシノ問題のように、

『無意味な主張争いをやめること』

ここから始めていくことが、第1歩になるのではないでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.