食べ物

八丁味噌とは?普通の味噌との味や栄養の違いと歴史・由来を紹介!

投稿日:

八丁味噌 栄養 味

日本人が、

『昔から健康のために食べ続けているもの』

といったら何だと思いますか?

 

色々な意見があると思いますが、その中でも誰もが知っている料理に、

『味噌汁』

を思い浮かべる人も多いと思います。

 

地方ごとに味噌の味が違うので、自宅で作る味噌には様々なバリエーションがあるかと思います。

その中でも、特徴的な味噌として有名な、

『八丁味噌』

と呼ばれるものを知っていますか?

 

愛知県で作られている八丁味噌ですが、普通の味噌とは少し違った特徴を持っています。

そこで、今回は、

『八丁味噌とは、どんな食材なのか』

これについて、紹介していきます。

健康にとても良い味噌なので、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

八丁味噌の歴史

八丁味噌を紹介する前に、まずはその歴史を少し紹介したいと思います。

 

八丁味噌は、江戸時代から代々作られている伝統的な味噌ですが、そもそもなぜ、八丁味噌という名前がつけられたのでしょうか?

その由来は、江戸時代に存在した、

『八丁村』

という村で作られて始めたからと言われています。

 

また、徳川家康公の持ち城であった、岡崎城から八丁村までの距離が、

八丁(約870m)

であったことからも、

『八丁村の八丁味噌』

という名前がついた由来だと言われています。

当時、八丁味噌を作っていたのは『二軒だけ』

 

八丁味噌を作り始めたのは、

『まるや八丁味噌』

という店舗が初めてだと言われています。

 

その後、

『カクキュー』

という店舗も開業され、この二軒が八丁味噌を作り続けてきたのです。

八丁味噌の知名度が上がったのは、交通の要所だったから

八丁味噌が全国的に広まった要因は、江戸時代に、

『江戸と西日本を繋ぐ東海道に面していたから』

と言われています。

 

『参勤交代』

などで、岡崎を通る傍ら、八丁味噌が良く食べられていたようです。

また、岡崎は、全国でも有数の宿場町でもあり、

『様々な人が、宿で八丁味噌を食べていた』

とされています。

 

これにより、八丁味噌の味が全国的に広がり、知名度が上がっていったのです。

 

八丁味噌はどんな味がするのか?

長い歴史を持つ八丁味噌ですが、実際にはどんな味がするのでしょうか?

次は、八丁味噌の味について紹介していきます。

渋みと旨味が同居している

八丁味噌と言えば、

『赤味噌』

と言われるくらい、赤色をしているのが特徴の味噌です。

 

塩を多めに使っているため、普通の味噌よりも塩辛い印象が強いでしょうが、

『意外と塩辛くはない』

ので、驚かれることもあります。

 

ですが、

『渋みも強い』

ため、食べ慣れていない人には少し食べにくいかもしれません。

 

もう1つの特徴としては、

『旨味が強い』

ということが挙げられます。

 

八丁味噌は、発酵食品ですが、その材料のほとんどを、大豆のみで構成しています。

普通の味噌は、大豆に加えて、米や麦を使って発酵させるのですが、八丁味噌は、

『大豆のみで発酵させている』

というわけです。

 

そのため、

『大豆が作り出すアミノ酸の量が、普通の味噌よりかなり多い』

ため、旨味が増すと言われているのです。

 

八丁味噌の栄養素は、普通の味噌と違う?

八丁味噌 普通の味噌 違い

八丁味噌の栄養素は、

『普通の味噌と比べても、栄養価が高い』

とされています。

それでは、どのように違うかを紹介していきます。

低カロリー高タンパク質

普通の味噌には、大豆が使われているので、

『タンパク質』

が豊富だということは、よく知られているかと思います。

 

それでも十分健康には良いのですが、八丁味噌はさらに栄養価が高いと言います。

その理由は、先程紹介した原料、大豆の存在が関係しています。

 

八丁味噌が、

『ほぼ大豆のみで作られている』

ということは、先程紹介したとおりです。

 

その為、大豆に含まれるタンパク質が、

『普通の味噌より多い』

と言われています。

これにより、タンパク質をより多く取ることができるのです。

 

また、八丁味噌は味噌汁にすることで、

『カロリーが、普通の味噌より低くなる』

ことも判明しています。

カロリーが低いのは、とくに女性であれば嬉しいですよね?

 

健康によく、ダイエットにも効果のある八丁味噌を食べることは、

『普通の味噌を食べるよりお得』

だと言えるでしょう。

塩分濃度が低い

八丁味噌の栄養素で注目してほしいのは、

『普通の味噌より塩分濃度が低い』

ということです。

 

塩を多く使うため、普通は八丁味噌の塩分濃度は高いと思われるかもしれません。

ですが、

普通の味噌の塩分濃度:『12%程度』

八丁味噌の塩分濃度:『11%程度』

であり、実は

『普通の味噌よりも塩分濃度が低い』

のです。

 

これにより、高血圧など、少しでも塩分を抑えたいと考えている人は、

『普通の味噌よりも、八丁味噌』

を使ってみてはいかがでしょうか?

 

抗酸化作用が強い

八丁味噌の色が赤黒い理由は、

『普通の味噌より、長期熟成しているから』

と言われています。

 

そして、この色の成分こそが、普通の味噌と違う栄養素を生んでいるのです。

その栄養素は、

『メラノイジン』

と呼ばれる成分です。

この成分には、

『強い抗酸化作用』

が含まれており、これにより、

  • 老化防止
  • がん予防
  • 動脈硬化予防
  • 美肌効果

など、健康に良い様々な効果を得ることができるのです。

愛媛県が産地の八丁味噌ですが、この愛媛は全国的にも、

『長寿県として有名』

なのです。

 

これは、八丁味噌をよく食べているからと言われており、まさに長寿の食べ物と言うべき、ポテンシャルを秘めた味噌だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『八丁味噌とは?普通の味噌との味や栄養の違いと歴史・由来を紹介!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『普通の味噌よりも、八丁味噌を食べた方が健康に良い』

ということが言えるでしょう。

 

特に、大豆をよく食べている人は、八丁味噌を食べることにより、

『さらに大豆の栄養素を多く取ることができる』

ようになるでしょう。

 

また、八丁味噌には、

『育毛・発毛効果がある』

とも言われています。

 

これはかなり信憑性の高い効果なので、

『体と一緒に、髪の毛も元気にしたい』

と考えている人には、なおさらおすすめです。

 

『髪も体も、健康で長生きさせたい』

と考えている人は、ぜひ使ってみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.