仕事

TOEICのスコアが就職や転職でメリットになる点数はいくつから?

投稿日:

TOEIC 就職 転職

就職活動を行う際、何かと重要になってくるものとして、

『TOEIC』

というものがあると思います。

 

英語における、読解力や会話力などが、

『グローバル化』

の進む現在、重要視されているものです。

 

とくに、外資系の企業であれば、

『TOEICは必須』

と言っても良いでしょう。

 

そんなTOEICですが、実際には、

『どれくらいの点数を取れば良いのか』

正確に知らないという人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『TOEICが、就職・転職のメリットになる点数』

について、紹介していきます。

これからTOEICの勉強をする人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

TOEICのスコアはどうやって決まる?

TOEICの点数が、就職や転職に影響するのは確かですが、

『そもそもTOEICのスコアは、どうやって決まるのか』

これについて、まずは紹介しておきます。

2つのセクションに分けられている

TOEICは、主に2つのセクションに分けて試験が行われています。

その2つとは、

  • リスニングセクション
  • リーディングセクション

であり、それぞれのスコア合計により、総合スコアが決まります。

 

リスニングセクション・リーディングセクションともに、

『5~495点』

の範囲でスコアが決まり、合計で、

『990点満点』

となります。

スコアが0点ではない理由

スコア換算されたとき、

『なぜ0ではないのか?』

と、疑問に思った人もいるでしょう。

実際のTOEICでは、

  • リスニングセクション:100問
  • リーディングセクション:100問

の合計200問が出題されます。

 

純粋に足し算計算でも良さそうですが、TOEICでは、

『試験別の難易度』

を考慮した採点方法を採用しています。

 

例えば、

  • ある試験では、とても難しい問題が出題され、正解率が悪かった。
  • ある試験では、比較的簡単な問題が出題され、正解率が良かった。

これらの試験を足し算形式で採点してしまうと、

『結果が良い試験と、悪い試験が出てしまう』

というのは、誰が見ても分かりますよね?

 

その結果、同じTOEICを受けたはずなのに、

『就職面で、有利不利が出てしまう可能性がある』

ことに繋がってしまうのです。

 

これを防ぐために、細かい計算方法は明らかにされていませんが、

『足し算ではなく、統計的な計算方式』

を取っているのです。

 

他の試験との差異を最小限に抑えるために、TOEICも考えているということですね。

 

TOEICのスコアが就職や転職にメリットになる点数は?

それでは、実際にどれくらいの点数を取れば、

『就職や転職にメリットになるのか?』

について、紹介していきます。

平均点は越えていなければならない

各企業がTOEICの点数を見るとき、

『ある点数以下は採用しない』

というところがあります。

 

もちろん、全ての企業がそうではありませんが、

『ある程度の点数が取れないと、そもそも就職できない』

ということです。

俗に言われる、足切りというものですね。

 

この基準は企業ごとに違いますが、最低でも、

『600点以上』

は必要だと言われており、これがTOEICのの平均点でもあります。

 

その為、

『最低でも平均点を越えなければ意味がない』

ことを、覚えておいてください。

企業によって、必要なTOEICのスコアは違ってくる

当然と言えば当然ですが、

『企業によって、必要な点数は違ってくる』

ということも、考えておかなければなりません。

 

とくに、一流外資系企業の足切り基準は、

『800~900点』

くらいが妥当とされています。

それだけ、英語力という観点は重要な要素ということです。

 

他の一般的な外資系企業でも、

『650~750点』

くらいは必要になってきます。

 

最低でも、これくらいのスコアがなければ、

『面接する必要もない』

と判断されてしまうのです。

 

スコアが高いから、英語が出来るとは限らない

TOEIC スコアだけではダメ

TOEICの点数が、就職や転職にどれだけ影響するかを紹介しました。

確かに、TOEICで高いスコアを取ることは簡単ではないです。

ですが、

『TOEICのスコアが高いからといって、英語が出来るとは限らない』

ということも、覚えておいてください。

 

TOEICのスコアが高い人は、それなりに英語が出来る人も多いです。

だからと言って、英語がペラペラと言うわけでもありません。

中には、

にす
就職に必要だから、仕方なく受けた。

という人もおり、

『スコアはあるけど、身にはなっていない』

ということも、よく聞く話です。

 

その為、

『TOEICのスコアは、あくまで就職するための手段』

と考えておけば大丈夫です。

 

ですが、

『スコアが高いことに越したことはない』

ので、足切りされない程度にはスコアを取っておきましょう。

 

本当に企業で必要とされるには

TOEICで高いスコアを取り、トップクラスの外資系企業に入ったとしても、

『数年で会社を去る』

ことになる人も、かなり多いのです。

 

ひよ
TOEICでスコアが高かったから、英語はかなり出来るだろう。

と思い、任された仕事が、

『相手とほとんど会話が成り立たないため、上手くいかない』

という人も、中にはいます。

 

これを見ると、重要なのは、

『現場での実用能力』

だと言えるでしょう。

いくら知識があっても、実際に使えないのであれば意味がないのです。

 

もし、TOEICのスコアがあまり良くなく、それでも入社できたとき人は、

『引き続き英語力を磨けば、出世できる可能性が高くなる』

かもしれません。

 

自分よりも点数が高かった人は、安心してしまって勉強しないことがあります。

その間、

『相手よりも英語力を身に付ける努力』

をして、会社にアピールできれば、

『英語が出来る重要な人材』

として、会社から重用されるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『TOEICのスコアが就職や転職でメリットになる点数はいくつから?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『TOEICは、最低でも600点、取れるなら900点以上が必要』

ということが言えるでしょう。

 

何にしろ、

足切りされないようにする

これが重要になってきます。

 

面接も受けられないのでは、スタート地点にも立てません。

1度企業に入ってしまえば、

『努力と経験』

で、どうにでもなります。

 

これからTOEICを受ける人は、企業にもよりますが、

『最低600点、最高でも900点』

これくらいの範囲で、点数が取れるようにしましょう。

努力すれば必ず取れるので、ぜひ頑張ってみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.