みんなが気になるニュース

My News23

スポット

12月の沖縄旅行で見る絶景冬の海とおすすめリゾートホテルを紹介!

投稿日:

沖縄の海で思い浮かべるのは、真っ青な夏の海ではないでしょうか。

  • 青い海
  • 青い空
  • まぶしい太陽

の夏のイメージがあるようです。

 

でもハイシーズンの夏の海は、ビーチはもちろん景色の良い観光スポットなども人でいっぱいです。

冬の時期に沖縄旅行をすると、観光客も少なく、ゆっくりと海の景色も楽しむ事ができます。

 

12月の沖縄旅行では、年末を除いて交通費やホテルの宿泊料金が、夏の時期より低価格に設定されているので、お得な金額で旅行ができるのです。

旅行代金が安く済んだ分

宿泊日数を増やす

ワンランク上のホテルに泊まる

という選択もできたりします。

 

今回の記事では、12月の沖縄旅行の参考になる様な、絶景の冬の海の景色についての調査。

そして、おすすめのリゾートホテルを紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

12月沖縄・冬の海の景色について

12月の沖縄の冬の海は、台風の襲来もなく海が荒れることが少ないので、

綺麗で透明度が高いのが特徴

です。

真夏のきらきら輝く海とは趣が異なり、透明な水色のグラデーションを楽しめます。

また、12月の沖縄旅行では、ドライブしながら海の景色を楽しむのがおすすめです。

沖縄の12月の平均気温は18.7℃

となっています。

窓を開放して風を感じながらのドライブは、気持ちが良いものですよ。

 

それでは、沖縄の冬の海の絶景を調査していきましょう。

万座毛

万座毛

万座毛

万座毛は沖縄本島北部、恩納村の万座岬の先端にあります。

毛とは草原の意味で、切り立った崖の上はなだらかな草原になっています。

象に似た岩が見える所が写真撮影のポイントとなっていて、

『インスタ映えするスポット』

としても人気があります。

 

草原と空と海のコントラストも素晴らしいですが、

崖の上から一望できる東シナ海と海中が透き通って見えるほどの綺麗な海

は圧巻の風景です。

古宇利大橋(こうりおおはし)

古宇利大橋

古宇利大橋

沖縄本島の北部にある、

  • 『今帰仁村の古宇利島(こうりじま)』
  • 『名護市の屋我地島(やがじしま)』

を結ぶ、全長約2kmの橋です。

一直線に伸びる古宇利大橋の両サイドから海を見渡す事ができます。

まるで海の上を走っているような気分を味わえて、しかも沖縄本島でもトップクラスの綺麗さを誇る海の景色が広がります。

伊良部大橋【宮古島】

伊良部大橋

伊良部大橋

沖縄本島の海も綺麗ですが、宮古島の海も更に綺麗です。

宮古島周辺の海は豊かなサンゴ礁に囲まれていて、サンゴが常に海を浄化してくれているので、とても透明度が高いのです。

 

さらに、宮古島伊良部島を結ぶ、全長3,540m伊良部大橋

透明度抜群の海と一体になった様な感覚

で景色を楽しめます。

 

また

『冬の曇った日でも霧のかかった対岸と海が混ざり合う、幻想的な景色』

を楽しめるのも特徴です。

 

12月沖縄・おすすめリゾートホテル

12月の沖縄は暖かくて過ごしやすい気候となっています。

凍えるような寒さから解放されての沖縄旅行は、ゆったりリゾート気分を味わう事ができますね。

次は、おすすめのリゾートホテルを紹介していきます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

リゾートホテル・ANAインターナショナル万座ビーチリゾート

リゾートホテル・ANAコンチネンタル万座ビーチリゾート

恩納村の万座岬に建つ大きな吹き抜けのある、開放感たっぷりのリゾートホテルです。

東シナ海を望む半島全体がリゾートエリアとなっています。

ビーチゾーンは冬の時期では、貸切状態となり白い砂浜と透明度の高い海を、のんびり眺めて過ごす事ができます。

ANAコンチネンタル万座ビーチリゾートの特徴は

ドラゴンボート

サブマリンJr.Ⅱ(海中展望船)

サンセットクルーズ

パラセール(ベンチタイプ)

など、通年を通して楽しめるアクティビティーが揃っている所です。

観光スポットの万座毛には歩いて行ける距離なので、宿泊中に万座毛を訪れるのも良いですね。

住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地

URL:https://www.anaintercontinental-manza.jp/

TEL:(代表)098-966-1211・(予約)098-966-2212【9:00~18:00】

百名伽藍(ひゃくながらん)

リゾートホテル・百名伽藍

リゾートホテル・百名伽藍

沖縄本島の南部、南城市にある海に囲まれた高級リゾートホテルです。

客室からは、220℃の視界が広がる海の景色を楽しめ、朝日・夕日の海はもちろん、星空に輝く美しい海も堪能する事ができます。

客室はすべてオーシャンフロント

全室スイートルームタイプ

6箇所の貸切りの露天風呂

禅の間・ギャラリー・ライブラリーなどのくつろぎのスペース

など、高級感あふれる心地良い時間が流れているのが特徴です。

宿泊代は高めですが、低価格になっている12月に思いきって行ってみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県南城市玉城字百名山下原1299-1

URL:http://www.hyakunagaran.com/

TEL:098-949-1011

ホテル日航アリビラ

リゾートホテル・ホテル日航アリビラ

リゾートホテル・ホテル日航アリビラ

読谷村にある、白い壁と赤い屋根のスパニッシュコロニアル風、の外観のホテルです。

ホテルの目の前にはニライビーチがあり、客室からはビーチの青い海が広がります。

ニライビーチは、ウミガメの自然ふ化が確認されるほど、自然豊かな環境が守られているビーチとなっています。

宿泊中には、波の音を聞きながら、ニライビーチでコーミングなどもおすすめです。

ホテル日航アリビラの特徴としては

乗馬体験(オーシャントレッキングなど)

海人体験プラン(定置網漁体験)

VRエクササイズ・イカロス(ヘッドセットを装着して専用マシンに乗ってうつぶせで行うエクササイズ)

など

『心と体を解き放つプレミアムな休日』

として、たくさんのアクティビティーリラクゼーションメニューが用意されています。

住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600

URL:https://www.alivila.co.jp/

TEL:098-982-9111

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

沖縄の冬の海は夏の海よりも透明度が高く、綺麗なのが特徴です。

12月の沖縄旅行は

  • 海が綺麗
  • 観光客が少ない
  • 低価格で旅行できる

など、魅力的な点がたくさんあります。

 

ひよちゃん
沖縄旅行に行ってみたい!

今度は12月に行ってみよう!

と、思える魅力ばかりでしたね。

 

夏場は予約が取りにくいリゾ-トホテルもリーズナブルに宿泊できます。

暑い夏の沖縄旅行も良いですが、12月の暖かい沖縄へ旅してみるのも良いですね。

今回の記事をぜひ参考にしてみて下さい。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-スポット

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.