お金 生活

NHK受信料の断り方をチェック!テレビある状態で拒否する方法とは?

投稿日:

あなたはNHK受信料の支払いについて

「どうして番組を観ないのに受信料を支払わなくてはいけないの!?」

「受信料の支払いを断る方法はないの?」

といった疑問を持った事はありませんか?

 

NHK受信料は、

  • 地上契約の場合、2ヶ月で2,520円
  • 衛星契約の場合、2ヶ月で4,460円

かかります。

 

決して支払えない金額ではありません。

しかし、積み重なると結構な額になりますし、番組を観ない人にとっては無駄な出費でしかありませんよね。

 

そこで今回は、

  • テレビのある状態でNHK受信料の支払いを断る方法
  • NHKとの契約の解除方法

について紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

アドセンス

スポンサーリンク

NHK受信料の支払いは法律で定められているの?

NHK受信料の支払いは必須?

NHK受信料の支払いは必須?

結論から言いますと

『受信設備(テレビ)を設置したものは、受信契約をしなければならない』

と放送法第64条(受信契約及び受信料)で定められています。

ですが、支払いの義務については明記されておらず、罰則についても定められていません。

 

つまり、これらをまとめると

『受信料は支払わなくてはいけないが、払わなかったからといって罰則を受ける事はない』

という事になります。

 

しかし

「そういう事なら、支払いを拒否しよう」

と簡単に考えていてはいけません!

 

実際はNHK受信料の支払いを拒否したとして、下記のような人が裁判で負けています。

  • 料金を滞納してしまったため、支払いを拒否し続けた人
  • テレビの所持を認めているが、NHKとの契約を拒否し続けた人

よって

  • テレビやカーナビやスマホ等の受信設備を持っている人
  • 一度でもNHKと契約してしまった人

は、NHKに対する支払義務が生じますので、受信料を支払わなくてはいけません。

 

放置していると裁判沙汰に発展する可能性もありますので要注意ですよ!

それでも、NHK受信料の支払いを断りたい人は、下記で断り方を記載しますので参考にしてください。

 

テレビはあるけどNHK受信料の支払いを断る方法とは?

NHK受信料の断り方

NHK受信料の断り方

テレビやカーナビ等の受信設備は一切ないと言い切る

上記でも記載しましたが、NHKは一度契約してしまうと支払義務が生じてしまうため、

『初めから契約しない事』

がポイントとなってきます。

 

ですので、NHK受信料の徴収員が自宅にやってきた場合

「テレビやカーナビやスマホ等の受信設備は一切持っていない!」

と強く言い張る事が大切です。

 

これらの受信設備を持っていないとすると、放送法第64条には引っかからないので、NHKに対する支払義務は生じません。

ですが、そう主張してもしつこい徴収員の場合は

「家の中(玄関)でお話しさせてもらってもいいですか?」

「この家から電波が出ていますよ」

などと言ってくる事もあります。

 

しかし、ここで弱気になってしまってはいけません。

「家の中には入らないでください!」

「電波なんで知りません!受信設備は一切持っていません!!」

と強く主張しましょう。

 

このようにはっきりした対応をする事で、NHK側も

「この家には契約する義務や意思がないんだな」

と諦めて帰ってくれるでしょう。

居留守を使う

上記のような強い断り方ができない人は、居留守を使うのがベストです。

インターホンを鳴らされても無視しましょう。

『受信料の徴収員とは出来る限り話さない事』

が契約をしないで済むいちばん簡単な方法です。

 

もし

  • インターホンをしつこく鳴らされる
  • 玄関前からなかなか離れようとしない

という場合は

「警察を呼びますよ!」

と言ってしまえばいいのです。

 

NHK受信料のタチの悪い徴収は、社会問題化して批判が高まって以来、なくなっていますので安心してください。

この2点がNHK受信料の契約を断る方法です。

 

ポイントは

  • 受信設備を一切持っていないと言い張る事
  • 徴収員とはできる限り話さない事

ですので覚えておいてくださいね。

 

NHK受信料の支払い契約を解除する方法とは?

NHK契約解除方法

NHK契約解除方法

上記ではNHK受信料の契約の断り方を紹介してきましたが、既に契約してしまっている人も中にはいるでしょう。

その場合、どのように契約を解除すればいいのか…?

まずは、契約解除の流れから説明していきますね。

 

NHKとの契約解除には

  1. NHKに電話して解約に必要な用紙を送ってもらう
  2. 必要事項を用紙に記入して返送する
  3. NHKに受理してもらう

の3ステップです。

とても簡単ですよね。

 

ですが、契約を解除するには、それなりの理由が必須です。

では、どのような理由なら契約を解除できるのか?

 

その方法は2通りあります。

まず1つ目は

『受信設備を全て手放す』

という方法です。

受信設備がないのなら、支払義務は生じませんので、契約を解除する事が可能です。

 

しかし、この場合はNHKによる自宅訪問がある可能性が高いので

「受信設備は捨てました」

をつくのはおすすめできません。

 

そして2つ目は

『実家に帰る、引っ越す』

『結婚するからNHKの受信料も向こうの家で一緒に支払う』

という方法です。

 

NHK受信料は一世帯で一契約という仕組みになっています。

ですので

「実家に引っ越すから契約を解除します」

「結婚(同棲やルームシェアでも可)するから、受信料の支払いも向こうの家とまとめます」

といえばスムーズに契約解除に辿り着けるでしょう。

 

しかし、この方法には注意点があります!

それは

  • 『引っ越しすると嘘をつかない事』
  • 『NHK受信料を支払っている家に引っ越すと言って、他の場所に引っ越ししない事』

です。

 

NHKは、引っ越し業者や電気関連企業等から情報を買っていますので、嘘をつくとすぐにバレてしまいます。

そしてトラブルの原因となってしまう事も…。

ですので、NHKの契約を解除するのなら、嘘をつかず正当な理由をもって解除を依頼するようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回はNHK受信料の支払いを断る方法について紹介してきましたが、参考になりましたか?

  • テレビ
  • スマホ
  • カーナビ
  • スピーカー内蔵モニター

などの受信設備が自宅にある場合、

『NHK受信料を支払わなくてはいけない』と放送法で決まっています。

 

ですので、これらの設備を持っている人は、

『面倒倒なトラブルを回避するためにも』

受信料を支払っておく事をおすすめします。

それでも、契約を拒否または解除したいという人は、覚悟の上で紹介した方法で受信料の支払いを断るようにしましょう。

 

契約を断るポイントは

『家に受信設備がない事を強く主張する事』

『NHK受信料の徴収員となるべく話さない事』

ですので覚えておいてくださいね。

 

また、一度契約してしまった場合は、正当な理由がない限り、スムーズな契約解除ができない可能性が高いです。

その点も忘れないでください。

 

最後にもう一度記載しますが、

『自宅に受信設備がある人は、NHKに対して受信料を支払う義務』

があります。

よって、NHKと大きなトラブルを起こさないためにも、契約や受信料の支払いは法に従って行うようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-お金, 生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.