意味の違い 言葉の意味・語源・由来

総理大臣と首相の違いをチェック!呼び方の使い分けにルールはある?

投稿日:

総理大臣 首相 違い

内閣のトップの存在を、

『総理大臣』

と呼んでいますよね?

 

ですが、これには別の呼び方で、

『首相』

というものが存在しています。

 

とくに気にしたことはないかもしれませんが、この2つの呼び方の違いに意味はあるのかどうか。

気になるところではありますよね?

 

そこで、今回は、

『総理大臣と首相の違い』

を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

総理大臣という呼び方

日本の内閣でトップに立つ人のことを、

『総理大臣』

と、普通は呼んでいますよね?

 

この言葉は、法律でも正式に使われている名称であり、

『本当の意味で正式な呼び方』

といっても良いでしょう。

ニュースなどでは、この呼び方で呼ばれることが多いようです。

 

首相という呼び方

続いて、総理大臣と同じ意味を持つ言葉として、

『首相』

というものがあります。

 

この『相』という言葉は、元々中国で使われていた言葉であり、国の機関のトップを表す言葉として、使われていました。

例を挙げると、三国志に出てくる諸葛孔明は、

『丞相』

という位について、国をまとめる役割を担っていたといわれています。

 

また、各国のトップを表す言葉にも『首相』という言葉は使われており、主に、

『トップを表す通称』

として、使われていることが多い言葉です。

 

『総理大臣』は日本だけの呼び方

総理大臣 日本だけ

総理大臣と首相は、同じような意味合いを持っています。

ですが、

『総理大臣』

という呼び方は、日本だけで使われています。

 

昔から、

『大臣』

という呼び方は、各省庁のトップを表すときに用いられている名称であり、

  • 財務大臣
  • 法務大臣
  • 文部科学大臣

など、省庁の後に『大臣』をつけた呼び方をされているのです。

 

そして、これら全ての大臣のトップに立つ人物を、

『総理大臣』

と呼んでいます。

 

『首相』と呼んでも特に問題はない

総理大臣が、

『各省庁のトップに立つ存在』

という意味で呼ばれていることまで紹介しました。

 

ですが、これはあくまで呼び方の1つに過ぎず、別の名称で呼ばれることもよくあります。

その名称こそが、

『首相』

いわゆる、

『相をつけた呼び方』

というわけです。

 

首相は、総理大臣と同じ意味合いがあると紹介しましたが、他にも、

  • 財務相
  • 法務相
  • 文部科学相

など、

『各省庁の後に相をつけた大臣の名前』

として呼ばれることもありますよね?

 

これらの呼び方は、いわゆる、

『略称』

と呼ばれるもので、大臣よりもさらに呼びやすくしたものということなのです。

 

いちいち、

『総理大臣』

と呼ぶよりも、

『首相』

と呼ぶ方が、短くて呼びやすいということですね。

 

『総理』と呼ぶこともある

『総理大臣』

『首相』

とそれぞれ呼んでいますが、これ以外にも、

『総理』

と呼ぶこともありますよね?

 

むしろ、こちらのほうが呼ばれる頻度は高いかもしれません。

どの名称で呼ぶにしても、同じ意味であるため、好きに読んでもらえばよいかと思います。

 

書くときは首相、読むときは総理大臣

ニュースで総理大臣と呼ぶとき、テロップには首相と書かれていることがあります。

 

この違いは一体何なのでしょうか?

その理由は、

『聞き間違え防止』

ここにあると言われています。

 

総理大臣ではないですが、例えば、

『財務省』

という言葉と、

『財務相』

という言葉は、字が違うだけで呼び方は一緒ですよね?

 

これをニュースでそのまま読み上げてしまうと、意味の違いが分からなくなる時があります。

その為、

  • テロップの場合・・・『財務相』
  • 読む場合・・・『財務大臣』

というように、それぞれ使い分けていることがあるのです。

 

これに準ずるように、総理大臣も、

  • テロップの場合・・・『首相』
  • 読む場合・・・『総理大臣』

というふうに、分けて使っている場面をニュースで見ることがあります。

 

使い方の正式なルールは特にない

使い方 自由

総理大臣と首相、それぞれ使われる場面は様々ですが、

『基本的に、明確な使い分けのルールは存在しない』

と考えれば大丈夫です。

 

ですが、法律で使用する時だけは、

『総理大臣』

で統一しなければならないので、そこだけは覚えておきましょう。

 

世界各国を見ても、

『総理大臣という言葉を使っているのは、日本だけ』

となっています。

 

他の国は、ほぼ全て、

『首相』

という言葉を使っており、これは国のトップを表す言葉になっているのです。

 

日本の最高責任者は、総理大臣と言われていますが、

『総理大臣が本当のトップではない』

ということは、誰しもが知っていることだと思います。

 

あくまで、行政権を司る上でのトップというわけであり、海外の人にはたまに間違われることがあるのです。

この日本独特の文化は、日本国民にしか分からないものでしょう。

 

そう考えると、

『首相よりも総理大臣』

と呼んだ方が日本らしさが出るのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『総理大臣と首相の違いをチェック!呼び方の使い分けにルールはある?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『総理大臣と首相、使い分けにルールはなく、好きな方で呼べば良い』

ということがいえるでしょう。

 

法律上では、総理大臣と呼ぶのが1番正しいのかもしれません。

しかし、あまり気にして呼んでいる人はいません。

メディアなどでも、明確なルールがあるわけではなく、それぞれの局によって呼び方も様々なのです。

 

その為、

『自分が呼びやすい呼び方で呼ぶこと』

これが1番だと言えるでしょう。

 

今回は、総理大臣と首相の語源などを紹介してきました。

これを参考にしながら、自分の呼び方を探してみてはいかがでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-意味の違い, 言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.