お金 仕事

総理大臣の給料や年収をチェック!退職金やボーナスはあるの?

投稿日:

総理大臣 給料

テレビの国会中継などで、討論している中に、

『総理大臣』

が頻繁に映されていますよね?

国民の先頭に立って、様々な政務をこなしている総理大臣ですが、

『総理大臣って、給料はどれくらいあるの?』

と考えたことはないでしょうか?

 

国の指針を決める上で、重要なポストである総理大臣ですが、

『それに見合った給料は出ているのかどうか』

これは、気になるところです。

 

そこで、今回は、

『内閣総理大臣の給料・年収・ボーナス・退職金』

について紹介していきます。

 

国の実質トップである総理大臣は、どれくらいの賃金で仕事をしているのか。

ぜひ、参考にしてくみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

総理大臣の給料は月給制

総理大臣といえば、他の人よりも、

『かなり多くの給料をもらっている』

というふうに見えますよね?

 

確かに、一般の人と比べれば高いかもしれませんが、それでも、

『そこまで高いとは言えない』

というのが現状です。

 

そもそも、総理大臣は、

『国家公務員』

に分類され、給与形態はあらかじめ決まっているのです。

 

時代により多少は増減しますが、

平均月給

約230万円~240万円

平均年収

約3,800万円~4,000万円

これはボーナスも入れた額です。

夏のボーナス

約360万円~380万円

冬のボーナス

約400万円~420万円

 

また、この金額から、その年に起こった震災等などで減額されることもあり、

最終的な年収は、

『約3,000万円』

くらいになることもあります。

 

例としては、東日本大震災の復興財源として、

『約30~40%』

減額されたことがあります。

 

総理大臣の退職金はどれくらい?

総理大臣の年収や給料を紹介してきました。

 

次に気になるのは、

『総理大臣を辞めたら、退職金は出るのか?』

ということになります。

 

「総理大臣という大役を担ったのだから、さぞ高い退職金がもらえるのだろう」

と思うかもしれませんが、現実はそこまで甘くはありません。

退職金が少ないのは、ある意味当然のことだった

それでは、総理大臣の退職金はどれくらいあるのかを紹介していきます。

総理大臣の退職金は、

『約500万円』

これが、総理大臣を辞めたときにもらえる退職金の額となります。

 

この額を見て、

「めちゃくちゃ少ない!」

と思った人もいるかもしれません。

 

ですが、この金額、

『実は妥当な金額』

といえるのです。

 

総理大臣は、元々国会議員から選出された人が、就いている役職です。

という事は、もし内閣総理大臣を辞めたとしても、

『国会議員に戻るだけ』

ということになります。

 

これが地方の県知事などになれば、辞めた後は、

『ただの一般人』

になるため、その分、退職金もかなり増えることになります。

 

ですが、総理大臣はその役職を退いても、継続して給料がもらえるため、

『退職金という名前も妥当ではない』

ということです。

 

一応、総理大臣という大役を務めているので、

『退職金』

という形で支払われていますが、そこまで魅力的なものでもないのです。

 

むしろ、責任と仕事が増えるので、やりたくないという人もいるのではないでしょうか?

 

総理大臣は割に合わない?

総理大臣 割に合わない

国のトップに立ちたいと考える人は、貰える金額に関わらず総理大臣を目指せばよいかと思います。

 

ですが、総理大臣という役職は、

『生半可な方法では、到底なれるものではない』

ということを、覚えておいてください。

 

総理大臣になるためには、

『政権与党のトップ』

まずは、これを目指さなくてはなりません。

 

その為にはまず、政権与党に入るところから始めるわけですが、これがまず難しいのです。

総理大臣までの、主な道のりは、

  • 衆議院議員選挙に立候補し、当選する。(これがすでに難しい)
  • 1回や2回の当選では、与党内での評価は上がらない。(最低5回以上は当選する必要がある)
  • 与党内での地位と発言力が強くなければならない。(実質、与党のトップになる)
  • 国会議員の投票により選ばれる。

以上をすべて達成した人

だけが、総理大臣という席に座れるのです。

給料に見合わない激務

総理大臣の仕事は、かなり激務です。

主な仕事は、

  • 各大臣の選定。
  • 政策・予算・法律などを決める。
  • 各議員からの質問に回答する。
  • 各国と外交を行い、国同士の連携を図る。
  • 被災地等、各地の訪問。
  • 有事(災害・紛争等)の際、最高指揮官として指示をする。

などがあります。

 

羅列するだけなら簡単ですが、

『外交をして、政策を決めて、議員の疑問に答え、災害等が起これば指揮を執り、被災地にも赴く』

これを全て考えながら実行してくのは、なかなか難しいことです。

 

もちろん、各大臣などの助言を受けながらになりますが、

『全ての責任は総理大臣にかかってくる』

ということになるのです。

 

それを考えると、

『もう少し給料を貰っても、バチは当たらない』

と考えても、ある意味当然かもしれませんね。

 

給料がよくなくても、総理大臣になりたい人は多い

そもそも、国会議員の年収が、

『約2,000万円』

といわていますが、これも

人件費などでほとんどなくなってしまいます。

 

懐が潤っているわけではない以上、総理大臣になって少し年収が上がったとしても、

『そんなに余裕はない』

ということです。

むしろ責任が重くなった分、さらに仕事が辛くなっただけともいえます。

 

それでも、総理大臣になりたいと思う人がいるのは、

『政治家である以上、自分が考える政策を実現させたい』

と考えているからでしょう。

 

そうではない人もいるかもしれませんが、ほとんどの政治家はそう考えています。

『総理大臣は、給料の割に損な役職』

と考えること自体、間違っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『総理大臣の給料や年収をチェック!退職金やボーナスはあるの?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『総理大臣になったからといって、給料が恵まれているわけではない』

ということがいえるでしょう。

 

紹介した総理大臣の給料は、一般の人から見れば高いと感じる金額だと思います。

 

ですが、政治家をしている人から見れば、もっと貰ってもよいと思われているのです。

それだけ、総理大臣の仕事は、

『責任が重い役職』

といえます。

 

総理大臣の評価は様々でしょうが、

『少し内部事情を知っている』

というだけで、見方が変わるかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-お金, 仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.