恋愛

婚活疲れの男女別の原因と対策を紹介!下手するとうつになる危険!

投稿日:

婚活

婚活

ひよちゃん
「そろそろ結婚しなきゃ」

と、最近では婚活をする人も多く見かけます。

現在は、アプリ婚活パーティなど、シーンを問わず異性の人と触れ合う機会があり、また色々な手段で出会うことが出来ます。

ですが、いざ意気込んで相手を探すものの思うように上手くいかず、

月日が経つごとに婚活自体に疲れてしまう人

もいるのではないでしょうか?

今回はそんな人に向けて、

『なぜ婚活をしていると疲れてしまうのか、その原因とこれからの対策』

を、男女別に紹介します。

興味のある人はぜひ見ていってください。

アドセンス

スポンサーリンク

婚活に疲れる原因 女性編

婚活疲れ

婚活疲れ

婚活疲れを起こしてしまう女性は、どんな原因で疲れてしまうのでしょうか?

その原因を、簡単にリストアップしました。

 

  • 理想の男性に出会えずに疲れる
  • 会話についていけず空気が悪くなってしまう
  • 婚活パーティに行っても相手にされない
  • 仕事と婚活で体力的に疲れてしまう
  • 好みじゃない男性に好かれて疲れた

このような理由で、婚活に疲れてしまうようです。

 

女性は、結婚へのプレッシャーが男性より強い傾向にあります。

また、婚活に疲れを感じる人は全体の半分以上にも登るため、長期間での婚活は女性の負担にもなるようです。

 

女性は、オシャレやマナーにも特に気を遣わないといけないので、その負担はやはり男性より多いのでしょう。

一日でたくさんの人に会い、いくら笑顔を作って相手からの印象を良くしても、思ったように成果がないと、だんだんと疲れてきてしまいますよね。

 

婚活に疲れる原因 男性編

婚活疲れ

婚活疲れ

基本的に、婚活疲れの多くは女性が多いように見えます。

女性は年齢が上がるにつれ焦りやプレッシャーも男性より増えるので、やはり女性の声が多いのでしょう。

 

ですが、あるアンケートでは、

『実は男性は女性より深刻な婚活疲れを感じている』

と出ています。

 

男性はあまりマイナス面を外に出さないので、その悩みが表面には出ないのかも知れません。

やはり同じ人間ですから、男性には男性ならではの悩みがあるでしょう。

 

では、なぜ男性が婚活に疲れてしまうのかその原因を見ていきましょう。

 

  • 年収を聞かれて嫌な気持ちになる
  • 否定されるのが怖いので女性を誘えない
  • 女性からの返事がこない
  • 金銭的に余裕がない
  • 仕事をやりつつ、連絡をこまめにするのが大変

婚活などの場では、基本的に

男性が女性にアプローチをかける機会

が大半を占める事となるでしょう。

 

やはり大人数だと男性2人、女性1人になったりと積極的に動いても、上手くいかない場合がありますよね。

また、複数の人と会う予定を立てても、お金は男性持ちが多いですから金銭の負担も女性より高めです。

経済力を求められることが多いですから、堅苦しい思いをすることも婚活疲れの原因の1つと言えます。

 

婚活疲れの対策

  • いつでも明るく、前向きに生き生きと婚活に励んでいる人。
  • 小さなことに不安を感じ、悩んでしまい、疲れてしまう人。

前者と後者は一体何が違うのでしょうか。

 

まず、前向きでひたむきな婚活が出来ている人は、婚活疲れをしてしまう人に比べると、

『考え方がプラスな人』

が多いです。

 

今回は、婚活で素敵な人に巡り会うまでに

  • 婚活疲れをしない
  • 婚活疲れを解消できる

ための対策を紹介します。

簡単にリストアップしたので、もし、婚活で悩んでいるのなら、ぜひとも実践してみてください。

何もしないで休む時間を作る

誰でも、婚活を始めた時は、意欲も充分でエネルギッシュですが、慣れてきて思ったように成果に繋がらない時は、

『何もしないでゆっくり休む時間を作りましょう』

 

長い期間婚活をしていると、上手くいかないことが続いてしまうこともあります。

どんどんストレスが溜まり、

もう婚活なんて嫌だー!」

と、勢いでやめてしまうことになっては、今までの頑張りが勿体ないです。

 

時には完全にオフの日を作って、心身ともにリラックスし回復してから、スタートすると心機一転上手くいく事もあります。

ラフに婚活をする

多くの人は、少しでも良く見てもらう為に、身だしなみマナーなどを覚えて本番に挑みます。

第一印象は全てにおいて大切ですから、慎重になる必要があるのです。

 

ですが、あまりにも意気込みすぎて慣れていないことばかり繰り返すと、上手くいかない時に余計ストレスが溜まってしまいます。

無理をしてる人は、自分は気づかないだけで相手は結構気づくものです。

 

それに万が一、交際に発展しても、取り繕った自分のままでいては、苦しく感じてしまう場面も多いでしょう。

ある程度のラフさを持つことで余裕も出来ますし、自分らしさで人と向き合う方が良い成果に繋がりやすいです。

断られてもいいと思ってアプローチする

「これを断られたら本当にやめよう...」

そう思って、一球入魂してる人もいるのではないでしょうか。

 

確かに1人の人と誠心誠意向き合うことは大切です。

ですが、そんなに簡単に素敵な人に巡り会えないのが現状なら、思い切って

『割り切ってみる』

のも良いかもしれません。

 

中々難しいかも知れませんが、肩に力を入れすぎるより

「上手くいくといいな」

「また次があるだろう」

「振られても仕方ない!自分とは合わなかったんだ。」

と思うことで後々、良い巡り合わせに引き合わせてくれることもあります。

相談できる相手を作る

婚活に行き詰まっても、中々、他人に自分のことを相談するのは勇気がいることだと思います。

 

ですが、仲の良い友だちに勇気を持って相談するだけでも気が紛れたり、

「もっと良い人を見つけよう」

というきっかけが出来ます。

 

また、女性は婚活会場などの情報交換も話のタネになります。

異性だけではなく、同性に積極的に話しかけるのも、案外楽しいかもしれません。

病院に受診する

最近では、婚活疲労外来があるメンタルクリニックもあります。

婚活疲れで精神的に辛くなってしまう人も少なくはないようです。

『婚活地獄』

と呼ばれるくらい婚活は、体力も気力も使います。

 

最近では、婚活の相談ができない人も増えてきており、自分を追い込んでしまい、

『婚活うつ』

になってしまう人もいるのです。

 

メンタルクリニックに婚活疲れの専門外来ができるほど、中々上手くいかない人が多いということですね。

婚活うつになる人の傾向を上げてみると、

  • ストレスに弱い
  • プライドが高い
  • 見返りを求める

などが考えられます。

 

あくまで『こんな傾向がある人』ですので、ここに当てはまる人が絶対に婚活うつになるとは限りません。

ですが、婚活うつになる人の傾向に当てはまった人は、息を抜く場所を作って、

『ストレスにならない頻度で活動すること』

が大事といえるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

結婚相手を見つけることはそう簡単なことではありません。

だからこそ、

「自分には結婚は無理なんだ」

と思って諦めるのではなく、たくさんの人と会って

自分らしくいられる素敵なパートナー

を見つけたいですね。

人生は1度きりです。

諦める前に、まずは自分のペースで、自分らしく素敵な恋をしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yomechan

専業主婦で在宅ライターをやっています。好きなもの:写真撮影や絵、動物と触れ合うこと、座右の銘『追い求める勇気があれば、すべての夢はかなう。』毎日自分の好きなことをやって生きていくのが目標です。色んなことに興味を持ち、できるだけ多く人の役に立てるよう日々記事を書いていきますので、よろしくおねがいします。

-恋愛

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.