害虫

蚊が活動する気温はいくつ?蚊がいなくなるエアコンの温度を紹介

投稿日:

蚊 エアコン 予防

夏場によく見かけるようになる虫と言えば、何を想像しますか?

いろんな虫が出てくるかと思いますが、その中でも、あまり会いたくない虫と言えば、やはり、

『蚊』

と答える人も、多いと思います。

 

春から秋にかけて、徐々にその数が多くなってくる蚊ですが、そもそも、

『蚊が活動する気温はどれくらいなのか』

このことを、知っている人はどれくらい居るでしょうか?

これを知っているだけでも、蚊に対する予防をすることができます。

 

そこで、今回は、

『蚊が活動する気温と、活動しなくなる気温』

について、紹介していきます。

蚊に刺されると、感染症になる可能性もあるので、しっかりと対策していきましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

蚊が活動する気温

まず最初に、

『蚊は、どれくらいの気温になると活動を始めるのか』

これについて紹介します。

 

蚊が活動を開始する気温は、

『10~15度』

と言われています。

ちょうど、3月~4月の時期が、この気温になってくるので、このころには、蚊は活動を開始しているということです。

活動が活発になる気温は?

それでは、

『蚊の活動が最も活発になる気温』

は、どれくらいだと思いますか?

 

夏場に多くみるので、30度くらいと思う人もいるかもしれませんが、およそ、

『22度~30度』

これくらいの気温が、蚊の最も活動しやすい気温だと言われています。

 

この気温は、6月~7月にかけて多くなる気温帯なので、この時期が最も蚊に注意しなければならない時期なのです。

最高で、どれくらいの気温まで動けるの?

蚊が活動しやすい気温は分かりましたが、そもそも蚊は、

『どれくらいの気温までなら活動できるのか?』

という疑問も残ります。

 

夏に多いから、どれだけ気温が上がっても活動できると考える人もいますが、蚊が活動する最高の温度は、

『およそ35度』

と言われています。

これより気温が高くなってくると、蚊は動けなくなり、活動を停止し始めます。

 

最近、気温が35度~40度になる年が増えてきましたので、むしろ夏真っ盛りの時期には、あまり活動していません。

蚊が活動する最低気温はどれくらい?

蚊が活動する最高気温を紹介しましたが、それでが逆に、

『どれくらい気温が下がれば、蚊は活動しなくなるのか』

これも気になるところですよね?

 

これは意見が少し分かれるところなのですが、およそ

『10度~15度』

これくらいの気温になれば、蚊は活動を停止するようです。

 

季節でいえば、

『10月の終わりから11月の始めころ』

くらいには、蚊はほとんど見られなくなるでしょう。

 

エアコンで室内気温を下げたら、蚊はどうなるのか?

エアコン 蚊 来なくなる

暑い夏の日には、エアコンが必須になってきますよね?

昨今では、夏場における気温の上昇も激しくなってきたので、エアコンをつけなければ体調管理もできなくなってきました。

 

ところで、蚊が活発に活動する気温が、

『22度~27度』

くらいだと、先程紹介しましたが、

『エアコンで気温を下げてしまえば、蚊に刺されないのか?』

という疑問が出てきます。

次は、これについても紹介していきます。

 

なぜ蚊は人を刺すのか

エアコンの話をする前に、

『蚊がなぜ、人を刺すのか』

知っていますか?

それは、

『妊娠した蚊が、養分を求めて人間の血を吸うから』

これにより、蚊は卵を産み、新たな蚊を誕生させているのです。

また蚊は、

  • 高い体温
  • 汗に含まれる乳酸や水分
  • 体についている皮脂
  • 二酸化炭素

これらを察知すると、どのような環境でも人の体に寄ってきます。

エアコンをつけても、蚊には刺される

エアコンで気温を下げてしまえば、蚊の動きが鈍って刺されないのではないか?

こう考える人は、多いかもしれません。

確かに、

『気温が急激に下がり、室内が寒くなること』

これにより、蚊の動きは鈍ります。

 

それでも、完全に活動が止まるわけではないので、いくら寒くて活動鈍っていたとしても、

『人がその場にいる』

この条件があれば、蚊は血を吸いにくるのです。

 

その為、エアコンをつけたからといって安心するの早いでしょう。

エアコンを15度以下にすれば、一応蚊はいなくなる

先ほど、蚊が活動する気温は10度~15度だと、紹介しました。

これはあくまで目安であり、

『最低でも10度までなら活動していた』

ことを意味しているのです。

 

日本に生息している蚊は、

『およそ15度』

になると、ほとんど活動を停止するといわれています。

これを参考にすると、

『エアコンの温度設定を15度以下ににすれば、蚊は活動できなくなる』

ということがいえるでしょう。

 

ですが、気温15度以下というのは、夏の季節で言えばかなり低い気温になります。

その気温を常に設定してしまえば、

『身体が、家の外と中の急激な気温差についていけない』

という事態になり、体調を崩してしまうかもしれません。

 

それを踏まえると、エアコンで蚊を完全に撃退する方法は、あまりおススメしません。

エアコンと他の道具を併用する

エアコンだけで、一応は蚊の活動を停止させることができると紹介しました。

 

ですが、やはり15度という気温は、体に悪い影響を及ぼしてしまうでしょう。

今回は代替案として、

『エアコンと他の道具を併用する』

という方法をオススメします。

 

まず、

  • 蚊が活発に活動できない
  • 人体に影響が少ない

この2点を踏まえて、エアコンの最低限の温度設定を考えると、

『20度~22度』の範囲が適温といえます。

 

エアコンの温度を上記の適温に設定し、

『蚊取り線香やスプレーなどで予防する』

これで、蚊が大分寄ってこなくなるでしょう。

また、蚊は、

『レモンやハーブの香りが大嫌い』

ということも判明しています。

その為、部屋にこれら2つの香りを充満させておけば、蚊が寄り付きにくくなるでしょう。

体を清潔にしておく

蚊の習性と1つとして、

『体にいる菌の種類が多いほど、蚊は寄ってくる』

というものがあります。

 

蚊は、

『オスとメスが交尾して、初めてメスが人の血を吸い始める』

生き物です。

交尾をする際、人の菌の臭いに反応して、交尾を始めることもわかってきています。

 

そこで、

『あらかじめ体を洗う』

『除菌シートなどで、除菌する』

ということをしておけば、蚊が交尾することなく、血を吸いに来なくなるということになるのです。

特に、暑い夏は、汗などで体が汚れてしまいがちになります。

 

『なるべく体を清潔にして、エアコンをつけておく』

これらを行い、蚊が寄ってこないようにしておけば、蚊に対する予防になるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『蚊が活動する気温はいくつ?蚊がいなくなるエアコンの温度を紹介』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『蚊はなるべく低い気温であれば、活発に活動しなくなる』

ということがいえるでしょう。

35度以上の気温でも、蚊は活動しなくなりますが、これでは人間も参ってしまいます。

 

今回紹介したように、

『20度~22度』

くらいの気温にエアコンを設定していれば、寒い場所が苦手な蚊は、あまり出てこなくなります。

 

ですが、ずっとエアコンだけに頼っていると、体調を崩す恐れもあるので、

『蚊が苦手な臭いなどで、寄せ付けないようにする』

これも合わせて、考えておいた方がよいでしょう。

 

  • エアコンと蚊よけの道具を併用する
  • 身体を清潔にする

など、それぞれを上手く利用して、蚊に刺されないようにしていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.