生活

偽Amazon架空請求詐欺の手口と被害内容を解説!見分け方や対策をチェック

投稿日:

Amazon 詐欺

架空請求詐欺が、巷で流行っているのは、ニュースなどでよく聞くこともありますよね?

その手口は、年々巧妙化しており、すぐに新しい手法が出てきます。

そんな架空請求詐欺の中に、

『偽Amazon架空請求詐欺』

というものがあるのを知っていますか?

この、偽Amazon詐欺が、最近になって流行しつつあります。

そこで、今回は、

『偽Amazon詐欺に引っかからないために、どうすればよいのか』

これについて、紹介します。

Amazonを騙る悪徳業者の好きにさせないためにも、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

手口はどんなものがあるのか?

早速、偽Amazon詐欺について紹介していきます。

偽Amazon詐欺の手口には、どのようなものがあるか知っていますか?

代表的な手口は、

『メールによる架空請求』

といわれています。

商品が配送されました

まず、メールの文言で書いてあるのが、

『商品が配送されたので、支払いをお願いします』

というものです。

 

注文をしていないのに、いきなり商品が配送されてくるのは、驚きますよね?

このとき、送られた側は、慌てて支払いをしてしまうのことがあるのですが、1度落ち着いてみてください。

Amazonの支払い方式は、

『着払い』

『前払い』

に分けられています。

着払いは、『代金引換』ともいわれますが、配送してきた業者に直接支払う方法です。

 

前払いは、

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
  • クレジットカード払い

があり、それぞれ支払いが確定してから、商品が届く流れになります。

 

そのため、普段前払いを行っている人は、

『商品が先に配送されることは有り得ない』

ということなのです。

 

着払いだとしても、

『自分が商品を注文していない場合』

支払わずに、持ち帰ってもらってください。

 

そして、自分の購入履歴を確認し、注文していないことを確認したうえで、

『カスタマーセンター』

に連絡を入れればよいです。

 

このとき、アカウントを乗っ取られている可能性もあるので、その場合は、

『アカウントを凍結してもらう』

これを、最優先で行うようにしてください。

支払いが完了していない

商品購入した覚えがないのに、支払いが完了していない旨のメールが届く場合もあります。

このとき、本当に購入しており、支払いをしていないのであれば対応するべきですが、覚えがないのであれば無視してください。

 

Amazonで商品を注文すると、必ず、

『注文確定報告』

をメールで送ってきます。

すなわち、支払いが完了していないことなど、本来起こることではありません。

 

もし起こるとすれば、クレジットカード会社の手続きが上手くいかなかったというくらいでしょう。

着払いにしても、その場で支払いをするので、そもそも支払いが完了していないというのは、おかしい話です。

このとき、気が動転して、つい支払いをしてしまう場合があるのですが、落ち着いて対処するようにしましょう。

Amazonそっくりのサイトに飛ばされる

詐欺メールの中には、

『詳細情報を載せておきます』

などの文言で、Amazonそっくりのサイトに飛ばそうとするものもあります。

 

中身を見ると、本当にそっくりのサイトに飛ばされ、ログイン画面が出てきます。

そこに、自分の、

『ログインIDとパスワード』

を入力してしまうと、

個人情報を抜き取られてしまいます。

 

そして、

身に覚えのない請求が来るようになる

などの被害に遭う羽目になるので、決して入力しないでください。

ログインするときは、自分でAmazonを検索するか、公式アプリからログインするようにしましょう。

電話で支払いを請求してくる

Amazonを名乗る人物から、

「支払いが完了していないので、今から言う口座に支払いしてください」

という電話がかかることもあるようです。

 

購入した覚えがないと答えても、

「確かに購入履歴が残っており、お客様が誤って注文したのではないですか?」

といって、あたかも注文したように仕向けてくるのです。

 

このような会話をしているうちに、だんだんと不安になってしまい、支払いをしてしまう場合があります。

ですが、基本的に、

『Amazonが、直接支払い請求の電話をしてくることはない』

ということを、覚えておいてください。

もし、直接このような電話がかかってきても、対応することなく、警察などに通報すれば大丈夫です。

ギフト券で支払いを請求する

Amazonには、

『Amazonギフト券』

というものがあり、これを使って買い物をすることができます。

 

ですが、架空請求業者の中には、

『Amazonギフト券を購入させ、支払いを求めてくる』

という手口を使う者もいるのです。

 

これもお決まりの手口です。

『Amazonギフト券で支払いを請求されることはない』

ということを覚えておけば、対処することはできます。

 

これは、支払い代金の代わりに

『Amazonギフト券を購入させ、その番号を盗む』

という目的ですが、このような請求が来た場合は即座に詐欺を警戒してください。

 

Amazonギフト券を使う場面は、

『Amazonサイト内で商品を購入するときだけ』

なので、それ以外の場面で使われることはまずありません。

基本的に、外部からAmazonギフト券の購入を請求されても、対応しないようにしましょう。

 

偽Amazon架空請求詐欺を見分けるには?

偽Amazon詐欺 見分ける

偽Amazon架空請求詐欺の手口を紹介してきました。

次は、

『実際に見分けるためにはどうすればいいのか』

について、紹介していきます。

必ず履歴を確認する

どんな請求をされてとしても、まずは、

『自分の利用履歴を確認する』

これが重要になります。

 

『履歴に残っていない、身に覚えがない履歴がある』

などが判明すれば、ただちにカスタマーセンターや警察に連絡してください。

詐欺被害に遭う人は、

『慌ててしまい、支払いをする』

このパターンが多いです。

まずは落ち着いて履歴を確認することから始めましょう。

 

身に覚えがなければ、

『完全に無視してしまう』

のも1つの手です。

本当に不備があるのであれば、後日改めて連絡があるので、そのときは対応しておきましょう。

連絡先を確認する

Amazonは、特定の電話番号メールアドレスしか使っていません。

公式サイトで確認しておけば、本当にAmazonから連絡が来たかどうかが、わかるようになっているのです。

以下は、その連絡先です。

メールアドレス

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

電話番号

  • 09090097540
  • 08021585817

この連絡先以外は、基本的に詐欺と思っていいでしょう。

 

SNSやアプリで別途連携しているものは、すぐにわかるかと思います。

自分で連携していないものが、もしあれば、安易に信用しないようにしましょう。

Amazonのカスタマーセンターに聞く

自分で、本物か詐欺かを判断できないときは、

『カスタマーセンターにとりあえず聞く』

これを徹底しましょう。

カスタマーセンターで

「取り扱いが無い」

と言われれば、それは基本的に詐欺だと考えて大丈夫です。

これが1番手っ取り早い方法かもしれませんね。

 

落ち着くこと

偽Amazon詐欺の手口や見分け方を紹介しました。

 

この詐欺による被害額は、

『一回に100万円~200万円を超えること』

もよくあり、今までの被害総額は、

『約1憶6000万円』

にも上ると言われ、決して無視できない被害金額になっています。

 

このような被害に遭わないため、何が1番重要かと言えば、

『落ち着いて対応すること』

これに尽きるでしょう。

 

詐欺をする人物は、相手の動揺に上手く付けこむことがとても上手いです。

なので、まずは落ち着いてから、先程紹介した見分け方を試してみてください。

自分を守れるのは、自分だけなのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『偽Amazon架空請求詐欺の手口と被害内容を解説!見分け方や対策をチェック』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『心当たりのない請求や連絡は、詐欺だと疑って対応すること』

ということがいえるでしょう。

 

今の世の中、人をだましてお金を得る行為は、当たり前のように行われています。

悪意を持って、人の弱みに付け込むプロが多くいるなかで、知らなかったでは済まないことも多くあるのです。

 

今回は、偽Amazon詐欺でしたが、他の詐欺も同様に、

『まずは落ち着いて対応する』

これを心掛けてみてください。

 

冷静になれば、おかしい事にはすぐ気づきますので、無視するか、速やかに通報すればよいのです。

詐欺集団の思いどおりにさせないためにも、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.