言葉の意味・語源・由来

死語ランキングを一覧チェック!ディスるやリア充はもう古い?

投稿日:

死語

ディスる、リア充という言葉を知っていますか?

ディスるは、『相手をバカにする』という意味。

リア充は、『生活が充実していること・彼氏彼女がいる』という意味。

少し前までは、誰でも使っていたこの言葉たちも、今ではなかなか聞かなくなりました。

いつの間にか使われなくなった言葉を、

『死語』

というのですが、今ではどんなものがあるのでしょうか?

今回は、気になる

死語になった言葉をランキング形式

紹介していきます。

今使うと、ほとんど意味が分からないといわれる言葉を知るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

第10位『当たり前田のクラッカー』

まずはこの言葉、『当たり前田のクラッカー』です。

これは昭和30年代後半、まだモノクロテレビだった頃に流れていたコメディー番組の言葉です。

『藤田まこと』さんが、『ランチクラッカー』という商品を持って、

『俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー』

といったのが始まりで、当時かなり流行った言葉です。

90年代の子供までなら、親が知っているので、聞いているかもしれませんね。

第9位『あっと驚くタメ五郎』

これも、昭和に流行った言葉として有名です。

当時のテレビ番組

『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』

で、クレージーキャッツの

『ハナ肇(はなはじめ)』さん

が番組内でやっていたギャグです。

 

『あっと驚く、たーめーごろー!』

と突然言い出す、よく意味が分からない言葉ですが、当時はとても流行っていました。

昭和30~40年生まれなら、誰でも知っている言葉でしょう。

 

第8位『アベック』

アベックという言葉は、今でもたまに使われることがあるかもしれません。

ですが、やはり死語というにふさわしい言葉なのです。

意味は、

『男女一組』

を指しており、今でいうカップルと同じ意味です。

かつては、この言葉がかなり頻繁に使われていたのですが、今ではアベックといわれても、なんのことか分からない人ばかりでしょう。

 

第7位『エッチスケッチワンタッチ』

今でいう『エッチなやつ』を指す言葉です。

なぜ、このような名前になったのかは不明ですが、語呂が良いので使われていました。

子供が、鬼ごっこなどをしているときにも使われており、当時の子供はあまり意味を知らなかったみたいですね。

 

第6位『おどろ木ももの木さんしょの木』

タイムボカン

タイムボカン

次に紹介するのは、驚いたときに使っていた言葉、

『おどろ木ももの木さんしょの木』

という言葉です。

木がつく言葉を、語呂合わせで表している言葉であり、これも特に深い意味はありません。

タイムボカンシリーズでも、使われていましたね。

 

第5位『合点承知の助』

これも、一昔前までは使われていた言葉の1つです。

『任せろ、承知した、理解した』

などを指します。

江戸時代から使われている言葉とも言われますが、普通に冗談めかして使われていました。

さすがに、今では使う人はいなくなってしまいましたね。

 

第4位『ゲッツ!』

ダンディ坂野

ダンディ坂野

これも死語ではありますが、今でもこっそり使われているのではないでしょうか?

ダンディ坂野さんが持つ鉄板ネタ、

『ゲッツ!』

両手の親指と人差し指を使って、ピストルのような形を作り、前に向けながら行います。

元々、ダンディ坂野さんがマクドナルドでアルバイトをしていた時代、店長から伝授されたギャグだそうです。

 

第3位『チョベリバ』

90年代から使われ始めた言葉で、当時、若者を中心に流行った言葉であり、

『チョーベリーバッド』

という英語を略して、チョベリバと言われていました。

意味としては、

『超とても悪い=最悪』

を指しています

 

派生語に、

『チョベリグ』

という言葉がありますが、これは

『チョーベリーグッド=最高』

を指していますが、今では両者とも完全に死語と化しているようです。

 

第2位『よっこいしょういち』

これは昭和を中心に流行した言葉で、立ち上がるときに使う掛け声でした。

元は、旧日本兵の、

『横井庄一』

という人の名前にかけた言葉です。

横井庄一

横井庄一

当時は日本中で使われており、今でもたまにおじちゃん・おばちゃんが、

『よっこいしょういち』

といって、立ち上がるのを見ることがあります。

 

第1位『許してチョンマゲ』

死語というより、おやじギャグとして、今なお高い知名度を誇る言葉、それが、

『許してチョンマゲ』

という言葉です。

 

何か悪いことをしたときの、謝罪を指す言葉ですが、

『謝罪する気は全くないように聞こえる言葉』

としても有名です。

『許して』と『チョンマゲ』をかけて作っている言葉であり、

志村けんの『バカ殿』

などでも、ときどき使われています。

おやじギャグの筆頭格ともいえるギャグですが、今の若者が聞いても、困り顔か冷めた顔をされるのがオチでしょう。

 

死語は使われるけど、やっぱり死語

死語 やはり死語

死語という名前から、今ではまったく使われないのかと言えば、実はそうでもありません。

日常会話では、たまに使われている場面を見ることがあり、笑いもしっかりと取れているのです。

ですが、やはりそこは死語といわれるだけあり、特に若い世代を中心に意味が通じなくなっています。

言うたびに説明するのも恥ずかしいので、いずれは完全に消滅する日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『死語ランキングを一覧チェック!ディスるやリア充はもう古い?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『死語といわれても、使われるときは使われている』

ということがいえるでしょう。

いつの間にか、死語という名前がつけられたとはいえ、使う場面を間違えなければ、まだまだ使える言葉は多くあります。

また、流行りすたりは世の常なので、いずれまた、

死語が復活する日も来るかもしれません。

誰かが、新しい使い方を発見してくれることを祈り、こんな言葉が流行ったんだということを覚えておきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.