政治家 時事

玉城デニーの掲げる一国二制度とは?メリットと問題点をチェック!

投稿日:

一国二制度

『一国二制度』という言葉を知っているでしょうか?

あまり馴染みのなり言葉かもしれませんが、簡単に言うと、

『1つの国で、2つの制度を持とう』

という考え方のことを指しています。

沖縄県知事の玉城デニーさんが発言したとして物議を醸しています。

もともと、中国がイギリスの植民地だった香港の返還を受けて、

『50年間は社会主義ではなく、資本主義』

を行うことを、認めたことからきている言葉でもあります。

そこで、今回は玉城デニーさんから出た『一国二制度』の意味、そのメリットと問題点は何なのか。

これを紹介していきたいと思います。

これを見て、一国二制度について理解を深めてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

一国二制度とは

それでは改めて、

一国二制度

について紹介していきたいと思います。

この制度は、

『同じ国の中で別々の制度を敷き、まったく別の方針で国の運営をしていく』

というものです。

本来、国の制度は統一されているのが基本であり、地域ごとに細かい決まりはあっても、統一した目標が必要になるのです。

 

戦国時代などをベースに考えてもらえば、分かりやすいかもしれません。

戦国時代は、幕府が武士をまとめる立場にあったとはいえ、それぞれの地域が国を名乗って全く別の政策を行っていました。

日本全体での統一した政策が、希薄だった時代ですね。

ですが、それではいつまでも国が乱れるため、江戸幕府により統一した国家運営が行われ始めたのです。

今回、玉城デニーさんが発言した、

『沖縄の関税や消費税をゼロにするくらいの提案があってもよい』

というものですが、これは自由競争を掲げる資本主義の中でも、沖縄の発展のため、

『全く別の新たな資本主義をさせてほしい』

という意味にも取れます。

あくまで筆者の感じたことですが、この全く別の資本主義という部分が、『一国二制度』と呼べるものになるでしょう。

一言で表すと、『国の中に別の国がある』ということです。

 

一国二制度のメリット

一国二制度のメリットとして考えられるのは、

国の路線とは外れた独自の政策

を行うことができる点でしょう。

どこまでの自由を認めるかによりますが、国によって定められた政策ではなく、その地域独自で自由な活動ができるようになります。

なので、もし他の国との外交を認めている場合は、

『わざわざ、国に断りをいれなくても勝手にできる』

ということにもなります。

ですが、完全に独立しているわけではないので、何か問題を起こしても責任は国全体で背負うことになるため、精神的負担もないでしょう。

まさに良いとこ取りの、好き放題というわけですね。

 

一国二制度の問題点

一国二制度 問題点

 

ぱっと見ると、良いことだらけの制度に見えるのですが、もちろん問題点はあります。

いくつか挙げていくので、参考にしてみてください。

村八分のような状態になる

ある特定の地域だけ、このような特権を許してしまうと、

他の地域が黙っているわけがありません。

ほぼ必ず、

『うちも同じようにしてほしい』

と、要請が殺到するはずです。

日本にある都道府県は、どこも大なり小なり問題を抱えているのです。

そこに、一部の地域だけ特権を与えてしまうと、今までは『他も同じようなもの』と思って保たれていた均衡が一気に崩れるでしょう。

これは少し考えてみればわかることですが、

『誰かが得をしているなら、自分も同じ扱いをしてほしい』

と思うのは、当然のことだと思いませんか?

なので、もし国が同じような特権を他の地域にも認めなければ、特権を持った地域はまるで村八分のようになってしまうでしょう。

少数より多数が勝つのは、古くからの世界の法則です。

例外も多少ありますが、よっぽど納得できる判断材料がなければ、いずれ孤立していくのは明白です。

他の国に懐柔される

外交が認められ、自由にできるようになった場合、その地域はすでに『国』といっても過言ではありません。

そして

弱い国は、強い国に飲み込まれていく

のも、世の常なのです。

必ずといってよいほど、他の国から懐柔されていくことはもちろん、自国からも援助されないことだって考えられます。

自由を得るということは、それだけ責任も重くなるということでもあり、あくまで、

『自分の責任は自分で取る』

ということなのです。

全く別の制度を敷いたとはいえ、領土を易々と渡すわけにもいかないので、援助はあるかもしれません。

それでも、自分が関与していないことに対して、どれだけの援助が出来るかといわれれば、あまり期待はできないでしょう。

『一国二制度』はそれだけリスクの高い制度でもあるのです。

そもそも運営できない可能性もある

仮に、一国二制度が認められたとして、その地域だけの政策が始まるとしましょう。

ですが、制度を分けた、もう一方からの援助は期待できないでしょう。

もし、国が積極的に一国二制度を導入するのであれば話は別ですが、制度を分けること自体、力を分散するだけでメリットはあまりないです。

国を運営するなら、統一した制度の方が管理しやすく、現に、現在の日本はそれで平和を保っているのです。

もし、特権を持った別の制度が始まるなら、周囲からの批判を受けることは明白であり、先程挙げた他の国からの懐柔も考えられます。

この状態で、正常な運営ができるとは、普通に考えても無理だと誰もが思うでしょう。

一国二制度を成功させるには、周囲の納得と援助が絶対に必要なのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『玉城デニーの掲げる一国二制度とは?メリットと問題点をチェック!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『よっぽど周囲が納得するか、多大なメリットがない限り、一国二制度は成り立たない』

ということがいえるでしょう。

そもそも国で制度を分けるくらいなら、

独立したほうがまだマシ

というものです。

独立して、自分たちの責任のもと、新たに制度を作っていくならまだしも、

特権だけもらって名前は国を使うなどは、誰も認めないでしょう。

国の規模で話していますが、これは一般的にどんな団体でも当てはまることです。

制度を作るときには、

感情論を語るだけでは成り立ちません。

相手が納得するだけの理由、それに見合ったメリット

があって始めて制度は作られていきます。

玉城デニーさんは、

「一国二制度は比喩だった」

としていますが、世間的にはあまり良く見られないでしょう。

これを他人事と捉えず、

公の発言には責任が伴うこと

を肝に銘じて、日々の生活を送っていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-政治家, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.