害虫

蚊取り線香を猫よけにして大丈夫?安全や影響・害をチェック!

投稿日:

猫のトラブル

猫のトラブル

近所の野良猫が庭を荒らしていく

玄関回りや庭に糞をしていくので困っている

猫が苦手なのに敷地内に出入りしている

自由気ままな猫の行動に関するトラブルに、悩んでいる人も多いでしょう。

とくに猫の糞尿の被害は、臭いも強烈ですし、もちろん衛生的にもよくありません。

でも、猫よけに、ハーブを植えたり、猫が苦手だと言われているコーヒーや、柑橘系の匂いのものを撒いりしても、意外と効果がないんですよね。

でも、もしかして『蚊取り線香』なら猫よけになるのでは?

と思いついたけど、その影響・害が気になるところ。

そこで、蚊取り線香を猫よけにしても大丈夫なのか、その安全や影響・害をチェックしてみましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

蚊取り線香が猫に与える影響・害

蚊取り線香

蚊取り線香

敷地内に出入りしている猫には困っていても、命ある生き物である猫を弱らせたりして退治するような方法はいけません。

ましてや、近所の飼い猫だった場合、飼い主とトラブルになることもあります。

あくまで、

猫が近寄りたくなくなる環境をつくる

という方法を考えなければいけません。

そこで気になるのが、蚊取り線香を猫よけにした場合、猫への影響や害があるのかどうかです。

蚊取り線香の成分は動物には無効

蚊取り線香の有効成分は

  • 防虫菊から採れる『ピレトリン』
  • 類似成分『ピレスロイド』という化学化合物

この二つです。

『ピレトリン』または『ピレスロイド』によって、蚊は神経麻痺を起こして動けなくなります。

しかし、人間や犬・猫などの哺乳類は、これらの成分を体内で分解し、尿として排出することができるのです。

『ピレトリン』『ピレスロイド』は、蚊に対してはダメージを与えることが出来ますが、

人間や犬・猫などの哺乳類の生き物には無効なのです。

ですから、犬や猫を飼っている家庭でも、蚊取り線香は比較的安全に使用できると考えられています。

猫にとって強い匂いや煙は苦手

猫の嗅覚は、人間のなんと10万倍ともいわれるほど敏感です。

とても敏感な嗅覚を持っているため、

  • 柑橘系の匂い
  • ミント系の匂い
  • コーヒーの匂い
  • 香水や芳香剤などの強い匂い
  • 香辛料
  • 煙草

これらの強い匂いがとても苦手です。

また、ほとんどの猫は『煙』そのものが苦手です。

蚊取り線香も、その独特な匂いに加えて、蚊取り線香から出る『煙』が猫にとっては強い刺激となります。

至近距離で使用すれば、咳やくしゃみをするようになってしまいます。

 

蚊取り線香を猫よけにしても大丈夫?効果など

猫よけの対策

猫よけの対策

さて、蚊取り線香の成分が猫にとって、無効なことが分かりました。

じゃあ蚊取り線香を、猫よけにしても大丈夫ということ?

そもそも蚊取り線香は、猫よけになるの?

猫にとって無害であり、猫よけにも効果的なら、自宅に残っている蚊取り線香を、活用したいと思っている人もいますよね。

蚊取り線香の煙は猫よけになるの?効果をチェック

肝心の蚊取り線香の猫よけとしての効果ですが、

あまり効果がなかった

という人も多くいます。

煙や強い匂いが苦手とされる猫ですが、個体差もありますし、実際には確かな効果はなさそうです。

猫を何匹か飼っている家庭でも、蚊取り線香を焚いても無反応で、むしろ平気で近寄る猫もいるようです。

しかし、猫の本能として

『自分の匂いがする縄張りは安心できる場所』

という認識があります。

その猫の匂いを消すために、

  • いつも排泄をしているところの近くで蚊取り線香を焚いておく
  • 出入りしている付近に蚊取り線香の煙を漂わせておく

などの方法でしたら、少しは効果を上げられるかもしれません。

猫よけをするならまずは臭いを消す

いつも出入りしている猫が飼い猫であれば、本来ならば飼い主に猫の管理をしてほしいところです。

しかし、中々ご近所同士で飼い主に注意をしたいけどできない、という場合も多いですよね。

それならば、こちらが猫が近寄りたくなくなる環境を、作るしかありません。

猫は自分の臭いがする所、とくに排泄物の臭いがあると、そこを縄張りと考え安心してくつろぎ始めます。

また、自分の排泄物の臭いがするところへは、何度も用を足しに来たりします。

猫の排泄物の臭いはかなり強く残りますので、排泄物を除去するだけではなく、まずはこの臭いを無くしてしまう事がポイントです。

香りで誤魔化すような消臭剤ではなく、ミョウバンや重曹などを使って臭いを分解して、完全に臭いの元から無くしてしまうのが効果的です。

その上で、蚊取り線香や他の猫よけのグッズを使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

蚊取り線香を猫よけにした場合の安全や影響・害について調査してみました。

蚊取り線香の成分自体は、猫にとっては無効と考えられています。

しかし、強い匂いや煙が苦手な猫にとって、蚊取り線香は居心地の良いものではありません。

また、猫によっては煙で咳やくしゃみをするようになります。

もしも、その猫が近所の飼い猫だった場合、ご近所同士でトラブルにもなりかねません。

中には、蚊取り線香に対して無反応な猫もいるようなので、蚊取り線香が、はっきりと猫よけに『効果がある』とは言えなさそうです。

蚊取り線香を猫よけに使用するなら、その猫の排泄物などの臭いを消した上で使用すれば、効果があるかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.