害虫

蚊取り線香を赤ちゃんが食べた!乳児の安全や影響をチェック!

投稿日:

蚊取り線香

蚊取り線香

耳元で不快な、あの

『プゥ~ン』

という羽の音を聞くと、蚊取り線香を付けずにはいられませんよね。

蚊取り線香は、赤ちゃんがいる家庭でも使用できますが、気を付けなければいけないのが

『誤食』

です。

蚊の近寄りそうな、下の方に蚊取り線香を焚けば、私たち大人よりも、ずっと目線が低い赤ちゃんにとっては、興味の対象になってしまいます。

うっかりと下の方に置いておいた蚊取り線香を、もしも赤ちゃんが食べてしまったら…。

今回は、赤ちゃんが蚊取り線香を食べたときの影響やその安全性について調査してみました。

アドセンス

スポンサーリンク

蚊取り線香を赤ちゃんが食べたら影響は?

赤ちゃんの誤食

赤ちゃんの誤食

蚊取り線香は、モクモクと煙を出して、蚊を遠ざけてくれます。

赤ちゃんが蚊に刺されるのも避けたいですし、乳幼児のいる家庭でも蚊取り線香を使用している人は多いでしょう。

しかし、何でも口に入れてしまう赤ちゃんが、うっかり蚊取り線香を食べてしまったら…。

蚊が嫌がるほどの成分のものなのに、赤ちゃんにはどれくらいの影響があるのか、とっても不安になってしまいますよね。

蚊取り線香の成分と、赤ちゃんへの影響や安全性を見てみましょう。

蚊取り線香の成分

蚊取り線香は、独特の香りと煙が特徴ですが、その成分については知らない人も多いですよね。

蚊取り線香の主成分は

ピレスロイド系

という殺虫成分です。

昔の蚊取り線香では、防虫菊という植物の有効成分『ピレトリン』を線香に染み込ませたものを使用していました。

現在、ドラッグストアなどで一般的に購入することができる蚊取り線香には、『ピレトリン』の類似成分『ピレスロイド』という化学化合物が使われています。

防虫菊のように『植物』と聞くとなんだか安全なような気がしますが、殺虫成分『ピレスロイド』となると人体への影響が心配ですよね。

殺虫成分『ピレスロイド』の人への影響

気になるのが、この『ピレスロイド』の人体への影響です。

殺虫成分『ピレスロイド』は、

人体への影響はない

と言われています。

この『ピレスロイド』は、人間を含む哺乳類の体内では酵素で分解され、尿として排出されます。

しかし、蚊はこの酵素を持っていないため『ピレスロイド』を分解することができません。

すると、神経麻痺を起こして命を奪う仕組みなのです。

このような理由から、蚊取り線香の成分は人間にはほぼ無効ということで、使用方法を守れば、赤ちゃんがいる家庭でも使用することができます。

赤ちゃんが蚊取り線香を食べたら影響は?

殺虫成分『ピレスロイド』は、人体への影響がないという事は分かりました。

しかし、赤ちゃんがこの『ピレスロイド』を含む煙を吸うだけではなく、蚊取り線香を食べてしまったら…?

 

でも、万が一赤ちゃんが蚊取り線香を食べてしまっても、慌てなくて大丈夫です。

舐めたり、一かけら程度の誤食では中毒症状は出ない

と考えられています。

しかし、食べた量や個人差もあり、

  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 口唇・舌のしびれ
  • めまい
  • 顔面蒼白
  • 痙攣

などの症状が表れることがあります。

また、皮膚炎などのアレルギー反応がでることもあります。

 

赤ちゃんが蚊取り線香を食べた時の対処方法

泣いている赤ちゃん

泣いている赤ちゃん

万が一、赤ちゃんが蚊取り線香を食べてしまったら、次のような対処方法が有効です。

家庭での対処方法

  • 口をゆすがせる
  • 赤ちゃんの場合は、ガーゼや脱脂綿で口の中をふいてあげる

誤食をした量が少量であれば、家庭でこれらの対処をし、様子をみてみましょう。

医療機関での対処方法

  • 胃洗浄
  • 吸着剤・塩類下剤の投与など

大量に誤食をしてしまった場合には、医療機関での処置が必要です。

医師に、『ピレスロイド系』の蚊取り線香を食べてしまったことと、食べた量を告げて診療を受けましょう。

 

赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使う際の注意点

さて、最後に『赤ちゃんがいる家庭での蚊取り線香を使う際の注意点』を紹介します。

赤ちゃんが、蚊に刺されて痒そうにしているのも、可哀想ですし、部屋に蚊が侵入してくるのは避けたいですよね。

赤ちゃんがいても、安全に蚊取り線香を使用していれば、誤食による事故や、煙による咳やくしゃみなどの影響も防ぐことができます。

煙が赤ちゃんの方へ向かないように設置・換気をする

蚊取り線香の煙は、大人でも直接吸うと咳やくしゃみがでたりしますよね。

蚊取り線香を使用する際には、赤ちゃんの近くで焚くのは避けて、風の向きもチェックをしましょう。

また、充分に換気をしながら使用しましょう。

赤ちゃんが見つけられない位置に蚊取り線香を置く

渦巻きから煙が出ていたら、それは赤ちゃんの興味の対象になります。

蚊取り線香は、赤ちゃんが見えないところ・手が届かないところに設置しましょう。

これにより、誤食は避けられるはずです。

部屋を使用する前に蚊取り線香を焚いておく

赤ちゃんがいる部屋から蚊を追い出したい場合、まずは別の部屋に赤ちゃんを移動させてから使用するのがおすすめです。

数時間ほど蚊取り線香を焚けば、蚊を追い出すことができ、侵入も防ぐことができます。

これなら煙による影響や誤食も防ぐことができますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

蚊取り線香を赤ちゃんが食べた時の影響や対処法などをまとめてみました。

蚊取り線香の主成分『ピレスロイド』は、赤ちゃんにも影響がないことが分かりましたね。

万が一誤食をしてしまっても、一かけら程度であれば、影響はないと考えられています。

赤ちゃんの口をゆすぎ、家庭で様子をみることで対処が可能です。

また、大量に食べてしまったという場合には、医師に

  • 『ピレスロイド系』の蚊取り線香を食べてしまったこと
  • 食べた量

を告げて診療を受けましょう。

赤ちゃんのいる家庭で蚊取り線香を使う場合は、

  • 煙が赤ちゃんの方へ向かないように設置・換気をする
  • 赤ちゃんが見つけられない位置に蚊取り線香を置く
  • 部屋を使用する前に蚊取り線香を焚いておく

など、注意をして誤食を防ぎましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.