仕事

会社を辞める時の正しい手続きを紹介!準備するものや時期はいつから?

投稿日:

退職届

退職届

会社を辞めようと思っているけれど、

「何から手をつけて良いのかわからない…まずどんな手続きが必要なんだろう」

「保険とかどうなるのかな?」

と悩む人、多いと思います。

次のステップに気持ちよく進むためにも退職は円滑に進めたいものです。

今回は、

  • 会社を辞める際に必要になる手続きの簡単な説明
  • 辞める時に準備するもの
  • 退職の時期

についてを、紹介していきますので、ぜひ読んでおいてください。

しっかりした準備のもと、手続きを終えれば案外簡単に終わりますので、抜けがないか確認してみてくださいね。

アドセンス

スポンサーリンク

会社を辞める時期はいつがいいの?

会社を辞める時の一般的な退職時期は、

12月3月

と言われています。

 

その理由の1つに、

年末という区切りの時期

にあたるため、退職のタイミングに選ばれやすいということです。

会社を辞める時、法律的には、

『退職の2週間前に職場に辞職の意思を伝えればいい』

となっていますが、実際には2周間だと引き継ぎなどする場合に、期限が短く、慌ただしくなってしまいます。

そうなってしまうと、トラブルを引き起こしてしまったり、会社を辞めることを引き止められてしまう原因にもなってしまいます。

円満に仕事を辞めるためにも、

退職する月の2ヶ月前くらいに辞職の意思を伝えるのが適切

と言われています。

ですが、職場によっては、

『就業規則』

で、退職時期に関するルールが定められている場合もありますので、自分の会社の就業規則はしっかりと確認しておきましょう。

 

会社を辞める時に準備するもの

会社を辞める前に、事前に必要なものや手続きをの手順を準備をしておくと、スムーズに手続きが進むので、途中で混乱することなく手続きができます。

ぜひ、一度目を通して置いてみてください。

会社に返却するもの

  • 健康保険証
  • 通勤定期券
  • 会社から貸与された事務用品や備品(制服や名刺など)
  • 社員証(会社の身分証明書)

退職・任意継続被保険者といって、退職しても健康保険に2年間加入できる制度もあります。

その場合は、健康保険証をコピーして返却しましょう。

任意継続を行うには20日以内に手続きを行わなければ利用できないので注意

 

通学定期券は、返却する場合と、返却せずに自分でJRや地下鉄の窓口で払い戻す場合もあります。

その場合、払い戻される金額が、給料から差し引かれることになります。

その他に会社のセキュリティが絡む身分証明書はすべて返却し、返し忘れることのないよう確認しましょう。

 

会社を辞める時に受け取るもの

離職票

離職票

会社に返却するものもあれば、受け取るものもあります。

また会社などによって、受け取るものも若干変わりますが、大まかになにを受け取るのか確認しておきましょう。

  • 退職証明書(希望者のみ)
  • 在籍期間証明書(希望者のみ)
  • 離職票(次の会社が決まっている人には必要ない)
  • 源泉徴収票
  • 自宅に郵送をお願いする
  • 厚生年金基金加入員証
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康保険被保険者資格喪失確認通知書

離職票と源泉徴収票は退職日には受け取れない

 

会社を辞める時の手続き

会社に返却するものや、会社から受け取るものが大体わかれば、あとは手順です。

流れを簡単にまとめると

会社を辞める時の流れ

  1. 会社の要求に応じて退職願・退職届を提出
  2. 直属の上司に辞職の意思を伝える
  3. 業務の引き継ぎ期間を考えて2ヶ月前くらいには退職を伝えて、スケジュールを立てる
  4. 後任者への業務の引き継ぎをする
    資料作成や、データの整理、取引先や顧客の後任者紹介など、やり残しのないよう動く
  5. 会社から預かっていたものを返却
    渡し忘れがないように最新の注意を払う
  6. 会社から書類を受け取る

という感じになります。

仕事内容は、みんな違います。

なので、多少の前後はすると思いますが、一つ一つ丁寧にミスをしないよう確認しながら手続きをこなせば、

『円満に退職』

もできますし、次の仕事でもスッキリとした気持ちで取り組むことができるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

昔に比べ、

『転職』や『退職』

も、比較的当たり前になっています。

なので、人それぞれいろいろな理由があり、中には前向きな退職ではない方も中にはいるでしょう。

それでもやはり、辞める時は会社の人たちや仕事で関わった人たちに

感謝

を伝えて、笑顔で退社したいですよね。

そのためにも、時間には余裕を持って、最後までしっかりと手続きを終わらせてから、後腐れなく、また次の仕事に移ることができれば安心ですね。

この記事が、今読んでくださってるあなたの参考になれば幸いです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.