歴史

聖徳太子は実在しない?2つの架空の人物説や女性説など存在をチェック

更新日:

突然ですが、聖徳太子の架空人物説を知っていますか?

つまり、歴史上で有名な、あの聖徳太子という人物が実在しなかったという説です。

そこで当記事では、聖徳太子は実在していたのか?

それとも、架空説が正しいのか?

これらの聖徳太子にかかわる謎について、紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

聖徳太子のトンデモ説!

説明不要かとは思いますが、簡単に聖徳太子について、紹介していきます。

聖徳太子(しょうとくたいし)は、

574年2月7日に生まれ

622年4月8日に亡くなった

とされています。

聖徳太子の活躍した時代は飛鳥時代の推古朝。

当時の天皇は女性天皇の推古天皇です。

聖徳太子の父は用明天皇、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女です。

飛鳥時代を代表する政治家であり、聖徳太子は摂政として、天皇と事実上同じ仕事をしていました。

 

実は、この聖徳太子という名前は、後世につけられたもので、当時は、

  • 厩戸皇子(うまやどのみこ)
  • 厩戸王(うまやどのおう)

と呼ばれていたそうです。

その由来については、

厩(うまや)の近くで生まれたこと

それで、そのように呼ばれたと言われていますが、現代人の受ける印象は、

「なんだ、馬小屋生まれか」

と、あまりよいものではありません。

まぁ、時代が違うので、そのあたりはなんとも言えないのですが…。

 

そんな聖徳太子ですが、時々、

お前は何を言っているんだ

「おまえは一体何を言っているんだ?」

というようなトンデモ説が多く唱えられています。

 

中でも、聖徳太子架空説は、とりわけ有名です。

しかし架空説くらいで驚いてはいけません。

聖徳太子は、歴史上において、超がつくほどの有名人ですから、トンデモ説も、実に様々なんです。

  • 聖徳太子蘇我入鹿説
  • 聖徳太子推古天皇説
  • 聖徳太子怨霊説
  • 聖徳太子女性説

ざっと調べても、これだけの説があります。

聖徳太子蘇我入鹿説などは、

「本当に、なにを言っているんだ?」

と笑ってしまいがちですが、実は『聖徳太子は蘇我入鹿である』という著書が、歴史評論家によって発売されているほど…。

この他にも、色々と驚くようなトンデモ説が多いですが…

 

その中でも目を惹くのが、聖徳太子女性説です。

女性説というのは、一体どういうことなのでしょうか?

調べてみても、その根拠になるような発言が見当たりません。

mixiのコミュニティで、一個人が勝手に予想しているものしかありませんでしたし、女性の聖徳太子でヒットしたのは、聖徳太子をモチーフにした『東方Project』の豊聡耳神子くらい…。

東方Project

豊聡耳神子

どうも聖徳太子女性説については、あまり広まっている説というわけでもなく、同じ女性説なら、まだ上杉謙信女性説の方がまともかな…。

と感じさせられた次第です。

 

聖徳太子は実在していない?架空人物説とは?

聖徳太子は、現在では存在しなかった説が有力になっていますよね。

そもそも、聖徳太子架空説とはどういうことなのでしょうか?

聖徳太子架空説には、大きく分けて2つの説があります。

その2つの聖徳太子架空説がどんな説なのか、詳しく見ていきましょう。

聖徳太子架空説1 聖徳太子という名前が当時存在しなかった

まず、第1の聖徳太子架空説は、

聖徳太子というのは後世につけられた架空の名前だ!

という内容です。

要するに、

『別の名前の人物が、後世で聖徳太子と呼ばれるようになった』

というのです。

この説は非常に単純明快というか、近年の学生であれば誰もが習ったであろう、

聖徳太子=厩戸皇子(厩戸王)

という説ですね。

厩戸皇子は聖徳太子とは違い、実在性は、ほぼ確実とされています。

そして現在では、この厩戸皇子が十七条の憲法や冠位十二階を作ったことになっています。

そのため、聖徳太子というのは架空の存在で、実際は厩戸皇子の実績である…。

これが、第1の聖徳太子架空説です。

まぁ、聖徳太子架空説というよりは、

聖徳太子=厩戸皇子説

と言った方がわかりやすいかもしれません。

この説が一般的になってきたからこそ、教科書でも、最近になればなるほど、『聖徳太子』という呼称は使われなくなりました。

筆者の高校時代も、聖徳太子の名前はすでに厩戸皇子になっていましたね。

また、近年では聖徳太子の肖像画も、

聖徳太子とされる人物の肖像画

と呼ばれるようになっています。

聖徳太子架空説2 聖徳太子は偶像としての存在だった

第2の説は、

聖徳太子という存在は、過去の功績にかかわった人物をひっくるめた伝説の存在だった

という内容です。

この聖徳太子架空説は、大山誠一氏が提唱した説から始まりました

この大山氏の説によると、聖徳太子として知られる人物は、後の日本書紀などで捏造され、実在しなかったとのこと。

十七条の憲法も、冠位十二階も、全て日本書紀の編者による捏造

であり、聖徳太子は架空の人物、そして厩戸皇子というのは、王位継承権すらない格下の王族だった…。

というのです。

 

その他の聖徳太子が実在しなかった架空人物説の根拠をいくつか挙げてみましょう。

  • 推古天王の時代には摂政という職務はなかった
  • 皇太子という制度も存在しなかった
  • 現在残されている聖徳太子の肖像は、別人のものである
  • 纏っている衣装も笏(しゃく)も、聖徳太子の時代には存在しなかった
  • 隋書との食い違いが多い(随書は中国の歴史書)

たとえば、現代に残されている聖徳太子の肖像画像ですが、ここに描かれている人物は聖徳太子ではない説は、かなり有力です。

その画像がこちら。

聖徳太子

学校の教科書などにもありますから、有名ですよね。

実は、

頭の冠、着ている衣服、持っている笏(しゃく)などは、全て聖徳太子の時代である推古朝には存在しなかった

そうですよ。

これらはいずれも大化の改新以降のもので、実際、笏が登場したのは奈良時代になってからです。

 

隋書との食い違いがあったという根拠については、隋書で日本に触れた部分が

『倭国伝』

です。

それによると、

「日本で会った王は男性だった」

との記述があるそうです。

当時の天皇は女皇である推古天皇ですから、これは明らかに矛盾していますね。

またこの隋書には、聖徳太子も厩戸皇子のことも全く記載がありません。

そういうことから、大山氏は聖徳太子を架空の存在だったと言っているのです。

 

あまりにも極端すぎるので、当然この大山氏の説に反論は挙がるのですが、大山氏に反論をする学者たちも、

「大山氏の指摘のように、『日本書紀』に意図的な聖徳太子像が盛り込まれているのは確かだ」

と言っています。

というのも、厩戸皇子が存在したのは確かですが、厩戸皇子がイコールで聖徳太子と結びつくかというと、そうではありません。

なぜなら、聖徳太子はあらゆる政治を司り、

  • 冠位十二階の制定
  • 憲法十七条の制定
  • 国史編纂
  • 遣隋使の派遣
  • 仏教興隆(三経義疏、法隆寺・四天王寺の建立)

などを1人でおこなったと言われていますが…

このすべてを厩戸皇子がおこなったという証拠が、全くと言っていいほど見つからない

のです。

聖徳太子という伝説の存在が、これらすべてを1人でおこなった、というのなら理解できますが、厩戸皇子がたった1人でこれらの功績を収めたと言われるとどうでしょうか?

疑問が残りますよね。

そもそも、冠位十二階も現在では、厩戸皇子と蘇我馬子が主体となって作った制度(確たる証拠はない)と言われるようになりました。

昔は聖徳太子1人の功績だ、とされていたのに、そこに蘇我馬子も実際は深くかかわっていたと言われると、この時点で厩戸皇子1人の功績ではなくなりますよね。

そして、聖徳太子=厩戸皇子としてしまうと、

冠位十二階は聖徳太子と蘇我馬子が中心となって作った制度

ということになり、聖徳太子1人の功績というのは嘘になってしまいます。

当時は蘇我氏の権力はすさまじく、推古天皇自体が蘇我氏の傀儡だったことから考えても、厩戸皇子が政治にかかわっていたことは確かだとして、全てを厩戸皇子だけの独断でおこなえるとは思えません。

要するに、

『日本書紀』の聖徳太子像は誇張表現があるため、厩戸皇子1人が聖徳太子とは言えず、他人の実績もまとめて聖徳太子としたのではないか?

との考え方から、

聖徳太子が伝説の存在である=実質的には架空である

とすることができるわけですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、聖徳太子が架空の人物だった説など、聖徳太子のトンデモ説をいくつか紹介しました。

筆者の印象では、第2の

"聖徳太子が行ったとされる業績は、他の人物により行われた説"

の信憑性が高いように感じます。

いずれにしても、当時の人間に直接会い、話を聞いたりすることは、不可能です。

所詮は、後世の人間の推測推量にしか過ぎません。

このあたりが、歴史を語る時の面白さでもありますね。

ただ、一歩間違えば、捏造を広めていってしまう危うさもあります…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-歴史

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.