ゲーム

クッパ姫とは?元ネタと海外の反応やTwitterをチェック【女体化】

投稿日:

2018年9月23日の日曜日頃から、突如Twitterのトレンド1位を独占し続けているワードがあります。

それが『クッパ姫』です。

一部のフェティシズムを突き動かすようなクッパ姫ですが、そもそもクッパ姫とは何なのでしょう?

海外ユーザーのある二次創作が爆発的に流行し、三次創作として日本でも話題になっているわけですが…。

クッパ姫の元ネタはどこから来たのでしょうか?

当記事では、今話題のクッパ姫について、元ネタや海外の反応、Twitterでの評判を調べてみました。

アドセンス

スポンサーリンク

クッパ姫とは?元ネタは二次創作の4コマ漫画

今、クッパ姫という二次創作キャラクターが爆発的な人気になっていますよね。

Twitterではトレンド1位になっているなど、反響の凄さを感じさせます。

このクッパ姫、流行しすぎて探そうにも元ネタがどこにあるのかわからなかったりします。

ここまで爆発的な人気になってしまうと、

公式のキャラと勘違いする人

も出てきてしまうかもしれません。

なので、クッパ姫の元ネタをここで紹介しますね。

 

クッパ姫の元ネタは、アート投稿コミュニティの『deviantART』で活動しているhaniwaという、マレーシアのユーザーによって作られた4コマ漫画です。

『deviantART』は、とてもざっくりした説明をすると、あらゆる面で世界規模になった『pixiv』と言ったところでしょうか。

そのhaniwa氏がTwitterに投稿した4コマ漫画というのが、こちらです。

この漫画に登場するのがクッパ姫です。

この漫画について解説すると、

ピーチ姫に揃ってフラれたマリオとクッパ。

クッパがスーパークラウンを使って女体化し、そしてフラれた者同士マリオとクッパ姫が付き合う。

という内容です。

 

これだけでクッパ姫の説明を終えてもいいのですが…。

クッパ姫を説明するならば、クッパ姫誕生の経緯のきっかけとなった

スーパークラウン

についても説明しないといけません。

 

スーパークラウンとは、2018年9月14日におこなわれたニンテンドーダイレクトで発表された新タイトル

『NewスーパーマリオブラザーズUデラックス』(2019年1月11日発売予定)

に登場する新アイテムです。

スーパークラウンを、新しくプレイアブルキャラクターとして登場するキノピコが手に入れると、

見た目がピーチ姫に似た『キノピーチ』に変身することができる

という効果をもっています。

このスーパークラウンの効果を、

「使ったら誰でもピーチ姫っぽい見た目になるのでは?」

との考えから生まれたのが、クッパ姫なのです。

 

要するに、

クッパ姫とは二次創作キャラクター

だったわけですね。

そして、このクッパ姫が爆発的人気となり、国内外問わず絵師たちがクッパ姫を描き始めました。

haniwa氏のクッパ姫を描く人から、独自のクッパ姫を描いたりカップリングを作ったり…つまり三次創作ですね。

多くの属性を兼ね備え、ネットユーザーに衝撃を与えたクッパ姫は、こうしてトレンド1位となったのでした。

 

余談ですが、バズり元となったhaniwa氏本人は、クッパ姫投稿前はフォロワーが3桁程度しかいなかったのに、クッパ姫投稿後は、

フォロワーが100倍に増えた

と語っています。

haniwa氏はクッパ姫の反響を受けて、

クッパ姫を投稿してからフォロワーが100倍になった。

日本のトレンドでは1位になり、『know your meme』(海外のあらゆるジャンルのトレンドサイト)にも載った。

私のフォローしている仲間や、メイドラゴンの作者(『小林さんちのメイドラゴン』の作者・クール教信者氏)まで描いてくれている。

嬉しいがちょっと怖い…。

とのコメントを残しています。

とくに流行らせようと思ったわけでもないのに、自分の考えたネタが世界中で反響を呼び、いきなりフォロワー数が100倍に膨れ上がったとしたら、確かに嬉しい反面怖さも覚えますよね。

意図せず自分が新たなジャンルを切り開いた先駆者となったわけですから…。

筆者もこのhaniwa氏の作品をいくつか見てみたのですが、個人的にはクッパ姫の前に投稿されていた、

ぼうじんゴーグルときあいのタスキを装備して完全防備したヌケニンが、ステルスロックのダメージで撃沈している絵

が面白くて気に入りました。

 

クッパ姫の評判は?Twitterや海外の反応

クッパ姫は、どのような反響を呼んでいるのでしょうか?

Twitterでの評判や、海外の反応を調べてみました。

まず、海外では、4chのゲーム版でクッパ姫のスレッドが立つようになり、

「素晴らしい!」

「手が負えないほどの流行りぶりだ」

「過去数年の4chanゲーム板の中では、最高のネタかもしれない」

「何でも女体化させるのは日本だけではなかったようだな」

など、クッパ姫が日本ではなく海外発となったことに対して驚く声や、多くのクッパ姫イラストが投下されていましたよ。

 

そして、Twitterでは世界中のユーザーがクッパ姫のイラストを描くという一大ブームにまで発展!

多くの絵師の人がクッパ姫のイラストを描いているのですが…。

なんと、プロの漫画家の人たちもクッパ姫のイラストを投稿するほどの人気ぶりなのです。

例えば、『だがしかし』の作者・コトヤマ先生や、haniwa氏も触れていた『小林さんちのメイドラゴン』作者のクール教信者先生を筆頭に、漫画を連載している漫画家が続々とイラストを投稿。

プロアマ問わずクッパ姫イラストを投稿するという事態になっています。

基本的にクッパ姫のイラストは、haniwa氏のイラストに忠実なものが多いなと感じました。

さらにはクッパ姫には、声優やアイドルといった芸能人までもが話題に出していますね。

画伯こと中村宗悟さんが相変わらずのクオリティのイラストを投稿したり、江口拓也さんがにっこりした絵文字とともに話題に出したり…

アイドルグループ『でんぱ組.inc』メンバーで、"えいたそ"の愛称で知られる成瀬瑛美さんもイラストを描くほど…

絵師や漫画家だけでなく、芸能人にまで人気となるのは、やはり『マリオ』シリーズが幅広い世代の人に知られている証でもありますよね。

30年以上の歴史を持ち、シリーズ累計5億本以上を売り上げているシリーズの敵キャラクターだからこそ、ここまで多くの人にクッパ姫が広まったのだと思います。

世界的に人気な、ゲームに詳しくない人でも知ってるような認知度のある『マリオ』シリーズだからこそ、元ネタは二次創作であっても、クッパ姫が世界のトレンドを席捲できたのだと思います。

 

また、Twitterではhaniwa氏のアイデアをもとに、派生形として、キングテレサ姫なども生まれています。

他にも多くのマリオキャラクターにスーパークラウンを被せ、ピーチ姫化させた女体化キャラクターのイラストが投稿され、ピーチ姫化がひとつのブームになっています。

ただ、こうやって二次創作キャラクターを生み出すのはいいですが、そのキャラクターでグッズを販売して利益を出そうなどとしてしまうと…。

勝てる戦にしか手を出さないことで有名な、天下の任天堂法務部が動き出すので、くれぐれも趣味の範囲内で収めるようにしてくださいね。

それにしても、クッパ姫が反響を得てすぐにキングテレサ姫まで登場するとは…ネタの派生形が生まれるのが早すぎてびっくりしますよね。

関係ありませんが、テレサの女の子というと、筆者は『マリオストーリー』に登場するレサレサを思い出します。

高飛車なお嬢様でしたが、可愛かったですよね。

ピンキーと同じくらい好きでした。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

現在、クッパ姫や、その派生形の二次創作・三次創作キャラクターが話題になっています。

元ネタとなったのは、『NewスーパーマリオブラザーズUデラックス』に登場するアイテム・スーパークラウン。

これをクッパに被せて女体化(というよりはピーチ姫化)させたという、マレーシアのユーザー・haniwa氏の二次創作4コマ漫画が元ネタでした。

ただ、その1つの二次創作ネタがここまで爆発的に広がるとは思ってなかったので、驚きですね。

このクッパ姫の存在をみると、

『ブームというのは何がきっかけで起こるのかわからないものだな』

と、改めて実感することができた存在でした。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ゲーム

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.