害虫

蚊取り線香で火事になる?専用ケースや入れ物の安全性をチェック 

投稿日:

蚊取り線香を使うとき、やっぱり心配になるのが火事です。

2018年に入ってからも、

蚊取り線香が火元になったと疑われる火事

が起き、何人か亡くなってしまっています。

いくら蚊を避けられても、命が危険にさらされてしまっては元も子もありません。

今回は、蚊取り線香が火元の火事はなぜ起こるのか、その原因を見ていきます。

また、蚊取り線香の入れ物を安全性の高いものにすることで、火災の原因になるリスクを減らすこともできます。

原因と照らし合わせて、今使っている蚊取り線香入れは安全か、確認してみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

蚊取り線香が原因の火災はなぜ起こる?

蚊取り線香

蚊取り線香

まずは、蚊取り線香が火元になってしまう原因を見ていきましょう。

蚊取り線香の燃えている部分が火元になる場合

蚊取り線香が、火事の原因になるリスクが一番高いと言っていいのがこれでしょう。

蚊取り線香は、燃えている部分は

700〜800度

と、ものすごく高温になっています。

そんなところに燃えやすいものが触れてしまっては、火が出るのは当然のことと言えるでしょう。

火が燃え移ってしまう先の代表として、以下のようなものが挙げられます。

  • 新聞紙
  • ティッシュペーパー
  • カーテン

身近にあって、ついつい置きっ放しにしてしまったり、燃えやすいと意識しづらかったりするものばかりですね。

床が木製であれば、そこにも蚊取り線香の火が移って燃えかねません。

短時間でも、床に直に置いてしまわないでくださいね。

蚊取り線香の灰が火元になる場合

実は、蚊取り線香の灰も火元になることがあります。

先ほど、線香の燃えている部分は700〜800度と書きましたが、そこから燃え落ちた直後の灰でも、

300度ほどの高温

になっているんです。

また、燃え落ちた後も、条件によっては100度を超える熱さが、2秒程度、続きます。

つまり、灰が風にあおられて燃えやすいもののところまで飛んでいってしまえば、発火する可能性があるということです。

発火しないまでも、人間の肌に触れれば火傷してしまいかねません。

蚊取り線香を扱う際には、燃えた後の灰にも十分気をつけてください。

ペットや赤ちゃんが原因になる場合も

蚊取り線香は、入れ物にきちんと入れられて使用した場合、そこまで危険ではないように思われます。

炎を出して燃えているわけでもありませんしね。

それでも、蚊取り線香が原因の火災がなくならないのは、

入れ物が倒れたりして線香や灰が入れ物からこぼれ落ちる事故

が起こってしまうからです。

その原因は、風や、不注意で身体をぶつけたことや、眠っている時の寝返りなど様々です。

時には、ペットや赤ちゃんが蚊取り線香入れを倒してしまうこともあります。

直接倒すわけではなくても、例えば棚の上に蚊取り線香を置いていれば、棚に掴まったりぶつかったりした拍子に、落としてしまうことも考えられるのです。

ペットや小さい子どもがいる家庭では、とくに注意が必要そうですね。

 

蚊取り線香が原因の火災を起こさないための対策・入れ物選び

蚊取り線香を安全に使うためにも、蚊取り線香の入れ物の選び方は、とても大切です。

ここでは、安心して使える蚊取り線香入れを見つけるためのポイントを見ていきましょう。

蚊取り線香の燃えている部分はフタでしっかりカバー

火事を出さないための最初の対策は、

『蚊取り線香の燃えている部分に燃えやすいものを近づけない』

これに尽きます。

まず、当たり前ですが燃やしている線香の近くに、燃えやすいものを置かないようにしましょう。

その上で、蚊取り線香のケースはフタ付きのものを使うことです。

 

近くに燃えやすいものがなくても、紙など軽いものは風に飛ばされてこないとも限りません。

ですから、蚊取り線香立てだけを使って、線香をむき出しにしておくのは、かなり危険です。

フタ付きのケースであっても、フタに開けられた煙を出すための穴が大きすぎれば、燃えやすいものが入り込んでしまいます。

火傷などを防止するためにも、

指が通らないくらいの大きさの穴のフタがオススメです。

ちなみに、蚊取り線香ケースのフタは、きちんと設計されたものを正しく使えば、一番熱い箇所でも60度くらいにしかなりません。

大人が触って、すぐには火傷しない程度の熱さです。

これなら万が一、ケースの上に燃えやすいものが被さってしまっても、すぐさま火事になるリスクは低そうですね。

蚊取り線香の灰は飛び散らせない

次に、風で灰が飛ばないように気をつけましょう。

風が強い日には窓を閉めておいて、時々換気するようにするのもいいかもしれません。

蚊取り線香の入れ物を選ぶさいに、

『灰が飛び散りにくい』

という表示があるものを選ぶのも手です。

灰が飛んでしまえば、火災のリスクだけでなく掃除の手間も増えてしまいますよね。

それを防ぐためにも、灰が飛びにくいデザインは大事になってきます。

最近は見た目のおしゃれさを重視して、側面が大きくくり抜かれた蚊取り線香入れもよくあります。

しかし、安全性という観点からすると、あまり良いものとは言えなさそうですね。

蚊取り線香入れの転倒防止

そして、蚊取り線香入れが倒れてしまわないように工夫しましょう。

  • 安定性の悪い場所に置かない
  • 人やものがぶつかりやすい場所に置かない

というのは、まず気にしておきたいポイントです。

それ以外にできることといえば、蚊取り線香入れを工夫することではないでしょうか。

底が平らで安定したものを選んだり、重めの入れ物を使って、転倒しにくくしたりすることが考えられます。

あるいは、吊り下げ式の蚊取り線香入れを使うのはどうでしょうか。

壁など安定した場所に、蚊取り線香入れを引っ掛けられる所を作ってしまうんです。

高さを調節すれば、ペットや子どもも届かないようにできますし、寝返りを打った拍子に蚊取り線香入れを倒す心配もなくなります。

これ以外にも、アイデア次第で色々な工夫ができるはずです。

自分や家族の安全を守るために、ぜひ手腕を発揮してください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか。

蚊取り線香で起こる火災の原因は、燃えている部分や灰が燃えやすい物に触れてしまうことでした。

それを防ぐのに有効な蚊取り線香入れの特徴は、以下のようになります。

  • フタの穴が大きすぎない
  • 灰が飛び散りにくい
  • 転倒しにくい

蚊取り線香の入れ物も、最近はタイマー機能付きや香炉型など、色々な種類があります。

蚊取り線香入れを新調するときも、上の条件を満たした上でも、まだ、どれを使おうかと悩む楽しみがあることでしょう。

ぜひ、いい蚊取り線香入れを見つけて、蚊の季節を安全に過ごしてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.