時事 食べ物

鮭の国産天然物の価格が超高い!ガンガン値上げする理由や原因とは?

投稿日:

鮭

日本で定番の魚といえば、

『鮭』

が思いつく人も多いのではないでしょうか?

古くから食卓に並ぶ、

定番中の定番

である鮭ですが、最近価格がものすごく高くなっているのです。

とくに国産の天然鮭に関しては、

例年の約2倍

にまで価格高騰が起きています。

これまで長く愛されてきた鮭に一体何が起きているのか?

今回は鮭がここまで値上げされた原因と、なぜこのような事態になっているのかについて紹介します。

鮭好きな人は、今の現状を知るための参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

国産天然鮭が全然獲れていない

魚に限らず、物の値段が上がるときに考えられる原因として、

『物自体がなくなっている』

ということが考えられます。

鮭も今まさに同じ状況であり、昨年から不漁が続いているのです。

 

鮭が獲れなければ、店頭に並べることができない。

それでも日本の鮭に対する需要はかなり高い。

ならば提供する量を減らすしかない。

 

これにより、例え同じ値段で販売しているように見えても、

食べられる量が減ってしまう、量が同じでも価格が高くなる

ということが起きているのです。

これがまだ高級魚といわれるものであれば諦めもつきますが、今までたくさん食べてきた鮭がなくなるのは、どこか寂しいですよね。

 

国産だけでなく輸入した鮭の値段も上がっている

実は、

海外から輸入している鮭の値段も年々高くなっている

ことを知っているでしょうか。

安いはずの輸入品

がなぜ値上がりしているのかと、疑問に思う人もいるでしょう。

その理由は

『日本食ブーム』

だといわれています。

日本食は、今や世界規模で大きなブームを呼んでいて、海外でも多くの日本食が食べられているのです。

そこにはもちろん鮭の存在もあります。

海外で獲れた鮭は、その国内で大量に使われています。

これにより、海外の鮭が日本になかなか回ってこないのが現状のようです。

日本食が世界に広く知れ渡るのは嬉しいですが、良いことばかりではないですね。

 

国産天然鮭が不漁の理由

不漁 理由

それでは、なぜ国産の天然鮭が不漁になってしまったのか?

これについて少し紹介します。

潮の流れが変わったから

まずは潮の流れが、

昔とは違い、変わってきているから

といわれています。

潮の流れが変わる原因は様々です。

震災の影響や海水温の上昇など、様々な推察がなされています。

潮の流れが変わることは、大したことないように聞こえるかもしれませんが、漁師にとっては深刻な問題です。

長年、漁をしていた海域の潮の流れが変われば、

それまで同じ時期に同じ場所で獲れていた魚が取れなくなる

ということになります。

そうすると漁をする時期や、場所にも当然変化があるため、今までのノウハウが使えなくなってしまうのです。

経験を頼りに漁をしていた人からすれば、死活問題といってもよいでしょう。

潮の流れから、鮭が取れる場所を新たに特定するには、技術が進歩しているとはいえ大変なことです。

改善されるとしても、

数年、場合によっては数十年

は、覚悟しなければならないかもしれません。

海水温の上昇

鮭は本来低水温を好む魚です。

なので、比較的水温の低い地域で回遊した後、再び日本に戻ってきます。

ですが、近年地球温暖化が騒がれている影響もあり、鮭が泳いでいたオホーツク海などの海水温が上昇しているのです。

これにより鮭の稚魚が多く命を落としてしまい、日本に戻ってくる鮭の数が減っていることも不漁の原因とされています。

これは鮭に限らず他の回遊魚にも同じことがいえるので、鮭以外にも不漁の魚が増える可能性が高いといえるでしょう。

台風・地震の影響

近年増加傾向にある台風・地震の影響も少なからずあるといいます。

まず台風ですが、最近では特殊な動き方をするものが増えていますよね?

それにより台風が、今まであまり来なかった地域に被害が広がっているといわれています。

漁師さんが使う定置網が切れたり、船が壊れて漁に出れなかったりなどの影響も少なからずあるようです。

また台風による

海の環境変化

も原因の1つといえるでしょう。

 

次に地震ですが、これだけ頻繁に地震が起きていれば、地殻が変化していてもおかしくありません。

地殻変動により海の環境が変わり、先程書いた潮の流れの変化が起こり、魚の生息分布が大きく変わるなど。

実際に黒潮の流れが変わっていることもニュースなどで言われているあたり、無視できない段階になっているのでしょう。

自然現象なので、こればかりはその時々で対応するしかないですが、漁業を生業にしている人にとっては頭の痛い話ですね。

 

このまま値上げが続けば高級魚になる可能性も

鮭の価格高騰の原因をいくつか挙げてきましたが、このままでは

鮭が食卓から消える

というのも時間の問題かもしれません。

鮭の不漁による価格高騰により、その価値は

例年の約2倍

にまで膨れ上がっているのは最初に紹介したとおりです。

鮭を取り扱う各企業も、

撤退や値上げ

を余儀なくされているのが現状といいます。

この状態のままあと数年経てば、

鮭も他の高級魚の仲間入り

をする日も近いかもしれません。

もちろんこのまま何も対策をしないということはないでしょうが、この可能性も覚悟しておかなければならないかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

「鮭の国産天然物の価格が超高い!ガンガン値上げする理由や原因とは?」、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『国産天然鮭の値上げは、地球の環境変化が原因である』

ということがいえるでしょう。

近年、地球の環境は、年々変化が激しくなっている印象を受けます。

これに伴い、今まで食べられていたものが食べられなくなることもこれから多く出てくるでしょう。

身近な存在であったはずの鮭でさえ、その波に飲み込まれようとしているのです。

この変化に対して、人も同じように変わらなければならないのかもしれません。

今までの常識に囚われず、環境の変化に対して柔軟な対応をしていくことが、これからの時代を生きていく1つの手段といえるでしょう。

魚も鮭が食べられないのであれば、

その代わりに獲れるようになる魚

が出てくるかもしれません。

時代ごとの旬の魚を楽しむ

という姿勢を持てば、どんなものでも美味しく食べられるのではないでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事, 食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.