お笑い芸人

カンニング竹山の性格は本当にいい人?後輩へのパワハラが酷すぎ!

更新日:

"キレキャラ”という独特なキャラクターを確立して有名になったカンニングの竹山隆範さん。

現在も”怒る”ネタは健在ですが、すっかりいじられキャラになっています。

『いじられて怒る』その怒り方も、とてもナチュラルになっていて、なんだか穏やかな雰囲気に変わってきましたよね。

テレビで真面目な発言をすることもあり、かつて”キレキャラ”で、めちゃくちゃしていた彼は、実はとても真面目で優しい人なのかもしれないと思うようになりました。

しかし、そんなカンニング竹山隆範さんが、後輩に酷すぎるパワハラをしているというのです!

やはり、”キレキャラ”こそ彼の真の姿だったということなのでしょうか...。

 

今回は、カンニング竹山隆範さんの性格は本当にいい人なのか、後輩への酷すぎるパワハラについて調べてみます。

アドセンス

スポンサーリンク

カンニング竹山隆範の性格は本当にいい人?

カンニング

カンニング

カンニング竹山隆範さんの”キレキャラ”という芸風が、

「正直、苦手だった」

という人は多いでしょう。

テレビでいきなり怒鳴り散らし、ズボンを脱いで排泄しようとしたこともあるんです。

あの姿を見たときに、

「この人ヤバイ人だ!なんでこんな人がテレビにでるんだ!」

と思ったことをよく覚えています。

 

しかし、今思えば彼はお笑いコンビ『カンニング』として、

何をどうやったら、面白くなるか、印象に残るか、話題になるか、また呼んでもらえるか

ということを突き詰めて模索していたのでしょう。

そうして『カンニング』が世間に知れ渡ってきたころ、相方である中島忠幸さんが緊急入院してしまいました。

『2004年最強のネタ芸人ベスト13』に出演したカンニングは、生放送で『大トリ』という、とても大事な役割を与えられていましたが、中島忠幸さんはそのとき病院にいたのです。

そこでカンニング竹山隆範さんは、ネタに入る前に相方である中島忠幸さんに自身の”キレキャラ”で最大のエールを送っています。

「1人じゃ無理じゃ!帰ってこい中島!戻ってこい中島!」

そう叫んだのです。

これには、2人の絆の強さを感じ、お笑い番組なのに、泣きそうになった人はたくさんいました。

カンニング竹山隆範さんは、常に入院中の相方・中島忠幸さんを想い、彼が戻ってくるのを待っていたんです。

 

中島忠幸さんが戻ってきたときにお笑いブームが終わっていたら、

「そしたら、また二人でひっそりとやればいいだけですわ。」

と語っていました。

お笑いが好き、そして何より相方・中島忠幸さんとするお笑いが大好きだったんですね。

 

その後、カンニングの相方・中島忠幸さんが亡くなった後も、竹山隆範さんは

カンニングの竹山

として名乗り続けています。

これにも、相方・中島忠幸さんを想う気持ちが込められていたのです。

その理由はコンビを解消しない限り、

カンニング竹山隆範さんが稼いだ給料の半分が、中島忠幸さんの家に入るから

ということ。

中島忠幸さんの家族が生活に困らないように、『カンニング』を名乗ることで彼の家族を支え続けているのですね。

本当に、心温まる話だと思いました。

 

しかし!

この件については、カンニング竹山隆範さんが

こんなやり方をしていたら脱税で捕まります。全くのデマです。

と語っていました。

これはデマのツイートが拡散されて、事実のようになってしまったものだったんですね。

そして、

この話題について、何がどうなっているかは話す必要がないので、今後も一切話しません。

としています。

この件で、中島忠幸さんの家族にも迷惑がかかるようなことにならないようにこうコメントしたのでしょう。

彼の中島忠幸さんの家族への思いもとても強いものだと感じます。

カンニング竹山隆範さんが、現在中島忠幸さん家族に給料を渡していなくても、闘病中に献身的にサポートしてきたことは間違いはありません。

今も中島忠幸さんのことを相方だと思っているから、カンニングの名前を名乗り続けているのではないかと思います。

そして現在カンニング竹山隆範さんが、”キレキャラ”を封印したのには、

暴走を止められるのは中島しかいない

という想いがあったからかもしれませんね。

相方を今もなお、とても大事にしている竹山隆範さんは、

本当にいい人

としか思えません。

 

カンニング竹山隆範の酷すぎる後輩へのパワハラとは?

カンニング竹山隆範

カンニング竹山隆範

カンニング竹山隆範さんの相方想いの一面を知りました。

とても優しくていい人だと思ったのですが、後輩に対しては酷すぎるパワハラをしているのだとか...。

今は各業界で、上の立場で逆らえない人間からのパワハラが非常に問題になっていますね。

これが本当なら大問題です。

早速チェックしていきましょう!

 

2018年9月15日のAbemaTV番組『カンニング竹山の土曜The NIGHT』の生放送中。

MCのカンニング竹山隆範さんと後輩芸人のスパローズ・大和一孝さんが口論となりました。

大和

大和

発端は、後輩芸人スパローズ・大和一孝さんが、カンニング竹山隆範さんに、

打ち上げに参加するよう”強制された

ということ。

翌日の仕事の交通費もなかった大和一孝さんは、その旨を話すと、カンニング竹山隆範さんが

「交通費を払う」

と言ってくれたそうです。

しかし実際は、カンニング竹山隆範さんが打ち上げ後に

「交通費を払わない」

と言い、さらにその後のラーメンも大和一孝さんを店に残して逃げたというのです。

この話をする大和一孝さんに対し、カンニング竹山隆範さんは

「お前何が言いたいの?」

といい、その場は笑いも起こらずに静まり返ってしまいました。

これに対してネットでは、

先輩それパワハラっすよ。

これパワハラというか、ただの陰湿なイジメだろ。

パワハラっていうには弱いな。先輩後輩あるある。

カンニング竹山隆範さんのパワハラ・イジメだ!という意見や、いやいや先輩後輩あるあるだろうという見方もありました。

 

他にも、

常識ある良い人と思われ始めたからお笑い番組で初心に帰ってのキレ芸でしょ。台本と演出だよ。

大和なんて番組に出せるレベルじゃねえよ。

今回の話は、あくまでもカンニング竹山隆範さんの”切れ芸”であって、台本通りだという見方もあり、パワハラされたと言われていた大和一孝さんに問題がある、という意見も多くありました。

実際に、スタジオを飛び出していた大和一孝さんは、スタジオ外で待機していて番組終了直前にスタジオに現れて

ウケると思って始めましたが、ウケなくて引けなくなって。

と、ネタのつもりだったことを明らかにしているんです。

結局は、大和一孝さんの暴走だったのかもしれません。

先輩が後輩を何度も誘うことを”パワハラ”だととらえるかどうかは、

先輩と後輩がどれほど親しい仲か

によって変わってくるでしょう。

今回の件は大和一孝さんが番組でネタにしようと思ったほど、”おいしい話”だったのでしょうから、

パワハラがあったとは言えない

のではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、カンニング竹山隆範さんの性格は本当にいい人なのかや、後輩への酷すぎるパワハラについて調べました。

 

カンニング竹山隆範さんは、カンニングの相方・中島忠幸さんが亡くなった後も、

中島忠幸さんとのコンビを解消していない

という相方・中島忠幸さんを想い続けるいい人だとわかりました。

 

後輩への酷いパワハラの真相は、

番組内で竹山隆範さんにされた仕打ちをネタに話した

後輩・大和一孝さんが、

全くウケなかった

ことで、カンニング竹山隆範さんが酷いという話になってしまったということ。

 

ネタにしようと思ったくらいの”おいしい話”なので、

パワハラがあったとは言えない

でしょう。

 

”キレキャラ”は何かと誤解を生むこともありますが、きちんとした常識の中で、カンニング竹山隆範さんらしくこれから活動してほしいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-お笑い芸人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.